Secret Sphere

line1
line3-2
line
ここは不良の多い廊下……
学園の不良達が授業をサボって何をしているのかと言うと……
大体こういう所にいる……のかもしれない。


※リアルタイム会話用のフリースポットです。
 不良でも間違えて迷い込んだでも風紀委員でも
 好きに使って下さい。

line

line
ただのにぎやかし 
--------------------------------------------------------
Iconユイ - PNo.489
「こゎ~」


不良の多い廊下 ユイ - (2021/11/27 3:12:21)
>>PNo.459 ウォルターへの返事
Icon ラヴィ - PNo.536
「好き放題言いよってこのボンボンが……」

 手は引き剥がされるまま、間近でガンを付ける。
 暫く無言で睨み続けていたが、やがてハン! と鼻を鳴らし、

「まあええわ、急いどるんはその通りや」

 と言って目を切った。

「己こそ精々気を付けることや。
 そないな態度やと問答の前に拳が飛んできてもおかしないで」

 この辺りだと特にな、と言って踵を返し歩き去ろうとする。

 大人しくこちらを行かせるのを少し意外に感じた。
 てっきりこちらの事情など斟酌せず、非を認めるまで言い募られると思っていたのだ。
 突っ張ってはみたが、向こうの言うことの方が概ね正論であることも確かだ。
 そういう意味では、筋の通った男なのかもしれない。
 それはそれとして。

「……気に食わん野郎や」

 と言うのも偽らざる感想ではあった。


不良の多い廊下 ラビ - (2021/11/26 11:41:07)
>>PNo.536 ラビへの返事
Iconウォルター - PNo.459
「最初から声をかけられ手を貸されていれば喜んで礼を言っただろうが、いかにも面倒そうな態度だったのでな。相応の態度には相応の礼しか帰ってこないぞ。
だが、素直に足を止めて手を貸した点に関しては感謝しよう。
もし私が怪我をしていたなら治療費を請求していたところだが。
今後は急いでいる時ほど余裕を持つよう気をつけることだな、結果的に余計な時間を食う羽目にならんよう。忠告を活かすかどうかはそちら次第ではあるが」

空いた手で自分の手を掴む男の手首を抑え引き剥がす。

Iconウォルター
「急いでいるのではなかったのか?行くといい。
私はいかにも嫌々手を貸しておきながら礼を求める
どこかの誰かのように厚かましくはないからな。
礼なら要らんぞ」

嫌味ったらしい言い方だが、立ち去るなら止める気はないようだ。


不良の多い廊下 ウォルター - (2021/11/25 18:20:58)
>>PNo.459 ウォルターへの返事
Iconラヴィ - PNo.536
「んっ……」

 こいつ……、と内心で思って相手を睨みつける。
 余計な負荷を掛けてきたのは当てつけのつもりか。

「……言うた通りに手ぇ貸したったやろが。
 急いどる言うのがわかるんやったらさっさと離さんかい。
 避けられヘんかったのは己も同じやろが。
 押し負けて尻餅ついたからてピィピィ喚いとんちゃうぞ。

 大体初等部のガキならいざ知らず、大の大人が手ぇも貸されんと立てへんのか?
 やったら立たせてくれてありがとうくらい言われへんのか。
 それこそ初等部のガキとてそのくらい言えるで。
 よっぽど育ちが悪いんやな」

 握られた手は振り払わず、逆に力を込めて握り返す。
 こちらも特に体格が良いわけでもないただの青年だ。
 ちょっと痛い以上の効果は望めないだろうし、やろうと思えば振り払えるだろう。


不良の多い廊下 ラビ - (2021/11/23 3:01:14)
>>PNo.536 ラビへの返事
Iconウォルター - PNo.459
「…………」

向こうが足を止めてこちらに戻ってきた様子を見て、一瞬面食らったように黙り込む。
無言のまま差し出された手を掴んで、わざと余計に男の方へ体重をかけながら立ち上がった。
しかし、その手をまだ離そうとはしない。
引き止めるために掴んだままだ。

Iconウォルター
「面倒な奴に絡まれたとでも思っているな?
態度ですぐにわかるぞ。
急いでいるのか? だとしたら残念だったな。
お前がこうして時間を惜しんでいたからこそ起きた事故だ。ぶつかっていたのが初等部の子どもだったらどうするつもりだった?
転んで痛がる者を置いて行ったか?
私を置いて先に行こうとしたように?」

不機嫌なまま、ねちねちと嫌味ったらしい声色で責め立てる。
そう力が強い方でもない細身の男だ、振り解こうと思うならその手は解けるだろう。


不良の多い廊下 ウォルター - (2021/11/22 23:16:54)
>>PNo.459 ウォルターへの返事
Icon ラヴィ - PNo.536
「……あぁ?」

 呼び止められ、急いでるんだが、と言わんばかりの顔で振り返る。
 本人は隠したつもりかも知れないが、小さく嘆息したのが見て取れた。

 踵を返し、足早にあなたに近づいてくると、無造作に左手を差し出して、

「これでええか?」

 と短く言った。
 面倒だ、さっさと終わらせようという感情を隠そうともしていない。


不良の多い廊下 ラビ - (2021/11/22 20:36:34)
>>PNo.536 ラビへの返事
━━視界の端に見えた人影があまりにも近いと気づいた時には手遅れで、続けて自分の身体がぶつかった勢いのまま横へと強く押されて脚をもつれさせる。
受け身を取れないまま転倒するところだったが、フードの中に潜んでいた使い魔が機転を効かせて肢体を伸ばし、頭から背にかけての衝撃を自らがクッションとなって受け止めた。

Iconウォルター
「……っ、」

衝撃に息を詰まらせながらぶつかった相手を見上げれば、こちらの様子をそう気に留めることもなく立ち去ろうとしているところであった。

Iconウォルター
待て。 何が『すまんな』だ。
 手を貸しもせず立ち去るつもりか。心にもない謝罪など要らんが、礼儀も知らない男をそのまま黙って見送るほど私は優しくはないぞ」

相手は自分よりも年上だろうが、それに臆することなく上体を起こし、不機嫌さを隠そうともしない低い声で呼び止めた。


不良の多い廊下 ウォルター - (2021/11/22 16:10:51)
>>PNo.459 ウォルターへの返事
Iconラヴィ - PNo.536
「あかんな、間に合うやろか……」

 赤毛の男が足早に廊下を歩いてくる。
 急いでいるのか、頻りに時間を気にしている。
 彼が曲がり角に差し掛かったのは、丁度スマートブックの時刻表示に目を落とした瞬間だった。
 折しも角から出てきた男に、勢いよくぶつかってしまう。

「おっと、すまんな」

 彼自身はぶつかった側故、大した衝撃ではなかったが、相手の方はどうだろうか。

 気が急いているからか、大して相手の方を見ようともせず、足早にその場を歩き去ろうとした。


不良の多い廊下 ラビ - (2021/11/21 23:55:49)
Iconウォルター - PNo.459
「む……おい、あまり動くなクルスルクス。
歩きづらいだろう」

一人で歩いているはずの男子生徒だが、何やら自分のローブのフードを押さえてしきりに気にしながら歩いている。歩みは遅いものの立ち止まる様子もなく、前方への意識が疎かになっているのは明らかだ。
通り過ぎる者たちはそんな彼を避けて歩いているが……この調子ではいつか誰かとぶつかるのも容易に想像できる。

【待ち合わせの置きレスです】


不良の多い廊下 ウォルター - (2021/11/21 21:30:01)
とてとて、と小さなオオカミが廊下を歩いている

Icon「この廊下いつも美味しそうな匂いするからお腹空いちゃう…いいなぁ、ここの床になったら血たくさん吸えるなぁ」

物騒な事を口にしながら周りを気にせず歩いていく。


不良の多い廊下 シィナ - (2021/11/09 23:38:42)
次へ>>
--------------------------------------------------------
Twilog|Twitter|© 2021 loxia.
0