Secret Sphere

line1
line3-2
line

フェルゼン寮の一室。2階で角部屋の4人部屋。
まだ誰も部屋に来ておらず、最低限の家具しか置かれていない殺風景な部屋だ。
※雑なイラストは間取りイメージです

入居予定
フランツ・タキタ(21)
ヨナヴェト・セダ(51)
レヴィ・サンディクスシルヴァ(66)
line

line
ただのにぎやかし 
--------------------------------------------------------
>>PNo.21 タキタへの返事
Iconレヴィ - PNo.66
「んー、とりあえず要領掴むために1発勝負でいい?」


Iconタキタ - PNo.21
「??????
 魔法の事だけという訳でもないですよ?????
 他にも色々忘れてますね!!!!
 覚えてる事の方が少ないかも知れません!!!
 特に支障はありませんが!!!!!!」

まるで気にしていない様子で、トランプを切って

Iconタキタ - PNo.21
「いえすざっつらい!!!!! その通りです!!!
 最後は、取れた🦀を美味しく食べます!!!!
 試しにやってみましょう!!!!!!
 何回勝負にします????」


Iconレヴィ - PNo.66
「記憶喪失か何か……?
魔法のことだけ都合よく忘れてる感じなのか……?」
Iconレヴィ - PNo.66
「おお、準備万端。」
Iconレヴィ - PNo.66
「えーと、これはカニ猟師になってカニを獲って、いっぱい取れた奴が勝ちっていうゲームでいいのか?」


Iconタキタ - PNo.21
「ご安心ください(?)!!!!!
 タキタはいつでも前向きですので!!!!!!」

Iconタキタ - PNo.21
「何となくですが、知ってた様な気がしますね!!!
 学園で学べるものと同じかわかりませんが!!!!
 今、何の魔法も使えないのは確かです!!!!!」

Iconタキタ - PNo.21
「こんな事もあろうかと!!!!!
 タキタ、常にダイスとサイコロを持ち歩いてます
 のでご安心ください!!!!!!」

    そう言ってダイスとトランプを取り出すと、ルールの
    説明を始めた。

    ↓の概要欄をどうぞ
    http://www.sssloxia.jp/d/rc.aspx?CNo=63


Iconレヴィ - PNo.66
「ま、まあそりゃそうだけどよお……。」
Iconレヴィ - PNo.66
「えっ、覚えてないってことは前は知ってたってことか?使い魔もいるし。」
Iconレヴィ - PNo.66
「おっ今から?ここでもできんならやろうぜ!」


>>PNo.66 レヴィへの返事
Iconタキタ - PNo.21
「??????
 後ろ向きより、前向きの方がいいのでは????」

Iconタキタ - PNo.21
「レヴィさんも魔法がサッパリだと聞いて
 安心しました!!!! タキタも、魔法の使い方は
 全く覚えてませんので!!!!!
 パンちゃんが使い魔だとしかわかりません!!!」

Iconタキタ - PNo.21
「百聞は一卓に如かずというヤツですね!!!!!
 今から、🦀TRPGでもやりますか??????」


Iconレヴィ - PNo.66
「前向きすぎない!?」
Iconレヴィ - PNo.66
「ああ、まだ入学前で魔法はサッパリだし、何書くかも決まってないんだけどな。たぶん漠然と勉強するよりなんかテーマを持って勉強した方がいいかなって。」
Iconレヴィ - PNo.66
なるほどわからん。多分それ実際やるか見るかした方が早い奴だな?」


>>PNo.66 レヴィへの返事
Iconタキタ - PNo.21
「はい!!!!! 沢山買ってましたので!!!!」」

    全く悪びれない返事が返って来た。酷い。

Iconタキタ - PNo.21
「美味しかったならよかったです!!!!!
 楽しい驚きを与えられたという事ですし!!!!」

Iconタキタ - PNo.21
「ほうほう、ご自分で魔導書を?????
 魔法の知識が沢山必要そうですね!!!!
 確かに、回り切れる気がしませんね!!!!!
 部活やサークルは、これからもドンドン
 増えそうですし!!!!!!」

Iconタキタ - PNo.21
「TRPGは簡単に言うと、人との会話で話が
 進んでいくタイプのゲームですね!!!!!
 遊ぶのにダイスを使う事が多いです!!!!」


>>PNo.21 タキタへの返事
Iconレヴィ - PNo.66
「自分でも味分からんもん勧めたんかい!?」
Iconレヴィ - PNo.66
「いやまあ、びっくりしただけで普通に美味いからいーけどさ。」
Iconレヴィ - PNo.66
「同人魔導書サークルは、その名前の通り魔導書のたぐいを自分で書こう、っていう連中が集まってるサークルだな。部活の数も多いし、学内もめちゃくちゃ広いから、休みが長いとはいえ回り切れる気がしないぜ。」
Iconレヴィ - PNo.66
「タキタのほうのてぃーあーるぴーじー、ってなんだ?」


>>PNo.66 レヴィへの返事
Iconタキタ - PNo.21
「魔法同人書サークルは、何をする所ですか????
 そうですね、やる事がいっぱいです!!!!!
 まだまだ見たい所が沢山ありますし、身体が二つ
 欲しいくらいですね!!!!!!」

Iconタキタ - PNo.21
「おっと、そんなに酸っぱいんです?????
 実はタキタ、まだ食べた事ないんですよね!!!」

    味すら知らない物を勧めていたらしい。
    自分も一つ開けると、口に含んだ。

Iconタキタ - PNo.21
うわ、すっぱいです!!!!!!
 コレは確かに、いきなり食べたらビックリして
 しまいますね!!!!!!」


次へ>>
--------------------------------------------------------
Twilog|Twitter|© 2021 loxia.
0