Secret Sphere

line1
CNo.134 鍛錬場 
line3-2
line
武術科、魔術科共に鍛錬に使用出来る場所です。

木人が置いてあり、それを相手に魔法や武器の練習。

友人と共に模擬戦を行うなど、様々な用途に使えます。

疲れたら休めるようベンチ等も置いてあり、雑談に勤しむ人もいるかもしれません。

模擬戦用の刃を潰した武器も置いてあります。
line

line
ただのにぎやかし 
--------------------------------------------------------
Iconアイーゼ - PNo.443
「うーん、入学式での学園長の挨拶……随分と曖昧だったなあ。侵略の危機っていうけれど、根拠がはっきりしなかったし。
あるとしたら未来予知、予言。そういうのがあっても不思議じゃないか。もしくは……」

Iconアイーゼ - PNo.443
「いや、一学生に過ぎない僕が考えても仕方ないな……素振りやってこ」


鍛錬場 アイーゼ - (2021/12/07 2:36:11)
>>PNo.563 コルデへの返事
Icon「お家の大きい小さいはあんまりわかんないですけど、ずっと伝わってきたものがあるってすごいですね

扱い方とか…小さい頃から練習してきたんですか?」


鍛錬場 つむぎ - (2021/12/07 1:34:03)
>>PNo.747 オズワルドへの返事
「そんな……バカな……」
崩れ落ちるようにして地に膝をつく。少年はひとつ現実を知った。

Iconセタ - PNo.743
「うう……
 確かに、それはそうかもしれません。自分のお金を与えたところで足しにもならないならば……

それにしても、このお金で足りないとは、生活とは予想以上にお金のいることだったのですね。これが毎月のお小遣いの分だったのですが。」

あなたが帰り支度を始めるのを見ると、少年も立ち上がって再び木剣を手に取るだろう。

Iconセタ - PNo.743
「今日は色々ありがとうございました。
 参考になるお話がたくさん聞けました。このお返しは必ずやいたしましょう。」


鍛錬場 セタ - (2021/12/07 0:13:20)
>>PNo.786 タツノへの返事
Iconネス - PNo.730
「駄目や。むしろうちの森にはスネー(現地語で雪)っていう男おるからそっちの方思い出すと。
ストルムもおる。だからうちは間のネス言うとよ。」

リュックから小袋(アーモンド)を取り出して食べている。

Iconネス - PNo.730
「人間だったんやなタツノさん。女なのにスラッとしてこんなにでけーからジャイアントと思ったわ。」
Iconネス - PNo.730
「まーなー。うちは早寝早起きで、起きて髪セットの前に体動かしたいから先に見ときたかったん。」

横のドリル髪が良い感じに主張している。

Iconネス - PNo.730
「でもそれって先輩の方もっしょ?
こんな早くにうちと同じ下見してると。」
Iconネス - PNo.730
「やからぬしゃも血の気多い方や。
朝逢ったら稽古付けてくれな?」


鍛錬場 ネス - (2021/12/07 0:13:13)
>>PNo.730 ネスへの返事
Icon物怖じしなさすぎるかもしれない - PNo.786
「ええ~っ!?
 だめかなぁ……スネ夫じゃだめかなぁ!?

Iconタツノ - PNo.786
「先輩っつっても同じく入学したばっかだけどなー。
 残念ながらフツーのヒト族でござい。
 ヤギ乳とか飲んですくすく大きくなりました。

 ここってトレーニング場みたいだけど下見かい?
 修行熱心だネ~」


鍛錬場 タツノ - (2021/12/06 23:25:32)
>>PNo.743 セタへの返事
Iconオズワルド - PNo.747
「気を負うなよ。適当でいい」

もとより大した期待はしていないし、彼くらいの歳ならばそうして身の程を知るなり身の丈を伸ばす努力するなりする年ごろだろう。余計なツッコミはしない。

Iconオズワルド - PNo.747
「まあ……お前が言うような、生活をどうこうする目的に使うとしたら全然だな……」

クソデカボイスを予期して耳を塞いで鼓膜を保護する。
鳥も飛び去ったころに

Iconオズワルド - PNo.747
「世間を知ったな坊ちゃん……いやその金額を受け取るか受け取らまいかで悩み散らかしてた俺が言うべき台詞では決してないが。

そういわけで気持ちだけで結構ってハナシになるんだ。
というか、金のない奴にこそ金は渡すなよ。金を稼ぐ手伝いをしてやれ。本当に誰も幸せにならんぞ」

このままバイトなんて始めてしまったらいいだけ搾り取られてしまいそうだ。言うだけ言ってから帰り支度を始める。


鍛錬場 オズワルド - (2021/12/06 22:53:07)
>>PNo.178 ツヅリへの返事
Icon白シュトくん - PNo.472
「別にいいけどさぁ……」

保健室はこの前ツヅリがボロボロだった時に気になって調べたの、と。
いくつかあって困っている。

Icon「保健室は行ったことないからさ……
 どこか宛があったりする?」

適当に男を横から支えつつ聞いてみる。
墓守的にはいちばん綺麗そうな保健室に放り込むつもり。


鍛錬場 アウラ - (2021/12/06 22:51:03)
>>PNo.472 アウラへの返事
Iconツヅリ - PNo.178
「良いじゃあないか。
 俺の良い運動になったんだ、許せ。」

保健室へと心配をする相手に
案外常識あるのだなとか失礼なこと言って。
流石にこれ以上に運動をする気もないらしく
連れていかれるのならどこか保健室にでも。


鍛錬場 ツヅリ - (2021/12/06 22:33:05)
>>PNo.786 タツノへの返事
Iconネス - PNo.730
「その物怖じしない性格とかは、うち結構好きやかんなー。まぁ、確かにぬしゃの言う通りよぅ言われる」

Iconネス - PNo.730
「そっちもよぅ言われるよー。だからネスでええよ。知ってる人みんなうちをそう呼んでるし。
スネ夫は駄目。夫じゃなかばい、夫じゃ。」

握手握手。

Iconネス - PNo.730
「タツノさんなー、よろしくな。
いやー、うち等は結構遠い所から来たけん、きちんと知り合い出来るか不思議だったけんど、タツノさんみたいなおもしろか奴がおって助かったわー。高等部ってことはうちの先輩ってこったな。しかしタツノさんメッチャでっかいなあ。うちはエルフ(長耳族)やけど、タツノさんはジャイアント(巨人族)とかか?」


鍛錬場 ネス - (2021/12/06 22:17:15)
>>PNo.747 オズワルドへの返事
Iconセタ - PNo.743
「そうですか。人を困らせるのはよくありませんね。

 はい、勿論です。
 必ずお役に立つと約束しましょう。」

果たされるかどうか怪しい約束を根拠のない自信満々にした。
しかし、そんな無意味に奮った気持ちは彼の言葉で綺麗さっぱり消え去ることになる。

Iconセタ - PNo.743
「なっ……」

「なんですとー!?」

ピチピチパーチク。騒がしい鍛錬場から鳥が飛び去っていた。

Iconセタ - PNo.743
「そっ、そんなっ……
 だって……これだけあったら中古屋で本が3冊は買えるんですよ!?それで足りないなんて……

生きるとは……なんと厳しいものですか……!!


鍛錬場 セタ - (2021/12/06 22:07:39)
次へ>>
--------------------------------------------------------
Twilog|Twitter|© 2021 loxia.
0