Secret Sphere

line1
line3-2
line
※特に明記・示し合わせが無ければ別ツリーは別時空になります※

どこかいい感じの場所にある
ヴァウヘルミナ(Pno.408)の秘密基地。

生活に必要な各種設備が揃っており、
色々な作業をすることもあるし、
寝泊まりをする事もある。

以下がフリーです。
・交流
・いかがわしい魔法や道具の研究、その成果の販売、配布。
・いぬをかわいがる

なんか良い様にしてください。

居住区はこちら→
http://www.sssloxia.jp/d/rc.aspx?CNo=215
line

line
ただのにぎやかし 
--------------------------------------------------------
>>PNo.408 ミナへの返事
Iconリズィ - PNo.713
「ポチ対決…!ふふ、良いな、それ!」

一方、ポチを完全にわんこだと誤解したリズィは、
自身の使い魔わんことミナのいうポチが
戯れている光景を想像していた。

Iconリズィ - PNo.713
「ああ、人に分けたりする時にはきちんと
 許可を貰うようにする。助手だからな、
 ミナ先生には迷惑をかけないようにしないと」

そんな事を言いながら、薬が完成したのを見ると
それを受け取ろうと手を伸ばす。

Iconリズィ - PNo.713
「今日も楽しい一日だった。
 お礼をしに来たつもりが、もう一度お礼に来ないと
 いけなくなってしまったよ、ふふ。
 今度はクッキー作りの上手い私の自慢の妹も
 連れてきたいところだ」


いぬの秘密基地 リズィ - (2021/12/03 21:09:15)
>>PNo.713 リズィへの返事
Iconミナ- PNo.408
「その内ポチ対決でもしたい所だな!」

こちらの言っているポチ、とは
勝手に自分がそう呼んでいるだけの
獣人の少年のことなのですが……

Iconミナ- PNo.408
「大人のお姉さんであるあたしにワガママを言うのは
 自然な事だからそれは全然構わないのだが、
 やっぱり生の反応は参考になるからな!

 ただ、万が一何かあったら困るから
 勝手に人に分けたりするのだけは遠慮してくれ、
 もし欲しがる者が居ればあたしに教えてくれ」

小瓶に栓をして……
8時間の間全力の7割の力でぶたれても起きないぐらい
ぐっすりと眠り、体力が2割回復する薬、完成!

肝心のスッキリ効果がイマイチ!


いぬの秘密基地 ミナ - (2021/12/03 11:53:45)
>>PNo.408 ミナへの返事
Iconリズィ - PNo.713
「!そうなのか!
 ふふ、ポチ仲間だな」

同じ名前の子がいる、という事実に
嬉しそうに笑った。
持ってきて貰った瓶に薬が入ったのを見届けると、
ぺこりと頭を下げる。

Iconリズィ - PNo.713
「すまない、ワガママを言って。
 …いつもミナにはワガママを聞いて貰って
 しまっている気がする、私。
 6本もあるし、そのうち何本かは
 目の前で飲んで薬の効果を試してみるのも
 良いかも知れない」

その時には、寝袋なり何なり、
仮眠できる用意をして来ないと、などと考えながら
そう言って笑った。


いぬの秘密基地 リズィ - (2021/12/02 22:03:52)
>>PNo.713 リズィへの返事
Iconミナ- PNo.408
「ポチか、うちにもポチがいるぞ、奇遇だな!

 ううむ、持ち帰るのか……?
 眠りの深さや眠っている様子も
 見たいのだがな……良いだろう、待っていろ」

棚からカチャカチャと色々持ってきて、
小さな薬瓶に漏斗を使って薬を移し替え始めました。

6本ほどできた青い
「スッキリ眠れてその間中々起きない薬」は……

44時間ほどの睡眠が約束され、
11×10%の体力を回復し、
34×10%ぐらいの本気度のパンチでも起きない

出来となっています。


いぬの秘密基地 ミナ - (2021/12/02 20:43:50)
>>PNo.408 ミナへの返事
Iconリズィ - PNo.713
「なるほど…。
 私はよくポチ…あ、私の使い魔のわんこなんだが、
 その子に蹴られたりして目が覚めるんだ。
 眠りが妨げられないのは良いかも知れない」

突き出された薬を興味深そうに眺めているが、
ふと我に返って。

Iconリズィ - PNo.713
「しかし、流石にここで飲んで寝てしまっては…。
 ミナに私を運んでもらうのは流石に心苦しい…。
 うぅむ…」

暫く悩んで、「あ」と何か思いついた様子で。

Iconリズィ - PNo.713
「瓶に詰めて持ち帰っても良いかな?
 薬の使用感をまた今度報告に来るから。
 多分、その…薬の調合の結果?とかを知らせるのも
 助手の務めのような気がするし!」


いぬの秘密基地 リズィ - (2021/12/01 22:39:52)
>>PNo.713 リズィへの返事
Iconミナ - PNo.408
「正確には8時間ぐっすり寝られる上に、
 その間は何をされても早々起きなくなる薬だ。

 安眠を妨害されては疲れどころではないからな!」

なんだか良いような事を言っていますが、
ちょっと怪しい薬です。

Iconミナ - PNo.408
「なんならちょっと試してみるか?
 快眠間違いなしだぞ!」

真っ青に煌めく体には良くなさそうな液体の入ったビーカーを、
あなたの前にずずいと突き出してきました。


いぬの秘密基地 ミナ - (2021/12/01 21:50:02)
>>PNo.408 ミナへの返事
Iconリズィ - PNo.713
「おおおー!」

見事なまでの色の変わりように、感嘆の声を上げる。
子供の頃に好きだった、かき氷のシロップの色に
似ているように見えたらしい。

Iconリズィ - PNo.713
「なるほど、色々効果を高める手段はあ…
 生贄!?

しれっと混ざっていた物騒なワードに驚きつつ、
こほんと咳払い。

Iconリズィ - PNo.713
「さ、最後のはともかく、混ぜるだけでなくて
 色々効果を高める手法がある、という事か。
 この薬は、寝る前に飲むとぐっすり寝れる、と
 いうのが主な効果…という認識で良いのだろうか」


いぬの秘密基地 リズィ - (2021/12/01 21:18:32)
>>PNo.713 リズィへの返事
Iconミナ- PNo.408
「うむ、見た目というのは薬でも料理でも、
 ニンゲンでも大事だからな!
 実は美味いとか、実は良い奴だと言っても
 第一印象は大きい……という訳で、
 
 こうだ!」

ビーカーの中の薬品に青い粉を落としひと混ぜすると、凄い色をしていた液体が鮮やかなブルーに!
飲みたくなるかは別として、綺麗ではあります。

Iconミナ- PNo.408
「さあできたぞ!
 これは混ぜるだけだから、一番簡単な部類だ!
 加熱したり、加工したり、生贄を捧げたりする事で
 より効果が高かったり複雑な薬が作れるという訳だな」


いぬの秘密基地 ミナ - (2021/12/01 20:33:11)
>>PNo.408 ミナへの返事
Iconリズィ - PNo.713
「おぉ、そうなのか!
 なら今回は勉強させてもらう事にしよう」

ミナの言葉にそう言って、薬が作られている様子を
興味深く観察している。
なんかいい感じのやつ、というのが少し気になったが
なんかいい感じなんだろう(疲労回復とか)と納得した。


Iconリズィ - PNo.713
「良薬口に苦し、という言葉があると聞いたが…
 まさにこんな感じなんだろうな…
 見るからに苦そうだ…」

しかし、出来上がったものの色味には流石に
驚いた様子だ。


いぬの秘密基地 リズィ - (2021/11/30 20:28:22)
>>PNo.713 リズィへの返事
Iconミナ- PNo.408
「本当は色々と必要になるんだが、
 今回は全て揃っているんだ。
 最初だから丁度いいな!」

チュートリアルというやつだ!
色とりどりの粉や液体を小
皿にとった物を
テーブルの上に並べ始めました。

Iconミナ- PNo.408
「薬を作るにはこれらの効能を全部覚えなくてはいけないんだぞ!
 これは眠気を誘う奴、
 これは気分をリラックスさせる奴、
 これは感覚を鈍くする奴で、
 こっちは……ええと……なんかいい感じの奴だ!」

早速曖昧です。
説明しながらそれらをビーカーの中に混ぜていくと、
どんどん色が濁って、形容しがたい色の液体になっていきます。


いぬの秘密基地 ミナ - (2021/11/30 9:09:34)
次へ>>
--------------------------------------------------------
Twilog|Twitter|© 2021 loxia.
0