Secret Sphere

line1
line3-2
line
様々な博物誌を展示してある図書室。
地理学、天文学、動植物や鉱物といった自然の知識が内包されているものが多く納められている。

博物誌というものである以上、必ずしも著者が見聞、検証した事柄ばかりではない故に、神話や伝承の図鑑なども収められている。

また博物館の役割も果たしている為か、模型や剥製、伝承品のレプリカなども展示してあるという。
それによって規模だけは他よりも大きく保たれている。

line

line
ただのにぎやかし 
--------------------------------------------------------
Iconオズワルド - PNo.747
「幾つあるんだ、図書室……」

今更な事を呟きつつ入室。
展示物にうっすらと興味を引かれつつも、書架の森へ踏み入る。
天文学や神話の書籍で目ぼしいものを引っ張り出していけば、いつの間にか両腕にはうず高く本の山が積み上げられていた。
前方で抱えるように本の山を持ちながら、備え付けの机に向かって歩き進む。その足取りは不安定なものだ。


第三図書室【博物学】 オズワルド - (2021/12/07 0:35:03)
Iconネリンガ - PNo.235
「…ええ、そうね。それなら、顔を合わせる機会もそれなりにありそうね」

ぱたん、と本を閉じ腕に抱える。
借りてみることにしたようだ。

Iconネリンガ - PNo.235
「改めて、どうぞよろしく───ごきげんよう」

Iconゲディミナス - PNo.235
「ニャーン」

微笑んで踵を返し、黒猫と共にカウンターの方へと歩み去る。


第三図書室【博物学】 ネリンガ - (2021/11/28 3:27:37)
>>PNo.235 ネリンガへの返事
Iconコルテ - PNo.225
「はい、学園の施設はいろいろと回りましたが、食堂や購買にはよくお世話になっております。

寮のほうでも大浴場やトレーニングルームといった施設はとてもきれいで充実していますね。ネリンガさまも寮に行った際はこれらの場所はおすすめだと思います」

入学前の今は普段の生活に関わる施設を多く利用しているようだ。

Iconコルテ - PNo.225
「………お互いに、楽しい学園生活になると良いですね」


第三図書室【博物学】 コルテ - (2021/11/28 0:57:16)
>>PNo.225 コルテへの返事
Iconネリンガ - PNo.235
「礼拝堂……そうね、気が向いたら顔を出すわ」

黒猫と、ちら、と目を合わせる。
ある種の教えにおいては"まつろわぬもの"と見做される存在だが、特定の教えに拠る場でなければ、特に問題もないだろう。
なんとなく目を惹かれたタイトルの書を手に取って開きながら。

Iconネリンガ - PNo.235
「どこか素敵な場所は見つかった?」


第三図書室【博物学】 ネリンガ - (2021/11/27 17:33:38)
>>PNo.235 ネリンガへの返事
Iconコルテ - PNo.225
「そうでしたか……図書室は本がたくさんありますから、読んでいると飽きないですよね」

Iconコルテ - PNo.225
「私は、入学前に学園の内外を含めたいろいろな場所を訪れて回っています。この図書室に来たのは見学の意味もあったのでございます。

それと、普段は学内の小さな礼拝堂に赴き、お手伝いなどもしています。ネリンガさまもよろしければぜひお越しくださいませ」


第三図書室【博物学】 コルテ - (2021/11/27 1:01:53)
>>PNo.225 コルテへの返事
Iconネリンガ - PNo.235
「大した用は無いわ、まぁ……暇つぶしの一環ね」

入学準備はとうに終えてしまったので、授業が始まるまでの間、いくらか暇を持て余しているところがある。

Iconネリンガ - PNo.235
「あなたは普段どう過ごしているの?」


第三図書室【博物学】 ネリンガ - (2021/11/25 23:47:06)
>>PNo.235 ネリンガへの返事
Iconコルテ - PNo.225
「かしこまりました。では、いずれ」

コルテはぺこりと頭を下げる。

Iconコルテ - PNo.225
「いえ、特にこれと決めた本を探していたわけではないのですが……博物誌を見ればこの土地の特徴などが分かるかもしれないと思って、こちらの棚を見ていたのです。

ネリンガさまはどうしてこの図書室へいらしてたのですか?」


第三図書室【博物学】 コルテ - (2021/11/25 22:48:01)
>>PNo.225 コルテへの返事
Iconネリンガ - PNo.235
「ええ…興味深いわね。いずれ機があれば、是非聞かせてちょうだい」

関心を覗かせつつも、話を結んで。

Iconネリンガ - PNo.235
「──そういえば、何か資料でも探していたのかしら?」

側の棚に並ぶタイトルを眺めながら、尋ねる。


第三図書室【博物学】 ネリンガ - (2021/11/25 20:16:50)
>>PNo.235 ネリンガへの返事
Iconコルテ - PNo.225
「……はい、私の持つ力は魔法とは少々異なるものなのです。詳しく述べると長くなりますので、このような場所では話しづらいのですが………

ネリンガさまはそのようなことに興味はおありですか……?もしそうならいずれ機会のある時にお話はいたします」


第三図書室【博物学】 コルテ - (2021/11/25 12:29:55)
>>PNo.225 コルテへの返事
Iconネリンガ - PNo.235
「異能…?」

小さく首を傾げる。


第三図書室【博物学】 ネリンガ - (2021/11/25 8:24:05)
次へ>>
--------------------------------------------------------
Twilog|Twitter|© 2021 loxia.
0