Secret Sphere

line1
line3-2
line
シュトゥルム寮の奥まった一角にある部屋。

泊まった者が金縛り・幻覚・片頭痛・ラップ音・家具配置変化等々の怪現象に見舞われる事が多く、
別部屋への配置換えの願い出が続出、更にそれが噂となり、
開校より早く曰く付きとなってしまった4人部屋である。

だが、そんな部屋に住む物好きが現在一人いるらしい…。
今の所はその変わり者の居室兼趣味の空間になっている。

と思ったら、同居人が一人増えた。
現在は二人での相部屋である。



現在の住人
・Pno.134 アルマ・シャハト
・Pno.606 ヘーゼル・ロリポップ
line

line
ただのにぎやかし 
--------------------------------------------------------
>>PNo.606 ヘーゼルへの返事
Iconアルマ - PNo.134
「では、私はこれからお散歩とお買い物と言う事で。
一足先に行ってきますね~。
風邪ひかないように気を付けましょうね、お互い。」

【ひらりと手を振り、自身のスペースにある壁掛けに
ひっかけていたコートとマントの内、コートを着込むと
そのまま部屋を後にする。
ここ暫く寒くなっていけませんねぇ、などと言いながら、
ぱたんとドアは閉まった。】


>>PNo.134 アルマへの返事
Iconヘーゼル - PNo.606
「なるほど合理的。

 今日は調子がいいのでおさんぽできるかもしれません。途中で寝ちゃってもちゃんと帰れますし」


>>PNo.606 ヘーゼルへの返事
Iconアルマ - PNo.134
「いつお酒が飲めるようになるか分からないと言う意味では
先行き不透明とも言えますね。

だから散歩も兼ねて、なんですよ。
食べた分歩いて、消化を良くしなくちゃ。
ヘーゼルさんはどうします? またおねむですか?」


>>PNo.134 アルマへの返事
Iconヘーゼル - PNo.606
「エルフに言われるくらいだから相当ですねぇ。

もぅ~、さっき食べたばかりじゃないですか。飲むのは別口ですか? お腹でてきません?」


>>PNo.606 ヘーゼルへの返事
Iconアルマ - PNo.134
「気の長いお話ですねぇ。

はい、そんな所です。後は結婚式とか。
……言ってたら、何か飲みたくなって来ましたねぇ。
お散歩兼ねて、少し何か買いに出ましょうか。」


>>PNo.134 アルマへの返事
Iconヘーゼル - PNo.606
「数日か数百年後まで待ちますよ。

 美味しいものがあるのはいいことです。飲めるのはお祭りの時とかですかね?」


>>PNo.606 ヘーゼルへの返事
Iconアルマ - PNo.134
「またまた難儀な事ですねぇ。
ま、夢なら何があってもおかしくないですが。

いいですよ、果実酒。
ホント退屈でつまらない故郷ですけど、お酒がおいしいの
だけは感謝してます。まああんまり頻繁には
頂けないんですが。」


>>PNo.134 アルマへの返事
Iconヘーゼル - PNo.606
「さあ……? ずっとこのままかもしれません。
 あー、おいしそう。朝起きたら突然大人になってませんかね。あたしならありえるんですけど」


>>PNo.606 ヘーゼルへの返事
Iconアルマ - PNo.134
「おっとそれは失礼。

まあ、普通に歳は取るのでしょ?
でしたらそんなに先の事ではないですよ。
いいですよ、お酒。特にこれでもかと言う位甘い
果実酒なんか最高ですね~。
今はお誘いできないのが残念ですが。」


Iconヘーゼル - PNo.606
「あたし初等部ですよぉ。お酒なんてどれだけさきになるのやら。
 でもたしかに、ここでの記憶はこうして積み重なっていることですから、今は今を程よく過ごしましょうか」


次へ>>
--------------------------------------------------------
Twilog|Twitter|© 2021 loxia.
0