Secret Sphere

line1
line3-2
line
メーア寮の一室、個人部屋。
個人部屋だが二人が生活できる程度には部屋が大きい。
荷解きが終わり、綺麗な部屋だ。

机、本棚、タンス、ハンガーラック、ダイニングテーブルにソファ。
最後に大きめなベッドと最低限生活できる程度の物が今は置かれてる。

―――――――――――

line

line
ただのにぎやかし 
--------------------------------------------------------
>>PNo.48 ダインリーカへの返事
Iconアウラ - PNo.472
うん

口数少なく返事。怒っていないことに安堵して体の力を抜く。
頬を撫でる指の熱に柔く笑んで、眠るダインを見守る。

安心して眠ることの幸福と言ったが、こうして抱き枕になってただ見守るのも悪くない。
胸に額や鼻を擦り寄せ、幸福を噛み締める。

……またこうして眠れたらいいな。

Icon
「……おやすみなさい、ダイン」


メーア寮【深海の間】 アウラ - (2021/12/03 3:39:24)
>>PNo.472 アウラへの返事
Iconダインリーカ - PNo.48
「…やっぱり話せたか。
そしてあれだな、随分と幼さがあるな」

見た目からして幼く見えるが、それ以上に幼い印象。
なにか悪いことをさせてしまったと思うほどに。

Icon「まぁ、あれだ。
怒ってはないからな、まだ眠いし俺は寝る。
お前はこのまま此処にいてくれ、それだけだ」

どこか不安定さがある墓守、自分が怒ってないと言わなければ
勘違いして思い込みそうと考え、予め言っておいた。
そして、アウラの頬を無骨な指で撫でながら
ダインは再び瞼を閉じて眠るだろう。


>>PNo.48 ダインリーカへの返事
Iconアウラ - PNo.472
「…………」

ダインを見上げてしばし沈黙。
もはやここまで無様を晒した以上、隠すこともないだろう。
ぬいぐるみ越し、ヴェール越しが誠実とは言い難いのも確か。
黙々とヴェールを外し、縫い目だらけの顔を晒して口を開く。

Icon
「……………ごめんなさい、ダイン」


少し小さいが、確かに聞こえた幼い声。
普段の騒がしく大人びたぬいぐるみとは声質も話し方も違う。
たどたどしく、見た目よりさらに幼い印象を与えるだろう。


メーア寮【深海の間】 アウラ - (2021/12/03 2:39:25)
>>PNo.472 アウラへの返事
Iconダインリーカ - PNo.48
「謝る必要はないだろう。
まぁ、アウラに良くない所はあっただろうが
アレもアレで良くないからな」

それに、と言葉を止めてアウラの方へ視線を落とす。
抱き締める力も抑えてるので、顔を上へとあげることは
可能だろう。

Icon「もし本当に謝るなら腹話術ではない。
お前だけの声で言え。
どうせ話せるのだろう?」

アウラの黒のヴェールを外して、自分の声で話せと言う。
前から思っていた。
こいつは自分で話せるのではないか?
ぬいぐるみを介しては何かしらの理由はあるだろうが
それを抜きとして、話せるなら声を聞いてみたい。
純粋な興味本位。


>>PNo.48 ミストへの返事
ダインの腕の中で身動きが取れず、ミストの声を聞きなんとか手を振って返す。

一難去ってまた一難。ダインに謝らないと。

Icon白シュトくん - PNo.472
「……だっ、ダイン……えっと、その……
 ごめんなさい……
 せっかく眠っていたのに……起こして……
 ミストも怒らせてしまった……」

もごもご。情けなくてダインの顔が見れない。


メーア寮【深海の間】 アウラ - (2021/12/03 2:12:43)
>>PNo.472 アウラへの返事
Iconミスト - PNo.48
「見せつけてくれるじゃない?ダイン。
いつからそんなに大胆になったのやら…。
ま、邪魔者は消えますよっと」

えらく上機嫌で鼻歌まで歌いながら、部屋から出ていく。
出る間際にアウラちゃんばいば~いと伸びた声を出して
そそくさと出ていっただろう。


メーア寮【深海の間】 ミスト - (2021/12/03 1:57:19)
>>PNo.48 ダインリーカへの返事
Icon
「〜〜〜〜!!!!」


見事に爆散した。穴があったら入りたい。

抱きしめられて嬉しいやら聞かれて恥ずかしいやら大きな感情が混ざってかつてないほど混乱しているが、とりあえずダインの胸に頭を擦り寄せておいた。欲に忠実。


メーア寮【深海の間】 アウラ - (2021/12/03 1:47:46)
>>PNo.472 アウラへの返事
Iconダインリーカ - PNo.48
「なんも言えねえ…。」

ダインは起きていた。
大体アウラが嫌いとミストに告げて空気が変わった辺りから。
気配が変わり、危機を感じて目を覚ましたが起きるべきではないと、黙ってたのだがバレてたことに舌打つ。

Icon「ミスト、あまりアウラを虐めるなよ。
つい弄りたくなるのは理解するが、お前のではない
この子は今だけは俺のだ。
なんせ時間を貰ってるからな、だから止めろ」

と言えば、再びアウラを抱き締めるだろう。
腕の中に収めて有無を言わさずに胸に沈ませる。
こいつは俺のだぞと、主張だ。


>>PNo.48 ミストへの返事
Icon
「!?!?!?」

びくっと身体を震わせた。
うそ。やめて。しんでしまう。
いやだ〜〜〜!


メーア寮【深海の間】 アウラ - (2021/12/03 1:18:39)
>>PNo.472 アウラへの返事
Iconミスト - PNo.48
「…ですって、そろそろ起きたら?」

くすくす笑いながら未だ寝ている子へと語りかけた。
まるで既に起きてるかのように。


メーア寮【深海の間】 ミスト - (2021/12/03 1:09:02)
次へ>>
--------------------------------------------------------
Twilog|Twitter|© 2021 loxia.
0