Secret Sphere

line1
line3-2
line
メーア寮の一室。四人部屋。

二段ベッドが部屋の両脇にふたつ、窓際には共用の書き物机。
クローゼットはふたりでひとつずつ、計ふたつ。
女子寮なので、収納スペースは若干大きい。
部屋の隅には化粧台。こちらも共用。
ベッドにはカーテンが備え付けてあり、プライベートスペースが確保できるようになっている。

何の変哲もない、一般的な寮室である。

☆たまにクジラの鳴き声が聴こえる。
☆立地のせいか、他より少しだけ気温が低い。


【利用者】
PNo.222 ポーラ・スピッツ
PNo.225 コルテーゼ
空き
空き

line

line
ただのにぎやかし 
--------------------------------------------------------
>>PNo.222 スピッツへの返事
Iconコッペリア - PNo.225
「………何かあったのかしらネ」

コルテのベッドの枕元に置かれた小さな人形が、部屋を出てゆく黄金色の少女をじっと目で追っていた。


メーア寮【海雪の間】 コルテ - (2022/01/25 23:22:34)
或る日、雪の降る午前。

Iconスピッツ - PNo.222
「……」


書き物机につき、手紙を読んでいた少女。
その表情からはばっさりと、色が抜け落ちていて。

便箋を、積んであった本の下に隠し。
そのまま、ふらりと部屋から出て行った。


メーア寮【海雪の間】 スピッツ - (2022/01/25 18:14:45)
>>PNo.225 コルテへの返事
小さくて、暖かな部屋。
ほんの少しだけ物が増えて、生活感も増して。

クリスマスの飾りも華やかなら、新年のそれと一緒に使って祝ってもいいですよねぇ、と。
なんだかちょっぴり素朴な煌びやかさが、ふたりの隠れ家のような寮部屋には、不思議と似合っている。

Iconスピッツ - PNo.222
「んぅ! あけまして、おめでとうございますぅ。
今年も、良い一年にしましょうねぇ」

並べたお菓子に、ちょっぴり形式ばった挨拶は特別感があって。少女たちは笑い合いながら、新たな一年の始まりの一歩を踏み出した──。


メーア寮【海雪の間】 スピッツ - (2022/01/03 16:29:44)
Iconコルテ - PNo.225
「あけましておめでとうございます、スピッツさま!」

クリスマス飾りも片付け終わらぬうちに迎えた新年。
魔石のヒーターを付けてあたたかくした部屋で、追加の飾りや買い込んだお菓子などを用意して、コルテはささやかなお祝いをした。

Iconコルテ - PNo.225
「新年の挨拶はこのように言うのだそうです。本年もよろしくお願いいたします」

同室のスピッツにも、あらためて生活を共にする学友として挨拶をするのだった。


メーア寮【海雪の間】 コルテ - (2022/01/01 20:52:07)
Iconスピッツ - PNo.222
「おぁ。クリスマスの飾り付け……」

戻ってきた少女が、少し豪華になった部屋の様子を見て感嘆の声を上げる。
部屋を暖める魔石ヒーターの橙色の明かりに、飾り付けのノーティカル・スターがきらきらと光っていた。

Iconスピッツ - PNo.222
「ふふ、きっとコルテちゃんですねえ」

寝る前、暫く楽しげに少女は飾り付けを眺めていた。


メーア寮【海雪の間】 スピッツ - (2021/12/26 0:08:59)
Iconコルテ - PNo.225
「今日はクリスマスで学園内がにぎやかですね♪お部屋にも少し飾り付けなどしてみましょうか」

少女は折り紙で輪っかの飾りや星などをつくって部屋の中をデコレーションしていた。


メーア寮【海雪の間】 コルテ - (2021/12/25 9:54:04)
>>PNo.222 スピッツへの返事
Iconコルテ - PNo.225
「ふふ、私も楽しみにしております。スピッツさま」

今にも寝入りそうなスピッツににこっと微笑んで。

Iconコルテ - PNo.225
「そうですね、いつの間にか良い時間になっていました……おやすみなさいませ、スピッツさま。良い夢が見られますように」

それでは、と部屋の明かりを消すと、ベッドのカーテンを閉めてコルテも眠りにつくのだった。


メーア寮【海雪の間】 コルテ - (2021/11/16 9:30:21)
>>PNo.225 コルテへの返事
Iconスピッツ - PNo.222
「ん、じゃあ約束ぅ~。
コルテちゃんとお出かけ……私も楽しみですぅ」

薄い表情に、精一杯の楽しさと和らぎを込めて言う。
ああ、せめてもう少し。
もう少し、器用に微笑むことができれば、と。

重くなってきた瞼に、少女はそんなことを思った。

Iconスピッツ - PNo.222
「お喋りしてたら、私もあったかくなってきましたし……そろそろ、おやすみしましょうかぁ」


メーア寮【海雪の間】 スピッツ - (2021/11/16 3:09:34)
>>PNo.222 スピッツへの返事
Iconコルテ - PNo.225
「はい……あまりに寒い日は広間の暖炉にあたりに行きましょう」

大掛かりな暖房器具は置けないので多少は我慢が必要だろう。毛布を増やしたりするくらいはできるかもしれない。

Iconコルテ - PNo.225
「街の探検!良いですね、わくわくいたします!ぜひぜひ二人で参りましょう、スピッツさま♪」


メーア寮【海雪の間】 コルテ - (2021/11/16 2:43:26)
>>PNo.225 コルテへの返事
Iconスピッツ - PNo.222
「薪ストーブが置けたら、一番あったかいんですけどねぇ」

煙り出しの煙突も、薪の用意も難しいですねぇ。
と、考える素振り。少しの沈黙。

Iconスピッツ - PNo.222
「……ま、それも探しつつ街をぶらぶら、ということでぇ。色々まわってみて、何処にどんなお店があるか探検してみましょ~」


メーア寮【海雪の間】 スピッツ - (2021/11/16 1:48:03)
次へ>>
--------------------------------------------------------
Twilog|Twitter|© 2021 loxia.
0