Secret Sphere

line1
line3-2
line


 その日は雪がふっていた
 辺り一面真っ白で、音も遠くまでは届かない
 ここは、そんな日の街の一角

 さむいさむいと足早に通り過ぎてもよいし
 足を止めて雪景色を眺めてもよい

 雪かき手伝いは随時募集している




ミキ(PNo.456)が居たり居なかったりするコミュ
雪だるまを作ったり、のんびり遊んでもらえると嬉しいです


【雪かきお手伝い】
富豪のお婆様(モブ)が雪かきを手伝って欲しいそうです
お小遣いが欲しい方、お気軽にどうぞ
突然始めても良いですし、あの…から入っても良いです(ミキが対応します)

額を<D>で決めたい場合は、大きい数字→お小遣いたくさん!くらいのフワフワ感でお願いします


【かまくら】
入り口にはFREEの看板、中は2人入れるくらいの大きさです
火鉢、マグカップ、マシュマロ、鍋が置いてあります
魔法がかかっているのか、鍋はいつも温かく
あなたが飲みたいものが入っています

小腹がすいた時、雪かき後にどうぞ

line

line
ただのにぎやかし 
--------------------------------------------------------
>>PNo.456 ミキへの返事
Iconスファレライト - PNo.316
「あはは、すっかり冷えてるけどミキのほっぺ
 はほんのり温かく感じるな」

びっくりした様子にくすくす笑う。

「まだ内装までは凝れてないんだけどねー。
 一通りお客さんを招ける程度には物が揃ったとこ。
 うんうん、是非きてよ!」

楽しみだなーと頬から手を離した。

Icon「ふふ、僕と一緒がいいなんて嬉しいな。
 もちろんお供させていただくよ!
 一人だと寒いだけだけど、二人なら
 楽しい帰り道になるね!」


とある雪の日 スファレライト - (2021/12/07 12:43:07)
Iconころ - PNo.699
わ~~~!
ゆきだぁ~~~!!!

ぺたぺたぺたと、両腕を挙げて降り積もった雪へ駆け寄っていき
まだ雪かき前の雪を乗り越え、掻き分けながら進んでいくと

Iconころ - PNo.699
わぁっ

深さを増していた雪の中にズボっと沈み込んでしまいます。

Iconころ - PNo.699
「‥‥‥‥‥‥。」

Iconころ - PNo.699
あはははは!!うまったぁ~~!!!

雪の中に生首が生えてるみたいになっちゃったのでした。


とある雪の日 ころ - (2021/12/07 3:10:25)
>>PNo.278 ルースへの返事
Iconミキ - PNo.456
「!」

緑髪の青年を見かけ、ゆっくりとかけよる
ぎゅ、ぎゅ、と雪を踏む音

Icon「やあ!
 ルースも雪かきの手伝いを始めたんだね
 調子はどうだい?」


とある雪の日 ミキ - (2021/12/07 2:43:38)
>>PNo.316 スファレライトへの返事
Iconミキ - PNo.456
「!」

ぼんやりのさなか、突然のひんやり
あなたの方を向きビックリした!と
言わんばかりに目を瞬かせている

「そ、そ、そうこ?秘密基地だなんて
 少年のような事をするじゃないか
 まあ、君が選んだ所なら
 君にとって過ごしやすい場所なんだろう…
 もちろん、遊びに行かせてもらうよ」

スマ本にぽちぽちメモる

Icon「よし…!
 そろそろ寮に帰ろうと思うけれど
 スファレライトはどうする?
 おれとしては、景色を眺めながら
 君と一緒に帰れたら嬉しいけども」


とある雪の日 ミキ - (2021/12/07 2:35:09)
Iconルース - PNo.278
「うーさみさみ。
 さみーけど雪かきしてりゃあったまるなこりゃ」

ひとり雪かきバイトをしているルース。
鍛錬&お小遣い稼ぎにちょうどいいようだ。


とある雪の日 ルース - (2021/12/05 16:43:04)
>>PNo.456 ミキへの返事
Iconルト - PNo.436
「じゃあ、わたし、スコップを元の場所に戻してから帰りますね。


ごきげんよう、ミキ先輩ー!」

大きく一礼してからスコップを片付けて。

その場であなたに大きく手を振ってから、いまだ雪が降る中を楽しそうに歩いていった―――





とある雪の日 ルト - (2021/12/05 12:02:23)
>>PNo.456 ミキへの返事
Iconルト - PNo.436
「あ……そうですよね、そろそろ入学式ですものね。
はいっ、喜んでっ。

お言葉に甘えて、入学式が終わった頃、またおじゃまします。
何を買うかの相談をさせていただくのも楽しみだし、ミキ先輩の秘密を聞かせていただくのも、とっても楽しみだわ」

両手をポンとあわせて微笑んだ。


「今日はありがとうございました、ミキ先輩。
ミキ先輩が紹介してくださったおかげで、今日がわたしの新しい記念日……初めてお仕事をした記念日になりました。うれしい……えへへ……」


とある雪の日 ルト - (2021/12/05 12:01:06)
>>PNo.456 ミキへの返事
Iconスファレライト - PNo.316
「ふふ、人肌で温めるのは大の得意だよ!
 ま、今日みたいな日の外だと流石に難しいけど!」

なにしろこんなに手がひんやりしてしまうし。
雪のきらめきを眺めるミキの頬に触れてみる。ひやひや。

Icon「どっちの科も共通で担当する先生も
 いるらしいけど、その先生の授業を選ぶかも
 今はまだちょっとわからないしねえ。

 僕はねえ、最近はこの辺りの倉庫をね
 こっそり借りて秘密基地を作ってる。
 今度遊びにきてくれるなら嬉しいな」

こっそりなので先生とかに見つかったら怒られるかもしれない秘密基地だ。使われてない倉庫なので多分大丈夫だけど。

http://www.sssloxia.jp/d/rc.aspx?CNo=302


とある雪の日 スファレライト - (2021/12/05 11:17:45)
>>PNo.316 スファレライトへの返事
Iconミキ - PNo.456
「なんのその、か!
 はは!好いてもらえて嬉しいよ
 スファレライトが居ると、どんなに寒くても
 暖かく過ごせそうだ」

白い息を吐きながら
あなたの隣で雪のきらめきを眺めている

Icon「おれは武術科でフェルゼン寮…
 うーん、見事に別々、かな?
 まだ、この学園の事を良く分かってないけれど
 会えなくなるかも、と考えると寂しいものだ

 スファレライトは、いつもどこにいるんだい?
 会いに行かせてもらうよ」


とある雪の日 ミキ - (2021/12/05 3:53:16)
>>PNo.436 ルトへの返事
Iconミキ - PNo.456
「かまくら!いいね
 静かだし、悩み疲れたら甘いものも飲めるし…
 うん、君の言う通り、ぴったりだ
 かまくらでのんびり悩もう
 
 おれの秘密も…言うほど隠しては無いけれど…
 ついでに聞いてもらおうかな」

最後は少し照れくさそうに

Icon「かまくらなら、今からでも話ができるけれど
 一人で考える時間があっても良いかもなぁ
 入学式が終わってから、かまくらで
 どうだろう?」


とある雪の日 ミキ - (2021/12/04 19:51:30)
次へ>>
--------------------------------------------------------
Twilog|Twitter|© 2021 loxia.
0