Secret Sphere

line1
line3-2
line
フェルゼン寮女子部屋の一室。
四人部屋。
部屋の構造は言ったもの勝ちなので、必要に応じて適宜捏造される。

◆ルームメイト
PNo.183 マシッキア・ラハシア
PNo.226 アサキ・ヴィレル
PNo.726 ウィーティス
(空き)
line

line
ただのにぎやかし 
--------------------------------------------------------
Iconマッキー - PNo.183
Iconマシッキア - PNo.183
「育てるのと葉っぱを操る……生命操作系かしら……

勝手に想像してぶつぶつ呟いている。

Iconマシッキア - PNo.183
「私も体力には自信ないけど、塔に登るなら最低限のことはできないといけないんじゃないかなー。ニンゲンの魔術師は毎日塔の上り下り10セットで精神力を養って根性で呪文唱えるって長老も言ってたし」

ひどい偏見である。

Iconマシッキア - PNo.183
「あ、そうだ! 大事なことなんだけど……」


Iconマシッキア - PNo.183
「この子、私の使い魔でアトラタって言います。貴金属とか宝石とかが大好物で勝手に食べちゃうから気を付けてね!」

二段ベッドなのかダブルベッドなのか……二段でいいのかな。
なんとなくアサキもマッキーも「上の段」取ってそう……


フェルゼン寮707号室 マッキー - (2021/11/27 9:34:54)
Iconウィッティ - PNo.726
「座学は共通のものと専攻のものとわかれるのかもねー。実技は明確に別れんのかしら?というか剣を振れとか言われても困るわ。んな体力ないのよこっちは」

アサキに相槌を打ちつつ、こちらの愛称を連呼するマッキーを見てにっこり笑っている。真面目で面白そうなタイプだと判断したようだ。
しかし魔法の話題に食いつかれると急な変わりようにちょっと驚いた顔になる。

Iconウィッティ - PNo.726
「急に食いつきいーわね。あたしが得意なのは成長促進とか蔦や葉を操ったりとか、そんなのねー」

学生寮で全員個室はあんまりなさそうなイメージが。ハリポタ的にくいんさんのダブルベッド案に一票。
先に入寮してた二人がそれぞれベッドの位置決めててくれたらウィッティは後から余ってるとこ適当に入ります。余った一箇所は誰かが入るまで荷物置きにしてる設定とかでも良いかも。


フェルゼン寮707号室 ウィッティ - (2021/11/26 23:25:58)
Iconマシッキア - PNo.183
「最初だから慣れてないだけだし! ウィッティ、、ウィッティウィッティウィッティウィッティ!
ムキになって連呼している。

Iconマシッキア - PNo.183
「植物系の魔法!? どういうのが使えるの!?」

急に食いつきが良くなる魔法オタク。

全員個室でもいいんじゃないかとも思うけど、どうしましょうね。4人目がいないと2*2はバランス悪い気も?


フェルゼン寮707号室 マッキー - (2021/11/26 22:05:45)
Iconアサキ - PNo.226
「合ってるあってる。
 でも、授業とかどんくらい違うんかな~~~。
 なんかふつーに座学多そうなんだよね」

Iconアサキ - PNo.226
「植物系か~。
 この階なら日当たり悪くなさそうだし、
 窓際のほうで育てられそうだね」

 部屋の構造とか間取りは好きに決めてね!
 四人部屋ってやはり二段ベッドがふたつあるタイプだろうか……。


フェルゼン寮707号室 アサキ - (2021/11/25 15:02:28)
Iconウィッティ - PNo.726
「あんまり呼びづらそうにされるとさん付けするたびに罰ゲームとか言い出したくなるわね。さすがにそんな意地悪顔合わせ初日ではやらないけど。初日では」

大事な事なので二回言った。
にまりと邪悪な笑みが浮かんでいる。

Iconウィッティ - PNo.726
「わざわざ魔術を学びに来てるくらいだし魔法薬の研究が主よ。あたしは丁度植物系の魔法が得意だし、そういうので育てたのを素材になんかこういい感じにてきとーにね」


フェルゼン寮707号室 ウィッティ - (2021/11/23 20:04:31)
Iconマシッキア - PNo.183
「良かった~
 やっぱりインフォームドコンセントは大事ですよね!」

それにしても薬って即効性のあるものなのだろうか……

Iconマシッキア - PNo.183
「Iconですです。ウィッティs……は見た目通り! お薬というのも魔法の一種ってことなんですか?」


フェルゼン寮707号室 マッキー - (2021/11/23 8:59:14)
Iconウィッティ - PNo.726
「無理に実験に付き合ってもらう気もないしのんびり考えてちょーだいな。
どんな薬かも聞かないと安心できないだろうし。今度アサキに説明ついでにマッキーにも聞かせてあげる」

無理強いする気はないようであっさりと話を引っ込めた。
Iconウィッティ - PNo.726
「あたしは見た目通り魔術科。二人は見たとこアサキの方が武術科でマッキーはあたしと一緒って感じがするけど、どう?当たってる?」


フェルゼン寮707号室 ウィッティ - (2021/11/22 20:38:19)
Iconアサキ - PNo.226
「ちょっとあぶない~~?
 今度、どんなの作れるのか教えても~~らお。
 お茶あんがとね~~~」

 コップを受け取りぐびぐび。
 ふたりの会話を聞きつつ、
 少し暇そうに部屋でだらだらしているだろう。


フェルゼン寮707号室 アサキ - (2021/11/22 0:59:10)
Iconマッキー - PNo.183
「お薬の実験は興味はありますけど、自分でやるのはちょっと……考えさせてください……なんかコワイし

少し考えたあとに、話題を切り替えようと試みる
Iconマシッキア - PNo.183
「あ、ウィッティさ……は、魔法学科です?」

さん付けしそうになってどうにか踏みとどまった。半歩くらいはみ出したかもしれないが。


フェルゼン寮707号室 マッキー - (2021/11/22 0:09:23)
Iconウィッティ - PNo.726
「安心してちょーだい。そんな物騒なものを飲ませたりはしないわ。失敗がないとは限らないけど……
一応最低限気を付けるつもりはあるらしい。
Iconウィッティ - PNo.726
「そんなわけで宜しくね。報酬はこれがいいってものがあれば対応できる様に努力はするから。
例えば他人に飲ませたいちょっとあぶない薬とかね」


フェルゼン寮707号室 ウィッティ - (2021/11/20 23:49:20)
次へ>>
--------------------------------------------------------
Twilog|Twitter|© 2021 loxia.
0