Secret Sphere

line1
CNo.52 常雨の花壇 
line3-2
line
いつも雨が降っているお花畑。
季節の花々が種類を問わず咲いており、
日光を浴びなくても元気にすくすく育っている。
恐らく全ては魔法によるものだと思われる。
近くに屋根のある休憩所と自販機がある。

季節ごとのお花を愛でるためのコミュニティです。
その時期に咲いている花なら何でもあります。
規模や本数など細かい部分は人によって見え方が違うかもしれませんが、全て魔法によるものです。
見えている人が咲いていると言えば、そのように見えるかもしれません。不思議ですね。
剣の世界、その他の異世界特有の花もありますが、危険な花や希少な花は触れないようになっています。
line

line
ただのにぎやかし 
--------------------------------------------------------
>>PNo.379 ラクへの返事
Icon「ううん…ほんのり赤くなったくらい?
 でも綺麗よ」

きっとそれは、贈ったものに関わらずだろうけど。

自身につけられた痕に触れ、赤を掬う。
軽く舐めとる。少し、はしたないかしら。

Icon「…私も、もう少し痕を残した方がよかった?」


常雨の花壇 コロ - (2021/12/06 16:46:40)
>>PNo.412 コロへの返事
Iconラク - PNo.379
「ああ。
 瞳に映るより、こちらの方がいい。」

離れても痕が残るから。

お返しを、漫然と受け入れる。
口付けを送られるのは、はじめてだろうか。
唇の感覚だけが残る首筋に触れる。

Iconラク - PNo.379
「どうだろうか。」

そう問い返してみる。


常雨の花壇 ラク - (2021/12/05 7:47:59)
>>PNo.379 ラクへの返事
Icon「ん…少し、……どう?」

熱い首筋を露わにしながら、離れた貴方の瞳に問いかける。
雨で流れてしまう前に。
せっかくの貰い物を失くさない為に。

Icon「……ラクラグドール様、
 ありがとうございます」

Icon「────これは、お返し」

そっと顔だけ近づけて。
同じように首元に口づけを。
痛くはない。ただくすぐったいかもしれない。
そんな可愛らしいものを、贈ろう。


常雨の花壇 コロ - (2021/12/03 23:58:22)
>>PNo.412 コロへの返事
Iconラク - PNo.379
唇を離せば、赤く色づいた首筋をみる。
幼い体に不釣り合いな痕。
けれど子供の危うい色香によく合う。

ただ、

Iconラク - PNo.379
「ここでは見えないか。」

鏡などないし。

「…痛むか?」


常雨の花壇 ラク - (2021/12/02 23:36:21)
>>PNo.379 ラクへの返事
Icon「……ぁ…」

瞬間、ぴくりと跳ねる。
濡れて冷たいはずの首筋に、熱さを灯して。
貴方を簡単に受け入れる。任せてしまう。

Icon「……」

小さく開いた口を閉じることも出来ずに。
首筋の感覚に意識を割いて。次の何かを待つ。


常雨の花壇 コロ - (2021/12/02 8:42:55)
>>PNo.412 コロへの返事
Iconラク - PNo.379
何故、だろうか。
ただ、この子供の赤は、きっと果実のように瑞々しく美しいのだろう。
私は赤が好きなのかも知れない。

Iconラク - PNo.379
目を細める子供の頬に指を添えて、
くすぐるように撫でおろし
細い首筋に唇をつけた。

拒絶を受けなければ、一瞬鈍い痛みを感じるだろう。
歯を立てられるのではなく、吸い付かれる痛みを。


常雨の花壇 ラク - (2021/12/02 3:58:48)
>>PNo.379 ラクへの返事
Icon「……赤、…どうして?」

目の前に在る、二つの赤を見つめて。
映った私は、赤く染まっている。
これがそうだというのだろうか。

Icon「…私に、似合うかな?
 試してみて…?」

どうするのだろうかと、期待して目を細めた。


常雨の花壇 コロ - (2021/11/30 8:27:38)
>>PNo.412 コロへの返事
引き寄せるまま額を合わせて
いつだかそうしたように、子供の瞳を覗き込む。

Icon「…お前は、星や町と同じように私を見る。
 髪色が映っても瞳の色が映っても、
 輝きが損なわれない。

 自分が綺麗なものに見える。」

はじめて鏡を見た赤子のように、
不思議そうに見つめて。

Icon「……あとは、そうだな。
 お前は赤が似合う。」


常雨の花壇 ラク - (2021/11/30 7:08:03)
>>PNo.379 ラクへの返事
Icon「うん…私って考えるのが苦手みたい
 わからないものは、どうしたってわからないの」

二つの昏く燻んだ宝石を見つめて。
両手を首裏へと回す。私を架ける。

こつん。
額を重ね合わせて、宝石を覗く。
そこに映る私を。

Icon「……これが、貴方から見た私…
 ラクラグドール様は、ちゃんと見える…?」

私から見える、愛らしい貴方が。


常雨の花壇 コロ - (2021/11/30 3:06:58)
>>PNo.412 コロへの返事
Iconラク - PNo.379
子供の手が届くよう、身を屈める。


覗き混む男の瞳は、空っぽだ。
血のような色をしているのに熱はなく、
雨が頬を伝うのに泣いている訳ではない。

Iconラク - PNo.379
「……見るだけ、
 語るだけではわかる事の方が少ないか。」

特に自分は、言葉を多く持たないから。


常雨の花壇 ラク - (2021/11/30 1:50:13)
次へ>>
--------------------------------------------------------
Twilog|Twitter|© 2021 loxia.
0