line
学園内、某所の地下室。
元は管理の放棄された倉庫。ネディアが学園に使用許可を申請し、研究室とした。
暖炉をはじめとした設備の充実ぶりから、倉庫となる前にも部屋として使われていたようだ。

床に陣を描き、実験を繰り返すもよし。
デスクで書類を作成するもよし。
キッチンで秘かに夜食を作るもよし。
ソファに座り、暖炉で温まって過ごすもよし。

──ここは小さな、ネディアの秘密基地。

※PNo.28の屋内の常駐スポットです。
※会話はツリー毎に時系列を分け、個別に返信します。
※訪問フリー。入室までの流れも自由ですので、お気軽に。
 例:暖炉の煙でこの部屋を見つけた。急に爆発音が聞こえた。等
 シチュエーションに応じて対応いたします。
line

line
PNo.230 ������������������への返事
ただのにぎやかし 
--------------------------------------------------------
>>PNo.28 ネディアへの返事
Iconフェブラリア - PNo.230
「あはは、気を付けてくださいね?」

特に何を言うでもなく、そのまましゃがみ込み、
周囲の機材を丁寧にまとめ抱え上げる。

Icon「ええ、お誘いされたからには、
顔を出さないのも悪いですからね。」


>>PNo.230 フェブラリアへの返事
Iconネディア - PNo.28
「……ちょっとドジっちまった。
 特にケガとかはしてないよ、大丈夫」

 床に突っ伏した姿勢から顔を上げて。
 ネディアはフェブラリアへと無事を伝える。
 転倒によるものか、彼の周囲には器材が散らばっていた。

Iconネディア - PNo.28
「ようこそ、俺の研究室へ。
 約束通りに来てくれたんだね。ありがとう」

 生活空間と実験施設が複合した地下空間の中で、ネディアは歓迎の意を相手に示した。


地下研究室『天の底』 ネディア - (2022/01/18 17:04:07)
>>PNo.28 ネディアへの返事
Iconフェブラリア - PNo.230
「どうも、しつれいしま……
…大丈夫ですか?」

戸を開けば聞こえてくる衝撃音。
明らかに転倒した音にそっと問いかけた。


>>PNo.230 フェブラリアへの返事
Iconネディア - PNo.28
「フェブちゃん?
 鍵開けてるから、入っていいよ……」

Iconネディア - PNo.28
「……っとわぁ!」

 戸の影と己の影を繋ぎ、ネディアは来訪者の姿を確認する。
 約束の相手と分かると、扉越しに歓迎の意を伝えた。

 続けざまに響いたのは衝撃音と、何かが落ちて転がる音。
 つまるところ、余所見からの転倒だ。


地下研究室『天の底』 ネディア - (2022/01/11 21:30:01)
Iconこんこんこん…と
倉庫の戸を叩く音が静かに響く。


--------------------------------------------------------
Twilog|Twitter|© 2021 loxia.
0