Secret Sphere

line1
PNo.178 ツヅリ  
line3-2

line
ただのにぎやかし 
--------------------------------------------------------
おはよう。


マジッター おはよう。 - (2022/01/21 15:15:08)
>>PNo.516 サンディへの返事
Iconツヅリ - PNo.178
良くないが。

  このままで良い理由が皆無である。
  でか乳が苦手だけなら兎も角、それ以外も垂れ流しは
  この男の生き方の上で大変支障が出る。
 
Iconツヅリ - PNo.178
「ではこれから取りに行こう、早くしようなあ。
 でなければお前の髪の毛を坊主にする。」

  そこそこな脅しをするし片手には刃物が出ている。
  本気かは知らん。笑顔は胡散臭い。乳は苦手。


屋上的な場所 ツヅリ - (2022/01/21 15:10:41)
>>PNo.159 ミスチーへの返事
Iconツヅリ - PNo.178
「髪飾りか、指輪、首輪……」

Iconツヅリ - PNo.178
「首輪……?」

ネックレスと言いたかったらしい。
怪しげな婆へ手をひらひら振ってからその場を離れ。
それこそ宝石類やらアクセサリー立ち並ぶ露店を眺め。
出所不明の煌めきは、それでもどれも美しいのだろ。

Iconツヅリ - PNo.178
「さて、デートならもう少し案内すべきか。
 花を買うならあっち、人を買うならあっち。」

ろくでもない。


緑色の髪が落ちている ツヅリ - (2022/01/21 0:36:03)
>>PNo.601 カサンドラへの返事
延々叩かれる。
それなりにでかく厚さもあるので叩きがいはありそう。
楽器かも知れない。ぺしぺしぺしぺし。

Iconツヅリ - PNo.178
「ンー……ソリ、ソリ、ソリ……」

あるわけがない、見回してはみる。
ソリはないが山小屋がある。小屋には扉がある。

扉がある。

扉がある。

Iconツヅリ - PNo.178
「これを千切って乗せればいけるのでは?」

ちょっと疲れてきているのかもしれない。
思考が駄目。


学園近くの山林 ツヅリ - (2022/01/21 0:01:46)
>>PNo.516 サンディへの返事
Iconツヅリ - PNo.178
「今から痛いことをするぞ~」

  驚かせると光るのであれば驚かすのはやめておこう。
  宣言をしてから両手を伸ばしてこめかみをはさみ。
  拳でぐりぐりと痛めつけてストレス発散をしておきたい。
  どうせ解決はしてくれなさそうである。

Iconツヅリ - PNo.178
「全く何が嬉しくて女に母性を感じるのが
 苦手だという話をしなければ……」

Iconツヅリ - PNo.178
クソァ!


屋上的な場所 ツヅリ - (2022/01/20 23:39:50)
>>PNo.159 ミスチーへの返事
Iconツヅリ - PNo.178
「寂しがる性格でも無く見える。
 ……本気で買うとはなあ……」

彼女のそれを冗談と捉えて軽く返しつつ
男は男で応急手当てに使われるような軟膏を買い取り。
少女の買い物もつつがなく終わりはするだろう。
お値段は逆に心配になるがむしろ安い。

Iconツヅリ - PNo.178
「装飾やら宝石は気にならないか。
 女はたいてい欲しがると思っていたが。」


緑色の髪が落ちている ツヅリ - (2022/01/20 23:33:56)
>>PNo.159 ミスチーへの返事
Iconツヅリ - PNo.178
「兄妹には見えんだろうからな。」

顔はともかく髪色の差が激しく、そして何よりツヅリである。
とうとう人身売買に手を出したと思われるのは自然な流れ。

Iconツヅリ - PNo.178
「おいおい……自分はともかく俺に盛るなよ?
 まあどれも効果があるかは怪しいが。」

老婆はきっと睨みつけては来るのだが、否定はなし。
他の客は大体治療薬やら軟膏の類を買っていくので
そこに関しては信頼されているのだろう。


緑色の髪が落ちている ツヅリ - (2022/01/20 22:59:50)
>>PNo.516 サンディへの返事
Iconツヅリ - PNo.178
「……本気で困るな。
 お前がかけたんだろう、解けないのか。」

Iconツヅリ - PNo.178
「淡々と乳の苦手を語る男になってしまう。」


Icon

  今のも本来は言わない予定だったらしいがまろびでた。


屋上的な場所 ツヅリ - (2022/01/20 22:25:12)
>>PNo.159 ミスチーへの返事
Iconツヅリ - PNo.178
「あるとすればここだなあ。」

『うちはガキは買わないよ』
と、店主らしき老婆がツヅリを睨みながらつぶやき。
男はと言えば肩をすくめてみせるだけ。
さておき、並べられているのは薬瓶類が多く。
どれもなんとも胡乱なラベルが。
惚れ薬、人間化、獣化、毒、年齢変化、うんたら。


緑色の髪が落ちている ツヅリ - (2022/01/20 21:31:24)
>>PNo.516 サンディへの返事
Iconツヅリ - PNo.178
「ちなみに人間か?」

  若干微妙に人間ではないようなはらわたを感じる。
  人間っぽいような、そうでもないような、違和感。

Iconツヅリ - PNo.178
……二度と俺の前で光るな。

  非常に困るので。
  驚かしてしまえば光ると聞いたものだから
  先ほどのよな距離も流石に遠慮しておき。

Iconツヅリ - PNo.178
「しかしまあ、なんとも、不思議生物だな。
 あながちあの……なんだ、幽霊エルフ妖精だったか?
 冗談でなかったのか。」


屋上的な場所 ツヅリ - (2022/01/20 20:04:12)
次へ>>
--------------------------------------------------------
Twilog|Twitter|© 2021 loxia.
0