Secret Sphere

line1
PNo.203 エリス  
line3-2

line
ただのにぎやかし 
--------------------------------------------------------
>>PNo.207 リリーへの返事
Iconエリス - PNo.203
「そりゃまあ……容赦なく他者に暴力を振るう、
 なんて事にはフツーは抵抗あるよ。
 ソレ自体は別におかしな事じゃあないさ」

模擬戦相手が人型じゃなければ少しはマシだったろうけど、と。
ぼんやりと学園への不満を口にしつつ。


Icon「心は決まってるっぽいけど、いちおう確認からね。
 私は適材適所上等だと思うタイプなんだけど、
 リリーさんはソレを好しとはしない。
 だから、攻撃魔法への抵抗をどうにかしたい。
 そういう事でいいんだね?」

Icon「相談室の方針は"本人の意志が最優先"ッスからね。
 本人が克服したいと言うのならソレで行くんで、
 お嬢の意見はお気になさらずに答えて下さい」


お悩み相談室クラノイ エリス - (2022/01/19 17:14:29)
>>PNo.472 アウラへの返事
Iconシノ - PNo.203
「それはまあ、ダイン先輩に直接伝えて頂くとして。
 なんでも女の子には魔法の素養があるそうで、
 教師役をお願いできないかと頼まれたんスよね」

Icon「私はともかく、シノはそういうのに強いからね。
 まずは顔合わせから…ってコトになってるけど…
 …そうか…ダイン君そういうの言わないのか…」

なるほどね、と何をどう納得したのかわからない相槌を打っている。
報告連絡相談、大事だよね。


お悩み相談室クラノイ エリス - (2022/01/19 16:44:27)
>>PNo.827 ハートへの返事
Iconエリス - PNo.203
「やー、別にやめても構わないんだよ。
 大事なのは"キミがそれを後悔しないかどうか"だ」

あなたの呟く声に、ドアの向こうから返事があった。
幼さが残っているがしかし、やけにしっかりとした口調の少女の声だ。


Icon「"少し"返事が遅くなってすまないね。
 ……さて、どうする?
 戸を叩くも引き返すもキミ次第だけれど」


お悩み相談室クラノイ エリス - (2022/01/19 16:33:16)
>>PNo.159 ミスチーへの返事
Iconエリス - PNo.203
「どうだろうなァ~~~……」

退学RTA、などという噂は耳にしない事もないのだが。
そのへんの学校らしい制度については明言されていないのだ。


Icon出席の意志/基本宣言を示してる限りは問題なさそう
 ですけど、詳しいトコはわかんないッスねえ」

Icon「『お仕置き部屋』なんてモノはあれど
 補習……補習?があるかどうかもわかりませんし。
 学園というより訓練場とか塾みたいな感じッス」


>>PNo.416 イーヴォへの返事
Iconシノ - PNo.203
「とりあえずいつも通りにお茶とクッキーを……
 ───4人前ッス、どうぞ!」

主従とイーヴォと、それからヴィルマの前に紅茶が並ぶ。
一息つけばまずはエリスから口を開くだろう。

Icon「さてさて。他にも寄る所はあるだろうから
 長くは引き留めたくないし……先に渡しちゃうか」

Icon「それじゃイーヴォくんにお年玉をあげよっか。
 改めて───あけましておめでとうございます!」

そう言って、懐から取り出した小さなポチ袋を手渡した。
中身は100LCほどの現金だ。
ちなみに袋にはデフォルメされたトラの顔が描かれている。(作画:シノ)


お悩み相談室クラノイ エリス - (2022/01/18 17:04:16)
>>PNo.96 シスター・ウルルゥへの返事
Iconエリス - PNo.203
「自分、家族……村や街くらいならともかく、
 世界規模の災厄はそう多くはないだろうねえ」

少しおどけるような声音で肩を竦め、小さな溜息と共に姿勢を改める。
本題はそちらではないのだから。


Icon「それで、本題に入るけど……
 幼い頃の私にはたくさんの"ともだち"が居たんだ。
 龍も含めて、本当に多くの精霊の友が居た。
 なんなら、捨て子だった私を拾って育ててくれたのも龍だったくらいだ」

Icon「その頃はまだ、精霊が"世界を歪める"に至るなんて
 誰も知らなかった。
 本当に……本当に平和な時代だった」


懺悔室 エリス - (2022/01/18 16:49:22)
>>PNo.891 コヴァジナへの返事
Iconエリス - PNo.203
「"自信を持って"……じゃなくて、そうだなあ。
『そこまで悲観的にならなくてもいいんじゃない?』
 ───かな、うん。
 今すぐ前向きになるのは誰だって難しいけど、
 下を向かないようにするのは比較的楽だからさ」

流石に果実単品だと喉乾くな…と濃密な甘味を紅茶で中和しつつ続ける。
隣ではシノも果実を口にして、その甘さに目を白黒させているだろう。


Icon「いやー、ありがとうありがとう、おいしいよ。
 なくなったらまた貰いに行く事にするね~」

思い掛けない返礼をだいぶ気に入ったようでニコニコ笑顔だ。


お悩み相談室クラノイ エリス - (2022/01/18 16:32:02)
>>PNo.514 アイダスへの返事
Iconエリス - PNo.203
「んー、んー……色々事情があるんだよな……。
 要点をかいつまんで話すとだね……」

少しばかり、言葉を探すように考えこんで。

Icon「私には膨大な魔力を常に生み出す能力があってね。
 今のトコこの世界では問題なさそうなんだけど、
 元居た世界では放置すると"世界が壊れる"くらいに
 周囲に影響が出るようになっちゃうんだ」

Icon「だから、尋常じゃなく消費が重い遡行魔法───
 それも燃費のクソ悪い"改悪"まで加えたもの
 ───を使い続けて、どうにか消化してるのさ」


相席カフェ エリス - (2022/01/18 16:14:35)
>>PNo.752 シストへの返事
Iconエリス - PNo.203
「私達……"世界を維持したい側"に味方した龍も
 最初はそれなりの数が居てくれたからね。
 それに、強大な存在とはいえ龍は肉体を持つ。
 彼らとて───殺せば死ぬのさ」

自分の胸元…心臓のあたりをトントンと叩き、自嘲するように笑う。

Icon「後は簡単、私は『全て終わるまで続けた』だけだ。
 "出来るまで続ければ不可能ではない"、ってヤツさ」


お悩み相談室クラノイ エリス - (2022/01/18 16:02:47)
>>PNo.472 アウラへの返事
Iconエリス - PNo.203
「それこそ一緒に考えてみればいいんじゃない?
 共通の趣味を持ってみよう、ってさ。

『契約上の関係なんて文面上のものに留まらず
 私はキミに興味があるんだよ』って。
 そういう意志を"示す事"に意味があるからさ」

Icon「相手側にその気が一切ない可能性もあるけど……
 ま、その時はその時改めて考えればいいか。
 私達もいずれ会う手はずになってる子だしね」


お悩み相談室クラノイ エリス - (2022/01/18 15:48:48)
次へ>>
--------------------------------------------------------
Twilog|Twitter|© 2021 loxia.
0