Secret Sphere

line1
PNo.48 ダインリーカ  
line3-2

line
ただのにぎやかし 
--------------------------------------------------------
>>PNo.189 サクィラへの返事
Iconダインリーカ - PNo.48
「……あーあー、来ちまったか」

そこにはソファにどっしりと座りながら溜息をつく
大柄の男がいた。
どうやら先にこの部屋に来ていたらしい。


>>PNo.203 エリスへの返事
エリスに野暮と言われれば、そうだなとしか言えない。
従者に聞いても同じことが返ってくるだろう。
だからこれ以上は何も言わなかった。


Iconダインリーカ - PNo.48
「…アレをエリスとシノは見てないのか。
本人だけに効果を及ぼす魔法ね…どうしたものかな」

てっきり見えてるモノと思っていただけに考えを改めさせた。
自分だけに暴いたなら言わないのも手だ。
誰が最も憎む相手のことを話したがると問いたい。
ただ今回は事情が事情だ。
言葉にするにも複雑、面倒。


Icon「…手を払ったばかりで悪いが
まずは起こしてくれ……あと此処で話したくない」

我儘かもしれないが、と付け加える。


深い霧の中で ダインリーカ - (2021/11/30 14:07:32)
>>PNo.203 エリスへの返事
Iconダインリーカ - PNo.48
「個人としての頼みか…えらく仲が良いんだな」

シノの言い分は理解できるものだった。
自ら進んで好感度を下げる者など特殊な部類の人種しかいない。
理解できないのがエリスが依頼として引き受けたこと。
ミストといつそこまで仲良くなったというのか。


Icon「………あれに関しては話を聞いた今でも許せない。
理由があれど人の心を暴くことは褒められたものじゃないからな。
…おかげで余計なことまで思い出した…はぁ」

戦闘終わり頃と比べれば冷静になれていた。
これがシノ個人の行動であれば、恨み言を幾らで言うが
身内からの頼みが根本としての理由なら話は別になる。
溜息が止まらない、本当に嫌になる。


深い霧の中で ダインリーカ - (2021/11/30 7:33:21)
>>PNo.203 エリスへの返事
Iconダインリーカ - PNo.48
「今すぐにでもミストに文句の一つ二つ三つと
言いたい所だ…というか依頼されてたことを
ばらしてよかったのか?」

本来依頼となれば秘密にしておくことを、依頼主を平気に
話すのは平気なのかと。


深い霧の中で ダインリーカ - (2021/11/30 0:21:28)
よいしょと大きな声と共に6人の男達が霊園に訪れた。
その内の3人は様々な材料と道具を持ってる。
親方、ルシェと呼ばれてる男は霊園の暗い雰囲気に臆さず
指定されていた場所へと進む。
小高い丘へと辿り着き、ルシェは気合を入れる。
かの貴族に依頼された住宅の建築依頼。
これは名を広げるチャンス、絶対に失敗は許されない依頼。
家を建てる場所としては劣悪な環境だが、それをなんとかするのが仕事。


「うーし!始めるぞ!!」

男達は霊園ということもあるので、あまり大声は出さずに。
小声で返事を返して作業を始めるだろう。


4

(本日から毎日1ダイス振り続けて出た目の合計が100になるまで振ります。
100になれば家の完成という形です。
3日毎に+1補正を付けていくのでそこまで伸ばさない予定ですが
場所を暫くお借りしますことはお許しを…)


無縁墓の霊園 親方 - (2021/11/29 22:14:38)
壁の近くで佇んでいたダインは新たな客人に問いを掛けようとしたが
どうやらエムリスの言葉と対応を見るに、御令嬢は王族に類する者。

彼は博識だ。
先の対応は彼に任せようと、壁の花のままにダインは佇む。


貴族達の社交場 ダインリーカ - (2021/11/29 21:48:07)
>>PNo.203 エリスへの返事
Iconダインリーカ - PNo.48
「……自分で言えよ」

一通り聞いて真っ先に思った言葉を吐き捨てて力なく倒れた。
こんな痛め付ける必要あるか?と問いただしたいが、この場に奴はいない。
だからもう大袈裟なレベルで倒れた。
今日はもう動きたくもないとぼやく、意気消沈だ。


深い霧の中で ダインリーカ - (2021/11/29 15:20:10)
>>PNo.284 デイヴへの返事
Iconダインリーカ - PNo.48
「部屋はメーア寮にある。
一階の一人部屋で名前は"深海の間"だな」

更に事細かな位置などスマ本を見せて詳細を教える。
( http://www.sssloxia.jp/d/rc.aspx?CNo=374 )
情報を伝え終え、羽根ペンで書いている紙にふと眼が行く。
この大陸では珍しい紙だ。
取引で数度見た覚えがある程度
随分珍しいものを使用してる、と。

Icon「あー……縁談か。
とんでもない量が来てるぞ。
この歳なら普通行き遅れと判断されて来ないがな。
どうもそうは行かないらしい」


魔法創作同好会 ダインリーカ - (2021/11/29 2:34:31)
>>PNo.284 デイヴへの返事
Iconダインリーカ - PNo.48
「紹介してもらえるならありがたいな。
俺自身も魔法は得意ではないが、興味はある」

魔力はあるが上手く使えないダインからしても
実験段階の魔法というのは興味をそそられる。
デイヴが関わってるとなれば尚更だ。

Icon「ま、デイヴが満足に学園生活を送れてる。
これだけでも嬉しいな。
あと、ランタンは俺の部屋に送ってくれないか?
流石にこの量は持ち運べないからな」


魔法創作同好会 ダインリーカ - (2021/11/29 2:18:35)
>>PNo.203 エリスへの返事
Iconダインリーカ - PNo.48
「………」

項垂れた。
ダインはくっそながい溜息を吐く。
怒る気力も悪態をつく気力も全部消えたからだ。

掌の上で転がしてたのは本当は従者の方だったと誰が思うか。


深い霧の中で ダインリーカ - (2021/11/29 1:09:39)
次へ>>
--------------------------------------------------------
Twilog|Twitter|© 2021 loxia.
0