line1
PNo.66 レヴィ  
line3-2

line
ただのにぎやかし 
--------------------------------------------------------
Iconレヴィ - PNo.66
「もしかしてこの部室、スペル合成で特定の属性作るときに戦争になったりしない?雷作るときにエレメント:ファイアに風付ける派とエレメント:エアに火付ける派とかで。」


同人魔導書サークル部室 レヴィ - (2022/01/17 21:16:11)
Iconレヴィ - PNo.66
「普段は反目し合ってるけどいざとなったらお互いに後方理解者面し始めるのとかいいよね」


同人魔導書サークル部室 レヴィ - (2022/01/16 22:45:53)
Iconレヴィ - PNo.66
「クリスマス?ケーキにパーティに祭り……?冬至祭みたいなもんか?」


同人魔導書サークル部室 レヴィ - (2021/12/22 15:33:44)
Iconレヴィ - PNo.66
「うーん、だよなあ……。材質は分かっても作れる技術が無かったらどうしようもないや。」
Iconレヴィ - PNo.66
「でも、ぱっと思いつくだけでそんだけ手段があんならどれかはアタリが見込めるだろ!」


作家達のアトリエ レヴィ - (2021/11/29 23:00:48)
Iconレヴィ - PNo.66
「だなあ。今回の紙はかなり品質良い奴みたいだし、それもありそうだ。」
Iconレヴィ - PNo.66
「そっか、会長はスクロールが専門分野だからこういうの得意なのか。同じインクでも手書きと刷った奴で効力違うかとか調べてみたいな。」
Iconレヴィ - PNo.66
「しかし、この版になる紙って普通に街で売ってるもんなのか?1ページに1枚使うし、このテスト用についてた奴だけじゃ足りなくなるよな」


作家達のアトリエ レヴィ - (2021/11/29 21:44:55)
Iconレヴィ - PNo.66
「おおー!?すげえ、ほとんど僕が書いたまま印刷されてる!」
Iconレヴィ - PNo.66
「古い奴って聞いたけどだけどかなりいい奴だな、大事に使わなきゃな。」
Iconレヴィ - PNo.66
「インクの溶き方加減は難しそうだな……その日の湿度とかでも変わっちゃいそうだ。」


作家達のアトリエ レヴィ - (2021/11/28 22:39:45)
Iconレヴィ - PNo.66
「今の状態だとちゃんと版になってるのかわかんないなー。」
Iconレヴィ - PNo.66
「お、会長流石手際がいい!そんじゃ、試しに刷ってみるか……。」

説明書と睨めっこしながら所定の位置に版をセットした。
あとは刷るだけだ。

Iconレヴィ - PNo.66
「その用意したインクを……どんな感じに刷るんだ……?会長、任せていい?」

ここにきて会長に投げる少年。


作家達のアトリエ レヴィ - (2021/11/28 21:44:57)
>>PNo.66 レヴィへの返事
半刻後。パラフィン紙を掲げて、透かして見ている。

Iconレヴィ - PNo.66
「……よし、できた!」


作家達のアトリエ レヴィ - (2021/11/28 3:46:27)
Iconレヴィ - PNo.66
「へー、先がペン先みたいになってる鉄の棒かな。」
Iconレヴィ - PNo.66
「透けてるから、元の原稿を下に敷いてそれをなぞればよさそうだな。」

原稿の上にパラフィン紙を乗せ、上から鉄筆でなぞり始める。
しばしの間、ガリガリと鉄筆の走る音が鳴り始めるだろう。


作家達のアトリエ レヴィ - (2021/11/27 16:57:59)
>>PNo.66 レヴィへの返事
Iconレヴィ - PNo.66
「入学式まであと10日か……。」


音楽2魔法薬学2天文学2


次へ>>
--------------------------------------------------------
Twilog|Twitter|© 2021 loxia.
0