Secret Sphere

line1
PNo.714 レクス  
line3-2

line
ただのにぎやかし 
--------------------------------------------------------
>>PNo.714 レクスへの返事
Iconレクス - PNo.714

ともあれ…
 迷宮遺跡は、未だに深部の探索が完了していない危険な地、ダンジョンです。
 その道中も街の中に比べれば危険に遭遇する可能性も高いので、気を付けてください」


気を引き締めるように、真面目な表情で彼女へと言い…

Iconレクス - PNo.714
「…とはいえ、危険ばかりではありません。
 町の外は危険も多いですが、きっと素敵に感じるものも多くあると思いますよ。
 道中で集落にも寄って宿をとる事にもなりますし、この世界を知るにはいい機会かもしれませんね。


 是非、”楽しんで”ください。」


今度はくすりと笑って、楽しんでと告げる。
そういうスタンスで様々なものを見聞きするのが、きっと一番だろうと思ったからだ。


学園近くの山林 レクス - (2022/01/21 5:49:36)
Iconレクス - PNo.714
「ともあれ…
 迷宮遺跡は、未だに深部の探索が完了していない危険な地、ダンジョンです。
 その道中も街の中に比べれば危険に遭遇する可能性も高いので、気を付けてください」


気を引き締めるように、真面目な表情で彼女へと言い…

Iconレクス - PNo.714
「…とはいえ、危険ばかりではありません。
 町の外は危険も多いですが、きっと素敵に感じるものも多くあると思いますよ。
 道中で集落にも寄って宿をとる事にもなりますし、この世界を知るにはいい機会かもしれませんね。


 是非、”楽しんで”ください。」


今度はくすりと笑って、楽しんでと告げる。
そういうスタンスで様々なものを見聞きするのが、きっと一番だろうと思ったからだ。


学園近くの山林 レクス - (2022/01/21 5:48:20)
>>PNo.579 つむぎへの返事
Iconレクス - PNo.714
「お弁当ですか?
 そうですね、向かうだけでも日数を要するので日持ちするものがいいですが…

 個人的な好みとなると少し悩みどころですね。
 朝の冷えた空気を感じながら飲むシチューもよいですし、食べながら進む事の出来るサンドイッチは便利ですし…
 あぁ、前に知人に振舞って頂いたマヒィンも美味しかったですね……」


自分は、食べられるのであれば食事の質はそれ程気にしない方だ。
しかし美味しいものを食べれるのに越した事はない。
目の前の少女が振舞ってくれるらしいお弁当に、少し心を躍らせた。


……ぐぅ

Iconレクス - PNo.714
「おっとお腹が。美味しいものを考えるとお腹が空いてしまいますね?
→」


学園近くの山林 レクス - (2022/01/21 5:41:43)
>>PNo.579 つむぎへの返事
Iconレクス - PNo.714
「…そうですね、行くとすれば早い方がいいでしょう。
 準備ができれば、何時でも声をかけてください。
 
 えぇと…」

そう言いながら、手帳型の魔導書……スマ本と呼ばれる、生徒に支給されている本を取り出し。
自身の連絡先を覚束ない操作で出して、あなたの方に見せる。

「たしか、この本である程度近くにいる方とであればいつでも連絡が取れるのですよね?
 僕の連絡先です、準備ができたら、連絡をしてください。


学園近くの山林 レクス - (2022/01/20 1:01:37)
>>PNo.468 ロロットへの返事
Iconレクス - PNo.714
「おお、これは……あ!すまほんという魔導具の機能ですね?
 へぇ、こんな事もできるのですか…!

 ちなみにこの文字は一体…?


どうやら青年はスマ本に慣れていないらしく、出された連絡先についてもよくわかっていなかったようで…

その後少し時間を借り、スマ本での連絡方法を教わったりするだろう。

Iconレクス - PNo.714
「こほん。なるほど……すみません、こういったものに慣れていなくて。

 今度試しに連絡してみますね。ロロットさんもぜひ、気兼ねなく連絡してください。

 では」

そう言って、彼はあなたに一礼するとそのまま去ってゆく……」


治安のよい街角 レクス - (2022/01/20 0:50:40)
>>PNo.579 つむぎへの返事
Iconレクス - PNo.714
「あぁ、いえ……」


少女の言葉に、返事を濁し。
少し考えるようにしてから、言葉を返すだろう。

「…僕の恩師が、その地にいまして。
 その関係で、5,6年ほどでしょうか…その付近で生活していたんです。

 なので、ある意味で第二の故郷のような場所、といいますか。
 思い入れのある土地なのですよ」

 


学園近くの山林 レクス - (2022/01/18 2:04:22)
>>PNo.579 つむぎへの返事
Iconレクス - PNo.714
「多少距離はありますが、構いませんよ。
 僕にとってはある意味里帰りのようなものですから。

 とはいえ、準備は必要でしょうね。
 馬車等の手配をしておきますので、遠出用の準備をお願いできますか?」


学園近くの山林 レクス - (2022/01/17 3:59:38)
>>PNo.579 つむぎへの返事
Iconレクス - PNo.714
「迷宮遺跡は都市の北門から迎えますが、馬車で3日ほどかかりますよ。
 それにあそこは危険……」


そう言いかけて一度考えるようにし。

Iconレクス - PNo.714
「いえ、強くなるというのであれば…
 迷宮遺跡に行ってみるのは良いかもしれませんね。

 危険を伴いますが、いってみますか?」


学園近くの山林 レクス - (2022/01/16 20:56:44)
>>PNo.468 ロロットへの返事
Iconレクス - PNo.714
「では僕が山の方へ入るときも気を付けましょう。
 ロロットさんもお気をつけてくださいね」

そう言って軽くお辞儀し。

Iconレクス - PNo.714
「まあた何か困った事があれば、声をかけさせていただきますね。
 ロロットさんも、何か困りごとがあれば気兼ねなく声をかけてください。
 
 騎士として、出来る限りの事を尽くしますよ」



治安のよい街角 レクス - (2022/01/16 1:43:35)
>>PNo.579 つむぎへの返事
Iconレクス - PNo.714
「スクァイアの花…あぁ、なるほど。
 あの花を探すとなると……洞窟等の奥に入らねばなりませんね。
 人の入れるような洞窟ですと、魔物の根城になっている事も多いので少々危険ですが……

 …あぁ、迷宮遺跡の方に確か生えていたでしょうか」

ふむ、と考えながら件の植物に関しての記憶を思い出してみる。
利用価値も高く、加工する事で防火具にされる事もある植物だ。
その希少性からも市場等に出回るときはかなりの値が付く代物であるが…




学園近くの山林 レクス - (2022/01/16 1:40:26)
次へ>>
--------------------------------------------------------
Twilog|Twitter|© 2021 loxia.
0