line1
PNo.954 八雲  
line3-2

line
ただのにぎやかし 
--------------------------------------------------------
>>PNo.953 恵佳への返事
Icon八雲 - PNo.954
「…うーん」
やや同情気味に女はクッキー籠を手渡した
Icon八雲 - PNo.954
「…よろしければ夜間の間自室をお貸ししましょうか?私基本居ませんし…」
ただかなり薄暗くてありもしない噂立てられてますがと女は小さく付け足した


探偵事務所出張所 八雲 - (2022/01/30 13:42:42)
>>PNo.953 恵佳への返事
Icon八雲 - PNo.954
「メモでも置いて時間指定とかできないんですか…?」


探偵事務所出張所 八雲 - (2022/01/30 10:42:30)
>>PNo.953 恵佳への返事
Icon八雲 - PNo.954
「…クッキー作りすぎたから貰ってくれな…い…?」
クッキーの入ったカゴを抱えた女が入ってくる。ふと足を止めて…天井に誰かいるのか…?と怪訝な顔で事務所の主を見やる。


探偵事務所出張所 八雲 - (2022/01/29 14:47:04)
(そういえば…バレンタインはプレゼントするお菓子によって意味変わるらしいわね…薔薇みたい…私もチョコ作ろうかな、渡す奴いないけど…)


マジッター 八雲 - (2022/01/27 15:30:42)
Icon八雲 - PNo.954
「話には聞いてたけれど来るのは初めてね…どこか空いている席は無いかしら…」

店内に杖を持った女が入ってくる。興味津々といった様子で店内を見渡している。


相席カフェ 八雲 - (2022/01/27 12:42:45)
Icon八雲 - PNo.954
「…生きてるだけで疲れるわぁ…」

ベッドに寝そべり溜息をつく女が一人。
傍に控える使い魔を撫でながら何か起きないかしらと呟いている。


薄暗い蜘蛛の部屋 八雲 - (2022/01/27 12:39:43)
(バレンタインって確か人名なのよね…)
チョコチップクッキーでも焼こうかしら🍪


マジッター 八雲 - (2022/01/27 12:35:23)
学内の片隅、陽の差さない廊下の突き当たり。空部屋に囲まれた最奥にあるその部屋はランタンに照らされ常に仄暗い雰囲気を纏っている。
雑多に積み重ねられた書籍の数々の中央にはダブルベッドが一つあるだけだという。
「お化けの出る部屋」「化蜘蛛が棲んでいる」毎日そんな噂が流れている。

ようこそお客人。化け蜘蛛の部屋へ
どなたでもご自由にお入りください


薄暗い蜘蛛の部屋 八雲 - (2022/01/23 23:33:05)
授業の準備しなきゃな…


マジッター 八雲 - (2022/01/23 23:22:31)
……調子にのってお菓子作りすぎたわね……


マジッター 八雲 - (2022/01/23 17:06:52)
次へ>>
--------------------------------------------------------
Twilog|Twitter|© 2021 loxia.
0