Secret Sphere
line1
ただのにぎやかし 
--------------------------------------------------------
虚の奈落
PNo.28 ネディア・ヴォイドウォーカー   >> 各種宣言
キャラクターイメージ プロフィール
愛称 ネディア
所属 魔術科 高等部
種族 人間
性別
外見年齢 16
名前:ネディア・ヴォイドウォーカー
種族:人間
性別:♂
学部:高等部
学科:魔術科
身長:172cm
体重:65kg
髪色:白
瞳色:紫
好き/得意:ノリのいいヤツ、勉強/努力
嫌い/苦手:性根の曲がったヤツ/嘘を吐く事
所属:同人魔導書作家サークル
執筆分野:『魔術の調律』※オリジナルスペルブック
『適性外への魔術への向き合い方』※エッセイ形式

「……大丈夫か?
 困ってる事があったら言いな。
 俺でよければ、手を貸すよ」

陽気で明るい高等部の生徒。魔術科所属。
剣の世界の農村出身。
家族とは文通を続けており、仲は良い。

家族構成は両親に加えて、妹が一人。
妹である、アイリーンの事は特に気にかけている。

「適性外だからこそ突き詰めてる。
 やれる事は、やれるだけやっておきたいんだ」

太陽のような本人の気質に反して、得意とする属性は闇。
理由については彼自身にも分からない様子で、問われる度に疑問符を浮かべている。

「俺にこんな辛気臭い魔法は似合わねえよ。
 魔法ってのは、もっと、こう……
 希望があって、笑顔になれるものじゃねえか?」

実用性に偏り切った執筆分野を持つ理由は、彼が自身の気質と適性の違いに、ある種のコンプレックスを抱えているため。
笑顔の裏で努力を重ね、自分らしい魔法を扱えるようになるために足掻いている。

よって、彼は人から教わったスペルには感謝と敬意の念を抱く。
自分にない物を持つ相手に対し、ネディアは目を輝かせ、肯定し、学ぶ姿勢を見せるだろう。

「契約に基づき、我が使い魔へ命じる。
 俺の声に応えろ……ゼニス!」

契約相手は意思を持つ大剣。
剣は己を「ゼニス」と名乗り、ネディアと行動を共にする。
性格はネディアと対照的で冷静沈着。
勢いのままに進み、窮地に陥る事もあるネディアに対して、戦術的な助言を与える事も。

ネディアが魔法を行使する時、大剣の刀身は分離し、内に隠れた杖としての姿を現す。
分離した刀身は自律兵器としての使用が可能な他、魔法を発射するための砲身としても活用できる。

『まったく……声が大きいな。
 叫ばなくても、ちゃんと聞こえてる。
 ───少し身体を借りるよ。ネディア』

戦闘において、ゼニスは時にネディアと主従を逆転し、一時的に彼の肉体を掌握する。
使い魔としての行動はこの際のものである。
その際、得物の刀身は再度合体し、本来の形態である大剣としての役割を果たす。

illusted by ましろ彩 様
[使い魔]
終滅剣『ゼニス』
正式名称:Blade of Ending -Zenith-
"終滅の意志"なる精神体を備えた大剣。
精神体は己を「ゼニス・ノエイン」と名乗る。

ゼニスの持つ魔力は特異性を備える。
その本来の性質は、既存のどの魔力にも該当しない。
魔法学園の法則の適用を避けるため、通常は変換装置を介して闇属性として運用する。

変換装置としての機能を要する物は二つ。
一つは終滅剣『ゼニス』そのもの。
そしてもう一つは……
[装備]
種類 装備名 射程 攻/防/HP 命/回/SP 備考
武器 オンスロートエッジ 1 200 50
防具 ヴォイドクローク - 30 70
装飾 オニキスライト - 600 40
[所持アイテム]
No. アイテム名 種類 強さ 備考
1 マジックキャンディ 食事 10 SPMSP↑
[習得スペル]
No スペル 消費 威力 命中 射程 タイミング
1 ショット 10 100 100 3 アクティブ
┗ショット 敵対:攻撃 射撃
2 シールド 10 100 - - カウンター
┗シールド 味対:【精盾】(1)を付与 防御補助

データ
目的目的 入学式
MHPMHP 1600 MSPMSP 140
MMPMMP 140 CPCP 3
攻撃力攻撃力 200 防御力防御力 130
命中力命中力 150 回避力回避力 170
素早さ素早さ 100 運命力運命力 100
魅力魅力 100
RANKRank C
TPTP 10 PPPP 0
SCSC 100
アイコン
01234
3
3
3
3
3
56789
3
3
3
3
3
1011121314
3
3
3
3
3
1516171819
3
3
3
3
3
202122
3
3
3
リンクリスト
CNo.12 作家達のアトリエ
頼む、誰か原稿手伝ってくれ
CNo.167 同人魔導書サークル部室
部室だな。いつも明るい、良い場所だ
CNo.375 星空の見える屋上
星空の闇が、俺を癒してくれる
CNo.42 食堂のいつもの席
いつもの溜まり場。居心地は悪くねえ
CNo.248 フェルゼン寮403号室【紫水晶の間】
俺とヴィヴリアとしぃちゃんの部屋
PL名:Re:AGE