Secret Sphere
line1
ただのにぎやかし 
--------------------------------------------------------
白い影の娘
PNo.76 アマニタ・アルプシェディア   >> 各種宣言
キャラクターイメージ プロフィール
愛称 アマニタ
所属 魔術科 高等部
種族 人間
性別
外見年齢 15
アマニタ・アルプシェディア(Amanita Alpshadia)

高等部の生徒。とある世界の北国に古くから住まう魔術師一族の娘。『白い影』の子らのひとり。
学園には、彼女の親の『よく魔術を習いなさい』という一存で送り出された。
なぜなら──アマニタは、一族の者達から『持たざる者』であると思われていたからだ。

深い輝きを湛えたアメジスト色の瞳は、憂鬱げに伏せられ誰かと視線を重ねることはない。
木の幹を思わせるかのようなブラウンのセミロングに、彼女の目と同じ紫色のインナーカラー。
身長は160cmと少し。日光を避けているのだろうか、魔術師らしい白い肌。
華奢ではあるものの、女性らしく整った体型をしている。

白いワイシャツ、茶色のコルセットの上から、金の刺繍を施した紺色のケープを羽織る。
胸元にさげられたループタイには、魔力の込められた紫の宝石があしらわれている。
黒無地のニーハイソックスに革のブーツ、赤いミニスカートと、全体的には学校指定の制服に近い。
所々緩めているのは、北国産まれの彼女にとって学園は少々暑いためらしい。

基本的には陰気、かつ名家の産まれであることを鼻にかけている様子を見せる。
神経質であり、自分の思い通りに物事が進まないと苛立ちを覚える節がある。
その割に、周囲で困っている人間、何かやらかしそうな人間を放っておくことができない。
学業に対しては、『魔術師らしく』真摯に取り組むつもりでいる。

研究者として既に実績を残している優秀な兄と姉、才気溢れる妹に挟まれている。
一方で、アマニタは先祖代々伝わる方式を用いた魔術の行使に対する適性を持たない。
そのこともあって、一族や家の者に対して複雑な感情を抱いているようだ。

甘い物が好き。お菓子作りも得意ではあるのだが、誰かに振る舞ったことはない。
また、動物や植物の世話をしたり愛でたりすることも特技であり趣味のひとつ。
魔術師にとっては読書は呼吸や食事に近いものだが、アマニタもその例に漏れない。
悩んだり落ち込んだりした時には、暗いところに一人で座っていることが多い。



置きレス多め、返信が遅くなることがあります。
何かありましたら@takami_floristまで。
[使い魔]
ブリント
[装備]
種類 装備名 射程 攻/防/HP 命/回/SP 備考
武器 『持たざる者』 3 157 50
防具 星空色のケープ - 40 60
装飾 紫のループタイ - 500 50
[所持アイテム]
No. アイテム名 種類 強さ 備考
1 マジックキャンディ 食事 10 SPMSP↑
[習得スペル]
No スペル 消費 威力 命中 射程 タイミング
1 ショット 10 100 100 3 アクティブ
┗ショット 敵対:攻撃 射撃
2 シールド 10 100 - - カウンター
┗シールド 味対:【精盾】(1)を付与 防御補助

データ
目的目的 入学式
MHPMHP 1500 MSPMSP 150
MMPMMP 150 CPCP 3
攻撃力攻撃力 200 防御力防御力 140
命中力命中力 150 回避力回避力 160
素早さ素早さ 100 運命力運命力 100
魅力魅力 100
RANKRank C
TPTP 10 PPPP 0
SCSC 100
アイコン
01234
3
3
3
3
3
56789
3
3
3
3
3
1011121314
3
3
3
3
3
1516171819
3
3
3
3
3
リンクリスト
PL名:タカミ