Seven Seas
-DAY51-

|
潜航日誌 diary message battle2 battle event status
ワカメ
--------------------------------------------------------
Icon ユリウシュ
「なー、フーちゃん。
よく知らねぇけど、この海もう閉まっちまうらしいぜ。」
Icon シャチ
「クァー」
Icon ユリウシュ
「結局お遍路とか、あんま出来てねぇな?!
なんつーか、マオウだの何だの立て続けに色々起きちまったしさ。」
Icon ユリウシュ
「まー、あれはあれで楽しかったのも事実だけどさ。
親父の所に居た頃にゃ、考えもしなかったことばっかりだったしよ。」
Icon シャチ
「カロロロロ……」
Icon ユリウシュ
「お、さてはフーちゃん、俺と同じことを考えてるな?
まだまだ『冒険し足りない』ってよ!」
Icon シャチ
「プァー」
Icon ユリウシュ
「ヘッヘッヘッ! ンなこともあろうかと思ってな。
出しといたぜ! 親父ンとこに、”もう少し帰りが遅くなる”っつう手紙をさ!」
Icon シャチ
「プァ!」
Icon ユリウシュ
「つーわけで、もう少しだけ冒険を続けるとすっか!
今度はもうちっとばかし、穏やかな海でよ!」
Icon ユリウシュ
「それに、ちょっとだけ……
その、寄っときたい所もあるしな……うん。」
Icon シャチ
「プァー」
Icon ユリウシュ
「いやいや、なんでもねぇさ!
ともかく行くぜ、フーちゃん! 最初の目的地は――」
Icon ユリウシュ
「…とりあえず、ドーンさんのトコに付いていってみっか。
後のこたァ、そん時に考えるってことでよ。」
Icon ユリウシュ
さあ行くぜ、フーちゃん! 出発だー!
Icon シャチ
クァァーー!!



海原を、小さなシャチが駆けて行く。
その背の上には、更に小さな少年が一人。

遠く海平線の彼方に消えても、二人の影はずっと一緒。
霞の彼方へと、共に消えて行くのであった。



                    ~おわり~
--------------------------------------------------------

|
パーティメッセージ
海老
--------------------------------------------------------
PNo.964 アズテア・ドーン
からのメッセージ:
Icon アズテア
「おつかれさまでした!」
Icon アズテア
「おつかれさまでした~」

PNo.1186 グランドレフト・ゲートキーパー
からのメッセージ:
Icon グランドレフト
「最後まで世話をかけてしまったな」

PNo.1244 ユリウシュ・ウゴリロトフ
からのメッセージ:
Icon ユリウシュ
「お疲れ、ドーンさん、ゲートキーパーさん。
長いようで短い間だったけど楽しかったぜ。」
Icon シャチ
「クァー!」
--------------------------------------------------------

|
メッセージ diary message battle2 battle event status
くらげ
--------------------------------------------------------
PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル
からのメッセージ:
Icon クロニカ
「おおー」
Icon クロニカ
「うん、また会おう。
 いろいろ話をしよう。たのしかったし。
 次ももっと楽しい」
Icon
Icon クロニカ
「ぷぁー」
Icon クロニカ
「かろろろろ」
Icon クロニカ
「くあぁー」

(シャチの声真似でもしてるのか。
 見送った。掌を振る。)

Icon クロニカ
「……うん、元気でな。だ。
 まああれだ、お互い勘違いとか難しい問題とか、
 色々あっても、なんとかどうにかなるようになるってことだな」

Icon クロニカ
「俺もそんな感じで頑張ろう。
 わかんないことがあっても、なんとかなるんだな」

(から、ちょっと黙り込んで。)

Icon クロニカ
「……おねーさんのねって、ニールネイルのネであってたのかな?」

(首を傾げた。)

PNo.500 銀鱗鉄牙のアウエラ
からのメッセージ:
Icon アウエラ
「――お前達か。探し人は見つかったか?」
Icon アウエラ
「俺の方は空振りだったうえに、俺の方でも人探しをしなければならなくなった。役立てずすまんな」
Icon アウエラ
「俺はこの海を去るが、お前達はどうする? ま、お前達ならどこでもやっていけそうだが」
Icon アウエラ
「兄妹仲良くな」

PNo.1020 イルヤ・ヘルム
からのメッセージ:
Icon イルヤ
「まったく・・今度という今度は、観念してもらうからね。」

イルヤは二人を居間に正座させてドッカと腰を据えると、存分にお説教を始めるのだった。

―――そして二時間後。


Icon ラビ
「あ、あの、姉ちゃん・・・そろそろ僕、足がしびれてきたんだけど・・あとお腹もすいて・・・」

Icon イルヤ
「まだ足りないわよこんなんじゃ。それにラビもユリウシュ君も晩御飯なんか抜きよ!抜き!!」

Icon ラビ
「そ、そんなあ・・・」

Icon ミオ
「い、イルヤさん、そろそろ許してあげてもいいんじゃ・・・」

Icon イルヤ
「ダメよミオちゃん!こういうのは一度たっぷりお灸を据えないと反省なんてしないんだから!」

Icon ラビ
「(クッ、このままじゃラチがあかない・・・せめて何か突破口を・・・ハッ!)ね、姉ちゃん、僕トイレ行きたいんだけど・・・あの、もう限界で・・・」

Icon ミオ
「イルヤさん、さすがにトイレは許してあげたほうが・・・」

Icon イルヤ
「・・・仕方ないわね。早く行ってきなさいっ。」

ようやくなんとか許しを得てトイレに行ったラビ。しかしなかなか戻ってこない・・・

Icon イルヤ
「ちょっと遅くない?もう、ラビったら何やって・・・」

Icon ラビ
あーー!!ナンダコレハーー!!

突然出てきたラビが両手で広げて見せたモノは、何やらピンクと黒の小さな薄い布・・・

Icon ピンクの下着
「それは、トイレと風呂場のすぐ傍にある洗濯カゴの中から持ってきた、イルヤの下着(お気に入りの一枚)であった。」

Icon イルヤ
「・・あっ!!えっ?!ちょ、えぇっ?!ちょっと何やってんのアンタ?!」

Icon ラビ
へー!姉ちゃん普段こんなぱんつ穿いてるんだー!!ピンクと黒だなんてえっちだなー!誰かに見せるのかなー!!あっ、こっちにブラジャーもあるぞ!!

Icon イルヤ
「・・・もうあんたのコトは分かったわ・・・。(その場で大きく息を吸う・・・)」

Icon イルヤ
もーぜっっっっったい許さない!!!待ちなさーーーい!!

猛ダッシュでラビを捕まえに走っていくイルヤ。それを見てラビはユリウシュに目配せをする。

Icon ラビ
「(今だユリウシュ!今のうちに逃げろ!!ここは僕が囮になるから!)」

部屋の中はイルヤの下着を掴んで走り回るラビと鬼のような形相でそれを捕まえようとするイルヤで、再び阿鼻叫喚の図になった。

Icon ミオ
「も~サイテー・・・何やってんのよラビ・・・」

今ならユリウシュも脱出することができるだろう。結局最後も、健全な少年たちの絆を結んだものは、健全な下心でしたとさ。

PNo.1663 ユニ("Juni")
からのメッセージ:
Icon ユニ
「……ふふっ」

少年が辿々しく伝えてくる甘酸っぱい台詞。
それは、順序が逆ではないかと、ユニは小さく苦笑してしまう。

そんなこと……もうわかりきっていることなのに。
でも、そんなわざわざ言葉で伝えてくるところも、なんだかとても可愛らしく思えて……
そんな彼のためになら、とユニの心は滾った。


いじらしく口吻をねだる少年の言葉が、終わるか終わらないかのうちに
天使は自らの唇で少年の唇を塞ぐ。
……ユニもあまり経験があるわけではない。ほとんど付け焼き刃のそれは
貪るように、というにはまだまだお行儀のよいものだったが……
それもまた、ユニらしいといえばらしいものだろう。

そのまま天使は少年をそっと押し倒し、密着したまま布団の海へと身体を横たえた。
繰り返し何度も、唇をあわせ、湿っぽい波音がお互いの耳をくすぐる。
それに呼応するように徐々にそれは熱を帯びたものへと変わっていった。


組み敷かれた少年は満足に声もあげられないまま、
ただ、経験したこともないような昂ぶりが――暴走する熱の塊が
行き着く先を探して、跨る天使の柔肌にその矛先を突きつけているのを感じていた。

……気にした少年の身体が逃げ出そうとするのを
天使はそっと押し留めるだろう。赤褐色の優しい瞳で少年の目を覗き込み、
その唇は『大丈夫』と囁いた。


――お互いがお互いを勘違いしたまま、二人の逢瀬は続く。

お互いにもうちょっぴりだけ、相手に正しく意思を伝えようとしていれば、
こうはならなかったのかもしれない。ただ、この事故のような顛末の
良し悪しを論じるのはもはや意味はなく、何故なら――

――

……もうそんなこと、二人には些末なことだろう。
--------------------------------------------------------

|
ボトルシップメッセージ
ワカメ
--------------------------------------------------------
メッセージはありません。
--------------------------------------------------------

|
参加コミュニティ
ワカメ
--------------------------------------------------------
コミュニティNo.428 【うちの子】貸し借りOKコミュ【よその子】
 で、0人の発言がありました。
コミュニティNo.855 !S H A R K !
 で、1人の発言がありました。
コミュニティNo.907 アナズトン工房
 で、2人の発言がありました。
コミュニティNo.1454 砂の中にいる
 で、2人の発言がありました。

コミュニティNo.907 アナズトン工房
 で、1件発言しました。
コミュニティNo.1082 パフェカ
 で、1件発言しました。
コミュニティNo.1454 砂の中にいる
 で、1件発言しました。
コミュニティNo.1659 海上拠点《エスカベーシュ》
 で、1件発言しました。
--------------------------------------------------------

|
イベント
ワカメ
--------------------------------------------------------
穏やかな海《セルリアン》
line

穏やかな波、暖かい水温。太陽の光を透かし、キラキラと輝く水中に、
光とともに舞うように鮮やかな熱帯魚達が珊瑚礁に集まる海域。

この世界唯一の海であるセルリアンは、
色々なところから集まってきたバカンス目的の観光客や、
冒険を終えた冒険者たちで賑わっている。

比較的凶暴な生物もいない、穏やかな、冬でも温暖の海である。

Icon ロザリアネット
「あら、あなたも《テラム》のバカンス希望の方?」


Icon ロザリアネット
「ようこそ、《テラム環境修復協会》へ」


Icon シュナイダー
「……何故俺はまだここに居るんだ……」


Icon ロザリアネット
「後処理のためですよ……ほら、さっさと仕事をしてください」






灼熱の火山《レッドバロン》
line

地表からボコボコと湧き上がるマグマと炎。
時折堰を切ったかのようにマグマが爆発し、
あちらこちらで火柱を立てている。

絶えない炎は海域一面を赤く染め、
この先へ進む者たちを焼き尽くさんとばかりに燃え盛っている。

冷えて固まったマグマは複雑な道を描き、
その犠牲となった者の数も少なくない。

Icon イフリート
「……暇だな」


Icon イフリート
「……」


Icon イフリート
「……暇だ」


Icon イフリートの炎
「ボッボッ」






遺跡地帯《アトランド》
line

かつて――巨大な都市のあった場所、アトランド。
様々な建造物があちらこちらに密集している。
それらのほとんどが海藻に覆われており、建造物のところどころから、様々な色のほのかな光が漏れている。

その光は、スキルストーンによる発光なのか、
それとも原生生物によるものなのか、
はたまた――かつて存在していた古代人の文明によるものなのだろうか――

Icon 竜の少女
「勇者様ー! 待って!」


Icon 竜の勇者
「さっさと来い! 人間に戻れたんだ、本来の目的に戻るぞ!」


Icon 野生の女
「ウホッ! ウホッ!」


Icon カスミ
「シーラ……まだ戻らないの? ……ま、良いけどさ」






嵐の地域《ストームレイン》
line

嵐と雷が吹き荒れる場所、ストームレイン。
油断すれば、上下左右もわからなくなるほどの竜巻に巻き込まれる。

このテラムで、大なり小なり旅をした者ならば、
恐らく口をそろえて言うだろう。

【ストームレインには近づくな――】

その言葉を裏付けるかのように、嵐の根本――
ストームレインの目と言える場所には、船の残骸や動物の死骸が眠っている。
最早財宝等といったものもなく、嵐の音以外は静かだ――

Icon エアブラスター
「……シュコー、シュコー。海賊、殺す」


Icon ガルガンボルグ
「なんだお前!? くそ! ここはどこだ! マリィローズ……必ず俺のモノにしてやるぞ!」


Icon マリィローズ
「あんたいつまで追ってくんの!?」


Icon 元海賊航海士
「海の底まで……」


Icon 元海賊船医
「まあ私ら海賊やめましたけどね」






太陽が解放された場所《サンセットオーシャン》
line

そこは昼夜も関係なく、どこまでも黄金色に光り輝き、熱気漂う常夏のような海域。

だったのは少し前まで。
今はもう、ただの草原――。
太陽の恵みを受けた青々とした草が、木が、花が生い茂っている。
ゆっくりするにはとてもいい場所だ――

Icon アルシエル
「いやあ、いい天気だなあ」


Icon アルシエル
「……バカンスの期間は終わったし、どこか別の場所にでも行くかな?」


Icon アルシエル
「どこかで戦争でもしてないかな――そしたら飛んでいくのに」






月の眠る場所《シルバームーン》
line

深い闇夜が広がっている。
上下もわからなくなりそうな暗い地域だが、
シルバームーンと呼ばれるに値する柔らかな銀の月光が、
行く道を時折照らし出している。

月は安らかに、穏やかに浮かんでいる――

Icon ???
「ふん、シュテルンめ、余計なことを……」


Icon ???
「仕方がありませんわ、あの子はまだ子供ですもの……」


Icon ???
「うむ……。まあ良いだろう。姫との約束は生きておる――我が目的は達成された」


Icon ???
「この世界の魔王を解放し、海に覆われた世界を元の世界へと戻す――探索者たちはよく働いてくれたな」


Icon ???
「次はどんな世界に行くか――」






星の集う場所《ディーププラネット》
line

深海の宇宙……いつからか、そう呼ばれていた場所。
静かで暗く、不気味で、果てがないかのような錯覚さえ覚えるかもしれない。
他の海域と違い、その浮力さえもまるで宇宙にいるかのごとく、ひとかきすれば遠くまで進んでいきそうだ。

ここは死者――星の集う場所。

Icon ナナリア
「探索者の皆さま、そして探索協会会長……感謝します――」


Icon ナナリア
「テラムは、この世界は救われました」


Icon ナナリア
「母も、そして父も喜んでいるでしょう……」


Icon ナナリア
「私も、ようやく眠れる――」


Icon ナナリア
「皆さま、本当にありがとうございました――」









大地を取り戻した世界《テラム》
line

世界は平和と大地を取り戻しました。
環境が安定するのはまだまだ先のことですが、
ひとまず、Seven Seasのお話はおしまいです。

次のお話は、またいずれ――










これにてSeven Seasは終了となります。

皆さま、遊んでいただきありがとうございました!
--------------------------------------------------------

|
diary message battle2 battle event status
蟹
--------------------------------------------------------

ユリウシュは器用を訓練した。
ユリウシュは敏捷を訓練した。
ユリウシュは器用を訓練しようとしたが、EXPが足りなかった。
ユリウシュは敏捷を訓練しようとしたが、EXPが足りなかった。
ユリウシュは体力を訓練しようとしたが、EXPが足りなかった。
ユリウシュは体力を訓練しようとしたが、EXPが足りなかった。
ユリウシュは敏捷を訓練しようとしたが、EXPが足りなかった。
ユリウシュは精神を訓練しようとしたが、EXPが足りなかった。
ユリウシュは魔力を訓練しようとしたが、EXPが足りなかった。
ユリウシュは魔力を訓練しようとしたが、EXPが足りなかった。

EXPを245ポイント入手した。
TPを5ポイント入手した。

line
--------------------------------------------------------


|
目的の決定
ワカメ
--------------------------------------------------------

目的の決定
line

PNo.964 アズテア
は目的:パーティメンバーに任せるを選択!

PNo.1186 グランドレフト
は目的:パーティメンバーに任せるを選択!

PNo.1244 ユリウシュ
は目的:魔王を倒すを選択!


目的:魔王を倒す☆14(1)に決定!

--------------------------------------------------------

|
次回練習戦闘予告
ワカメ
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------

|
探索者の叫び
ワカメ
--------------------------------------------------------
探索者の声が聞こえてくる……!


Icon ???
「うおーーっ!!さらば私の海ぃーーーーーっ!!!!」
--------------------------------------------------------

|
???
ワカメ
--------------------------------------------------------
ユリウシュは義妹と二人、お遍路の旅の続きへ

Icon ユリウシュ
あばよテリメイン! 楽しかったぜ!
Icon シャチ
クァァー!

--------------------------------------------------------

line1
diary message battle2 battle event status
ワカメ
PNo.1244 ユリウシュ・ウゴリロトフ  >> 各種宣言 <<
キャラクターイメージ プロフィール
愛称 ユリウシュ
種族 人間
性別
外見年齢 13歳
シャチの背に乗る少年。
身長145cm程度。

◆来歴
ごく最近、父親が未亡人シャチと再婚した。
子宝に恵まれず悩む両親のため、
彼は義妹シャチと共に、七つの海を巡るお遍路の旅に出る。

◆シャチについて
名前はフカヒレ丸。
未亡人シャチの連れ子シャチ。
体長約3mの女の子。
ユリウシュにとっては義理の妹にあたり、
ユリウシュにとても懐いている。
男児を望んだ実父シャチによって男性名を付けられており、
現在でも時折り雄っぽい声で鳴く。

◆父親について
父親はダウンタウンを縄張りとするマフィアの元構成員。
親分直属の鉄砲玉として日夜血と汗と涙を流す、
ごくごく真面目なアウトローであった。

しかしある日、大きな転機が訪れる。
仇討ちのため押し入ったマフィア屋敷にて行方不明となり、
発見された彼は流線形しか愛せない身体となっていたのだ。

父親はマフィアを退職し、訝しむ息子を連れて大海へ向う。
そして彼は未亡人シャチと出会い、運命の大恋愛に落ちたのであった。

もっとも、息子のユリウシュにはたまったものでは無い。
訳も分からぬまま連れて来られ、そこは何も無い大海原。
父親が話す何もかもが、全くもって理解できない。
緊張と不安の日々が、彼の心を締め付けた。

だが、ユリウシュにも救いは残されていた。
父親は酒に酔って暴力を振るうことは無くなったし、
何より義妹シャチはユリウシュにとても懐いてくれている。

果ての無い大海原で、ただ一つ護るべき者を、
ユリウシュは強く認めるのであった。

--------------------------------------------------------

素敵なアイコンとプロフ絵はEno.488のPLさんより頂きました!
とてもカッコ良い戦闘演出イラストは、Eno.1841さんの掲示板記事にて頂きました!
[所持アイテム]
No. アイテム名 種類 強さ 備考
1 捕鯨銃 武器 53 攻撃力強化
42
命中力強化
1
┗ボウガン 射程3 物命中↓
2 フカヒレ丸 防具 53
装備中 防御力強化
43
┗水着
3 お化けシーガーリック 料理 5
使用アイテム
4 セイレーンの涙 料理 5
使用アイテム
5 お化けシーガーリック 料理 5
使用アイテム
6 SS:【アイテム購入枠10】 常駐 2
7 SS:【訓練枠10】 常駐 2
8 ゴーグル 装飾 53
装備中 命中力強化
43
┗ゴーグル 物命中↑ 魔命中↑ 魔回避↓
9 スラッシュ SS 0
敵:物理攻撃
10 渦属性 TG 0
【戦闘開始前】渦属性増
11 エレクトロショック SS 3
味:HP・状態異常深度回復
12
13
14 SS:【MSP+100】 常駐 3
15 効果増 TG 2
SS:威力増
16 SS:【スキル改造枠12】 常駐 4
17 SS:【スキルスロット増加(7)】 常駐 4
18 ダブルアタック SS 0
敵2:物理攻撃
19
20 【自SP○%以下】 TG 0
【使用条件】
21 ボウガン 武器 41
装備中 命中力強化
31
┗ボウガン 射程3 物命中↓
22
23
24
25
26
27
28
29
30
[習得スキル]
No スキル SHP SMP SSP 属性 Slot 射程 【使用条件】
1 スラッシュ 0 0 3 3 +0 自SP50%以上
┗スラッシュ 敵:物理攻撃
2 ブレス 0 10 0 3 - 味SP50%以下
┗ブレス 味:SP回復
3 バタフライ 0 0 3 3 - 自HP50%以下
┗バタフライ 自:(1T)回避・魔回避増
4 ドレイン 0 20 0 3 4 自HP50%以下
┗ドレイン 敵:物魔吸収攻撃
5 ウォークライ 0 0 5 3 - 1行動目
┗ウォークライ 自:物攻・物防増
6
7 エアロシュート 0 10 5 3 +2 自SP50%以上
┗エアロシュート 敵:物魔攻撃
8 ドレイン 0 20 0 3 4 自HP50%以下
┗ドレイン 敵:物魔吸収攻撃
9 リフレッシュ 0 10 0 3 - 味状態異常時
┗リフレッシュ 味:異常回復
10 ブレス 0 10 0 3 - 味SP50%以下
┗ブレス 味:SP回復
11
12 ガード 0 0 1 3 - 自HP50%以下
┗ガード 自:(1T)被ダメージ減
13 ダブルアタック 0 0 4 3 +0 自SP50%以上
┗ダブルアタック 敵2:物理攻撃
14 ガード 0 0 1 3 - 自HP50%以下
┗ガード 自:(1T)被ダメージ減
15 ジェリーフィッシング 0 15 1 3 4 自SP50%以上
┗ジェリーフィッシング 敵:魔導攻撃⇒麻痺
16 バタフライ 0 0 3 3 - 自HP50%以下
┗バタフライ 自:(1T)回避・魔回避増
17 鯨撃ち 0 75 30 7 +2 自SP○%以上
┗ヘビーショット 敵:射撃物理攻撃
  ┗【自SP○%以上】 【使用条件】
  ┗追加攻撃 SS:敵:攻撃
  ┗効果増 SS:威力増
  ┗狙撃 【攻撃限定】SS:対応する命中力の一部を攻撃力に転換
  ┗渦属性 【戦闘開始前】渦属性増
  ┗渦付与 SS:渦属性付与
  ┗生命 【戦闘開始前】MHP増
18 シュート 0 0 5 3 +2 自SP50%以上
┗シュート 敵:物理攻撃
19 ダブルアタック 0 0 4 3 +0 自SP50%以上
┗ダブルアタック 敵2:物理攻撃
20 スラッシュ 0 0 3 3 +0 自SP50%以上
┗スラッシュ 敵:物理攻撃
21 ブレスケア 0 20 0 3 - 味SP50%以下
┗ブレスケア 味:HP回復・SP回復
22 バンシークライ 0 0 5 3 - 1行動目
┗バンシークライ 敵全:恐怖
23 死に物狂いを見せてやる 0 85 45 9 - 戦闘離脱前※
┗インシュアランス 自:HP回復
  ┗渦付与 SS:渦属性付与
  ┗渦属性 【戦闘開始前】渦属性増
  ┗魔導回復 【行動開始前】MP回復
  ┗生命 【戦闘開始前】MHP増
  ┗命中 【戦闘開始前】物命中・魔命中増
  ┗命中 【戦闘開始前】物命中・魔命中増
  ┗効果増 SS:威力増
  ┗回避 【戦闘開始前】物回避・魔回避増
  ┗回避 【戦闘開始前】物回避・魔回避増
24 クロール 0 0 5 3 - 1行動目
┗クロール 自:素早さ増
25 ブレスケア 0 20 0 3 - 味SP50%以下
┗ブレスケア 味:HP回復・SP回復
26 リフレッシュ 0 10 0 3 - 味状態異常時
┗リフレッシュ 味:異常回復
27 スイムアップ 0 10 0 3 - 1行動目
┗スイムアップ 味:物回避・魔回避・素早さ増
28 ダブルアタック 0 0 4 3 +0 自SP50%以上
┗ダブルアタック 敵2:物理攻撃
29 深海のハリネズミ 0 125 20 7 +0 敵○人以上
┗アローレイン 敵全:射撃物理攻撃
  ┗【敵○人以上】 【使用条件】
  ┗効果増 SS:威力増
  ┗狙撃 【攻撃限定】SS:対応する命中力の一部を攻撃力に転換
  ┗渦属性 【戦闘開始前】渦属性増
  ┗渦属性 【戦闘開始前】渦属性増
  ┗渦付与 SS:渦属性付与
  ┗回避 【戦闘開始前】物回避・魔回避増
30 ガード 0 20 81 10 - 敵必殺技前※
┗ガード 自:(1T)被ダメージ減
  ┗【敵必殺技前】 【使用条件】/自動発動(※1回のみ)
  ┗回避 【戦闘開始前】物回避・魔回避増
  ┗空気 【戦闘開始前】MSP増
  ┗空気 【戦闘開始前】MSP増
  ┗空気 【戦闘開始前】MSP増
  ┗空気 【戦闘開始前】MSP増
  ┗空気 【戦闘開始前】MSP増
  ┗空気 【戦闘開始前】MSP増
  ┗空気 【戦闘開始前】MSP増
  ┗効果増 SS:威力増
31 ドルフィンキック 0 0 7 3 +0 自SP50%以上
┗ドルフィンキック 敵:物理攻撃⇒自:(1T)物回避・魔回避増
32 打ちて寄せる鯱海嘯 0 195 20 10 +0 敵○人以上
┗アローレイン 敵全:射撃物理攻撃
  ┗【敵○人以上】 【使用条件】
  ┗渦付与 SS:渦属性付与
  ┗渦属性 【戦闘開始前】渦属性増
  ┗渦属性 【戦闘開始前】渦属性増
  ┗渦属性 【戦闘開始前】渦属性増
  ┗狙撃 【攻撃限定】SS:対応する命中力の一部を攻撃力に転換
  ┗魔導転換 【物理限定】SS:魔攻力の一部を物攻力に転換
  ┗効果増 SS:威力増
  ┗効果増 SS:威力増
  ┗渦属性 【戦闘開始前】渦属性増
33 ワイルドブレス 0 25 65 10 - 自SP○%以下
┗ワイルドブレス 味3:SP回復
  ┗渦付与 SS:渦属性付与
  ┗渦属性 【戦闘開始前】渦属性増
  ┗物攻 【戦闘開始前】物理攻撃力増
  ┗物攻 【戦闘開始前】物理攻撃力増
  ┗命中 【戦闘開始前】物命中・魔命中増
  ┗生命 【戦闘開始前】MHP増
  ┗生命 【戦闘開始前】MHP増
  ┗命中 【戦闘開始前】物命中・魔命中増
  ┗【自SP○%以下】 【使用条件】
  ┗効果増 SS:威力増
34 トリプルシュート 200 245 35 9 4 敵○人以上
┗トリプルシュート 敵3:物理攻撃
  ┗【敵○人以上】 【使用条件】
  ┗狙撃 【攻撃限定】SS:対応する命中力の一部を攻撃力に転換
  ┗効果増 SS:威力増
  ┗連続化 SS:威力半減・連続化
  ┗拡散 SS:威力半減・全体化
  ┗渦付与 SS:渦属性付与
  ┗回避 【戦闘開始前】物回避・魔回避増
  ┗魔導転換 【物理限定】SS:魔攻力の一部を物攻力に転換
  ┗効果増 SS:威力増
35 シャチ大興奮! 0 100 80 10 - 1行動目
┗スーパーキャビテーション 自:物回避・魔回避・素早さ増
  ┗物攻 【戦闘開始前】物理攻撃力増
  ┗物攻 【戦闘開始前】物理攻撃力増
  ┗命中 【戦闘開始前】物命中・魔命中増
  ┗命中 【戦闘開始前】物命中・魔命中増
  ┗魔導回復 【行動開始前】MP回復
  ┗生命 【戦闘開始前】MHP増
  ┗生命 【戦闘開始前】MHP増
  ┗効果増 SS:威力増
  ┗生命 【戦闘開始前】MHP増
  ┗効果増 SS:威力増
36 フリップターン 0 160 50 7 +1 攻撃回避時
┗フリップターン 敵:射撃物理攻撃
  ┗狙撃 【攻撃限定】SS:対応する命中力の一部を攻撃力に転換
  ┗効果増 SS:威力増
  ┗効果増 SS:威力増
  ┗効果増 SS:威力増
  ┗魔導転換 【物理限定】SS:魔攻力の一部を物攻力に転換
  ┗回避 【戦闘開始前】物回避・魔回避増
  ┗回避 【戦闘開始前】物回避・魔回避増
37 シャングリラ 50 355 55 10 - 24行動毎
┗シャングリラ 味全:(1T)物攻・魔攻・物命・魔命・物防・魔防・物回・魔回増 / 条件変更不可
  ┗物攻 【戦闘開始前】物理攻撃力増
  ┗物攻 【戦闘開始前】物理攻撃力増
  ┗命中 【戦闘開始前】物命中・魔命中増
  ┗生命 【戦闘開始前】MHP増
  ┗魔導回復 【行動開始前】MP回復
  ┗集約 SS:範囲を単体に・単体時威力増
  ┗効果増 SS:威力増
  ┗物攻 【戦闘開始前】物理攻撃力増
  ┗回避 【戦闘開始前】物回避・魔回避増
  ┗回避 【戦闘開始前】物回避・魔回避増

データ
目的 お遍路の旅の続きへ
MHP 43702
MMP 6733
MSP 350 SP あり
体力 1494 魔力 695
敏捷 2216 精神 1291
器用 2744
PLV 90511
EXP 294 TP 3932
SC 29120
パーティメンバー
PNo.964 アズテア
1244
1244
1244
PNo.1186 グランドレフト
アイコン
0 1 2 3 4
1244
1244
1244
1244
1244
5 6 7 8 9
1244
1244
1244
1244
1244
10 11 12 13 14
1244
1244
1244
1244
1244
15 16 17 18 19
1244
1244
1244
1244
1244
リンクリスト
PNo.964 アズテア・ドーン
PNo.1186 グランドレフト・ゲートキーパー
CNo.428 【うちの子】貸し借りOKコミュ【よその子】
PL名:ボノ