Seven Seas
-DAY10-

|
潜航日誌 diary message battle2 battle event status
ワカメ
--------------------------------------------------------
不思議なカード
ビンに詰まった魚 調べたらあんこう? に似ているらしい これどうやって入ったんだ 可哀想だからビンごと海に返してやった
海流調査の紙
紫色のかわいい花

今度の探索はうまくいったので血をもらえた
やったー がんばった ちょっとは元気が出た
この調子でがんばろう



Icon



「それ、なんの本だ?」

 突然声を掛けられるとは思わなかったのだろうか。青年は言葉を失った様子でクロニカを見返して、何度も目を瞬いた。

 仮宿を移したと言ってかもめ亭に来ることを辞めたわけではなかった。無償の宿は当然便利で有難いし、ずっとそこに世話になるのもクロニカとしては悪くなかったが、ディドからはどこか不服そうな気配を感じられたし、今まで何度も世話になったこの海の家をクロニカは気に入っていた。
 料理のメニューも、バリエーションは決して多くないが幸いまだ飽きが来ていない。裏メニューが存在することも最近知った。

 それはそれとして、クロニカは今日もフランクフルトと、あとは今日は、かき氷。海の色みたいなブルーハワイ。きれいな色でよく頼む。あとサイケデリックな色ではない、通常のオレンジジュース。
 一式を抱えて青年の隣に座ると、身を乗り出して彼が広げていた分厚い本を覗き込んだ。

「……物語じゃあない」
「……そりゃな。こんなとこでわざわざ物語読むヤツ、珍しいんじゃないのか」
「そうか?」

 顔のすぐ下からクロニカに見上げられて青年は、そうだ、と答えて軽く背伸びをした。床に手をついて一歩下がる。
 その動作をぼんやりと眺めてから、クロニカは机に食べ物を広げた。冷めてしまうフランクフルトと溶けてしまうかき氷のどちらから食べるか、少し悩んでからフランクフルトを手に取る。

「別に、こういうとこで物語を読んでいても、悪くないと思うけど」
「悪くはないだろうけど、嵩張るだろ。荷物として持ち込むヤツがそもそも少ない」
「……ここに住んでる人たちから借りたとか」
「まーそれなら有り得なくはないな」
「ほら」
「でも多くはないだろ」
「んー」

 それもそうか。まくまくとフランクフルトを頬張りながら順当に納得する。
 この家のメニューで一番肉っぽさが強いので、クロニカはフランクフルトが好きだった。ディドは肉が嫌いというか、食べられないというか、食べたくないらしいので、勧めても断られるのだが。血を作るのに肉を食べるのはよいと聞くので、できれば食べてほしいと思う。渋るくらいなら。

「あんたも探索者だろ? ……あれか、金目的?」
「ん。金目的は、えーと、ディドが」
「ディド?」
「雇い主」
「……雇い主?」
「ん。……うん」

 頷いて口の端についたケチャップを拭う。
 青年はぽかんとした顔をしていた。

「……探索者って、それだけで結構稼げないか? わざわざ雇い主とか要るのか?」
「……そうなのか?」
「だから探索者がこんなに来てるんだろ……」
「んー。そうなのか」

 相槌を打ちながらふとかき氷を見ると、随分と汗をかいてしまっていた。手元のフランクフルトと見比べて、少し考え込んだ後かき氷を手に取る。優先順位優先順位。

「でも、金稼いでも、血はなかなか買える気しないし」
「……血?」
「血」

 ブルーハワイの青を眺めながら、イカの血は青かったな、などとぼんやり思い返していた。二度ほど相対した記憶がある。自傷癖のイカ。自信家のイカ。なかなか強烈な相手でよく覚えている。
 隣の青年は目を丸くしてクロニカを見下ろしていて、なぜだか驚かれてばかりだと内心首を捻った。自分はそんなにおかしなことを言っているだろうか。

「……えーと、吸血鬼の方?」
「違う。……吸血鬼ハンターとかの方?」
「いや違うけど」

 首を振られた。よかった。
 吸血鬼を狩る生業の存在は何度か小耳に挟んだことがある。自分は吸血鬼ではないが、今は時折血を啜る身である。誤認で狩られてはたまったものではなかった。
 角もあるしなぁ、血を吸ってて鬼っぽかったら吸血鬼扱いされたりするのかなぁ、などと、そう深刻に心配したことはないが。

「じゃあなんで血なんて飲むんだ……。メシ食ってるし」
「? そりゃメシ食べないとお腹すくぞ」
「う、うーんそうか……」

 何を当たり前のことを。首を傾げたが青年は腑に落ちない顔をしていた。
 どう説明したものかしゃくしゃくとかき氷を口に運びながらクロニカは思案した。おかしな説明をすると逆に突っ込まれることをディドでさんざん学習させられている。この青年から血をもらったところで恐らく意味はないから別に納得させられなくても困りはしないが。

 昨日の探索では十全に役割を果たしたと胸を張れる結果だったので、クロニカは宣言通りディドから血の提供を受けていた。
 その度不服そうな気配を漂わせるのは、クロニカの説明に納得していないからだ。納得していないが妥協はしている。そういった感触を受ける。
 どこかでズレがある。のは、間違いないと思う。かと言ってそれを埋め合わせる手段をクロニカは知らない。全てを打ち明けてしまえば納得されるのだろうか。しかし、クロニカも全ては覚えていないのだ。
 断片的な記憶と認識で、結局納得させられないのであれば、言いたいこと、言ってもいいことだけ伝えているのと大差はないのではないだろうか。都合の良い考え方に関しては自覚しているが、なにせ嫌なことはしたくないし、言うなと言われたことを言いたくない。それだけの話だった。

「血は、必要だから貰ってる。雇ってくれて、何をすればいいか教えてくれて、血と金をくれる人がいるから、助かってる。雇われてる。……そんな感じ」
「そっか。まあ別にいいけ……うわっ」
「ん?」

 また驚かれた。
 青年を見返すと、それ、と引き気味の顔で指をさされ。

「……口。ていうか舌? すごい色になってんぞ」
「?」

 言われたところで自分の口が自分で見られるはずもない。
 べと舌を出したところでそれは同じで、クロニカは暫しの思案ののち、まあいいやと諦めて再びかき氷を口に含んだ。

「かき氷は仕方ない。色が付く」
「へえ……」
「一気に食べると頭がキーンとなるから、それは仕方なくないから、気をつけたほうが多分いい」
「そうかい」
--------------------------------------------------------

|
パーティメッセージ
ヤドカリ
--------------------------------------------------------
PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル
からのメッセージ:
Icon クロニカ
「……なんで前回窘められた?」

PNo.201 ディド=パシャ
からのメッセージ:
Icon ディド
「…」
--------------------------------------------------------

|
メッセージ diary message battle2 battle event status
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.63 ぽち
にメッセージを送った。

PNo.66 シンテツ・ウナミ
にメッセージを送った。

PNo.71 迷探艇エルキュール&ポワロ
にメッセージを送った。

PNo.137 マリン
にメッセージを送った。

PNo.239 レイルーム・ミルラ
にメッセージを送った。

PNo.465 イグニス=ファタス
にメッセージを送った。

PNo.509 シーベッド・ウォーカー
にメッセージを送った。

PNo.735 サフィル・ド・シャニィ
にメッセージを送った。

PNo.964 アズテア・ドーン
にメッセージを送った。

PNo.988 キィス・アトリー
にメッセージを送った。

PNo.1165 クラック
にメッセージを送った。

PNo.1310 WHO-L
にメッセージを送った。

PNo.1359 アルトリウス=ペンドラゴン
にメッセージを送った。

PNo.1454 ガーデン・イール
にメッセージを送った。

PNo.1515 パティ・メルルル
にメッセージを送った。



PNo.65 メル=シィ
からのメッセージ:
Icon ひつじ
「メッシ」

食べ方にこだわりはない…というよりはどうやらそういった一般常識に欠けているようで、生のまま丸かじりしたことについては無反応です。

Icon ひつじ
「ンメッ、ンメッ?」

左右にぱたぱたとせわしなく動き回り、「どうなの?どうなの?」といわんばかりに興味深々のようすであなたのようす反応を窺っています。

PNo.76 ノクティルカ
からのメッセージ:
Icon ルカ
「ほしと思ったらほし」
[少し考え込み、もごもごと喋っている]
Icon ルカ
「ぼくが星って思うものはなんだろ……ぼくはこの形を星だと思ってて、でも違うかもしれないから、ぼくにとってこの形は星じゃないのかもしれない?」

Icon ルカ
「やくめ」
[役目の意味がわからないようで首を傾げていたが、石を見せてもらうとわぁ、と覗き込んだ]
Icon ルカ
「きれいだね。青い。海の色といっしょ」
Icon ルカ
「なくしちゃだめなのが、きみの大事なんだ……だれかに言われたの?きみのともだち?」

PNo.164 水の精霊『ディーネ』
からのメッセージ:
Icon 『・・・・・・』
ふわふわの小さな羽根を優しくつまみ、眺めている
Icon ディーネ
「また、あなたからのボトルシップメッセージが届きました」
「不思議な縁がありますね。そういえば、自己紹介がまだでしたね」
「私の名前は『ディーネ』」
「水の精霊と呼ばれる種族だそうです」」
Icon ディーネ
「強い生命力、精気、意志。そして、欲に満ちた者の『血』・・・・・・」
「『欲』に満ちたものの血を求めるのであれば、気をつけてくださいね」

Icon ディーネ
「ところでまだあなたの名前は?」
「そしてなんで美味しくないのに血を求めるのでしょうか?」

(何故か『まずい』という言葉が気になったようだ)

PNo.178 ネリー・イクタ
からのメッセージ:
Icon ネリー・イクタはボトルを見つけた……

Icon ……迷うことなく飲み干した!
彼女は常にハラペコだ!

PNo.201 ディド=パシャ
からのメッセージ:
 あなたの『怒っているか』という問いに、ディドは苛立つように眉根を寄せた。

Icon ディド
「……だったらどうした?」
Icon ディド
「与えられたものを享受し、求められた役割をこなし、褒められていれば幸せだろうよ。だが、使えなくなれば捨てられるだけだ」
Icon ディド
「応えられない人間は放逐され、死んでいくだけだ。屍の上に構築された仕組みからは腐臭がする。…当然の道理だろう」
Icon ディド
「反吐が出る」

言い放った後、ディドはあなたの問いには答えず、その場を立ち去ろうとする。

PNo.488 水底の亡霊
からのメッセージ:
Icon 『フィリア』
「……」

青年が自ら飛び込んで来たのか、それとも霊が青年を引き寄せたのかは分かりません。
ただ事実として、冷たい霊の体は青年の腕の中にありました。
空虚な瞳は、間近にある青年の美しい顔をぼんやり見つめています。



Icon 『フィリア』
「……♪」

ふと口元が緩やかに弧を描きました。

霊は青年の赤い瞳を熱心に見つめながら、ふわふわと口を動かします。

Icon 『フィリア』
「―――。
――――…―――――――、――…」




PNo.528 サラサ・ソーラ
からのメッセージ:
Icon サラサ
「私の里は独自の文化を持っている。祖先達が編み出した技術とかな。」
Icon サラサ
「それを悪用されることを危惧して他の種族と交わることをよしとしないものが多いのだ。書物に書いてあったが「サコク」ということをしているらしい。」
Icon サラサ
「私自身は他の知識を知ることが出来るからそういうことはあまりしたくないのだがな。」

PNo.557 ナダル・コリエンテ
からのメッセージ:
Icon ナダル
「へー、おれも家族っていうか親戚みんなと一緒に過ごしてきたぜ!」
Icon ナダル
「いや、お前が家族と姿が違うって言った時に、なんか表情が沈んでた気がしたからさ。
ところでその『わい』ってなんなんだ?」

PNo.645 ヴィンセント・イドール
からのメッセージ:
Icon ヴィンス
「したいと思う・・・かあ。お嬢ちゃんは偉いよ。
 俺は今、ちょっとしんどいかな。うん、しんどい。」
Icon ヴィンス
「でもまあそうも言ってられないし、役に立つ面もあるのは事実だしね。」
Icon (にっと笑った。多少やせ我慢は含まれるかもしれないが、少なくとも笑顔は戻ったようだ)

PNo.740 オレガノ
からのメッセージ:
Icon オレガノ
「塩? 本当に塩?[舐めてみる]
……本当に塩だ。てっきりアブナイ薬か何かだと。」
Icon オレガノ
「[自嘲気味に笑い]……たぶん避けられてないと思うけど、変なやつが来たらこれを撒くことにするよ。目を狙って。」
Icon オレガノ
「うーん……。その角や模様、長い耳だよ。そんな長い耳を持ってる奴は角を持ってなかったし、そんな角を持っている奴は耳はそんなふうに長くなかった。」
Icon オレガノ
「あと性格もね。魔除けになるからって塩を瓶に入れて流すなんて。誰が拾うかわかりもしないのに。」

PNo.912 ドリスルーブラ・メルゴモルス
からのメッセージ:
Icon ドリス
「気にならないと言ったら嘘になるわね。
 誰彼構わず話しかける程、無節操じゃないだけよ」
Icon ドリス
「アナタの好奇心は、評価してあげてもいいけどね。
 そういうのも時には大事だから。
 でも、礼節は弁えるべきね」
Icon ドリス
「この海は特殊でしょう。
 道具でカバーできるところはすべきだし、備えているだけよ。
(伸ばされかけた手が止まる。クロニカの顔を見返した。)」
Icon ドリス
「……アナタはどう思うの? クロニカ」

PNo.927 ミカンテ
からのメッセージ:
Icon ミカンテ
「…」
(頬を触られる覚悟で待機している)

そして、首筋に抱きつかれる。

Icon ミカンテ
「⁉」
<はわっ! ちょ、ちょっと…!?>
Icon

<…くびすじ…は…だめ…>

Icon
<?……  … >
(あまりにびっくりしすぎて、泡を吐き出しながら、ちょっと気を失いそうになっている)
(首を持つ手に少し体重がかかるだろう)

PNo.948 鉄山紘介
からのメッセージ:
Icon 紘介
「(…思ったより切実な理由だったという顔)」
Icon クリス
「風習は世界で様々ですが、そうやってコントロールするしなければならないのは私達の常識とはかけ離れていますわね。」
Icon 紘介
「そういう事情なら、納得したよ。」
Icon 紘介
「…でもまぁ、そんな明け透けに問いかけることでもないと思うよ。人によっては相当デリケートな話だからな…。」
Icon クリス
「私は…あまりいい気はしないのは確かですが、その辺は紘介の良識にお任せいたしますわ。ね?」
Icon 紘介
「…………(特に答えず)ところで、クロニカさんはそんな故郷からどうしてここに?」

PNo.970 ギベオン=ナミビア
からのメッセージ:
 楽しそうに遊んでいる分には放置の構えでいるようだ。
 一応相手を傷付けない程度に、ぐらいの配慮のある触手。うねうね。
 
Icon ギベオン
「ふぅん、依頼主のご希望がここらへんだったってかぁ?
 まぁ俺らのお仕事ってのは、基本そういうもんだからよぉ……あんまし違和感はねぇなぁ。
 てか金はまだわかるが、血? また珍しいモンをもらってるようだが……お前のメシかぁ?」
 
Icon ギベオン
「信用と戦力を金で買ってもらう、っつーのが傭兵の生業だわなぁ。
 依頼が来りゃあ親兄弟でも戦うだろうし、遺跡の探索も業務内でいいんじゃねぇかなぁ?
 ……ま、免許が必要なモンでもねぇからよ。あんまり難しく考える必要はねぇと思うぜぇ」
 
Icon ギベオン
「俺もまぁだまだ若輩モンだから、そういうのもあんまりなぁ。
 願わくば生きて故郷へ帰って、おうちの中で死ねるぐらいの戦果を上げねぇとなぁとは思うがよぉ」
 
Icon ギベオン
「メジャーなのが人と魚を混ぜたマーメイド種だったりするが、他もいろいろいるぜぇ?
 海もメチャクチャ広いからなぁ、きっとまだ俺様でも遭遇したことねぇような連中もいるだろうさ。
 俺らみたいんじゃなく、上半身は人で下半身にタコみたいな奴もいるとか言うしなぁ……」

PNo.981 フィリベール
からのメッセージ:
Icon フィリー
「……おお。」

そのまま伸ばされた手は、角にぺたぺた、ひたひた、無遠慮に触れる。
時折緩く掴んだり、指先でこつこつと探るように突く。


Icon フィリー
「そっか。いっぱい混ぜてる種族って言っても、みんながおんなじ混ざり方するんじゃないんだ。
家族…親子とかでも、結構違ってくるのかな。」
Icon フィリー
「みんなが珍しいから、みんな違うのにみんな一緒、みんな普通…なんか想像がつかないや。
やっぱりヘンな種族だね。」
Icon フィリー
「うーん、変わった種族のなかの、ちょっと珍しい分類にクロニカがいるってこと?」

Icon フィリー
「へぇ、いろんなことができるようになって、どうするの?
いろんな特徴を併せ持ってないと生きられないってわけじゃないよね。」

Icon フィリー
「…楽しくないのは、なんかわかってきたかもしれない。
滅茶苦茶っていうか、ずいぶん理解しがたい文化だね。
君や君たちの一族を悪く言ってるんじゃないんだけどさ。」

PNo.987 カルペシュ
からのメッセージ:
Icon カル
「よく人外かって聞かれるけど、やっぱり実在するんだな~おれみたいなの。
今でも血は人間だけど、腕が増えても人間って名乗っててもいいのかね~」

などといいつつ、あんまり悩んでいない。
人間であることに拘りはないのかも。

Icon 「混ざりすぎ。今までどれだけの血が混ざってきたのか……
親とも全然顔も形も違うわけか。
それでもやっぱり傍にいれば多少似るもんなんじゃね~の?」

ピコーン!

Icon 「忘れてた。そういやおれ、クロニカみたいなのを探しに来たんだ。
この世界の探索が終わったら、おれの世界に来ね~?
そういうの… 調べてるんだ。親父が」

PNo.1186 グランドレフト・ゲートキーパー
からのメッセージ:
Icon グランドレフト
「それなのだが、全くわからないのだ」

Icon グランドレフト
「相手にしろ、行いにしろ、呪いを受ける様な心当たりは皆無でね」

Icon グランドレフト
「とは言っても、呪いを受けたであろう当時の記憶自体も無いのだから当たり前なのだが」

Icon グランドレフト
「君の場合はどうだったのだろう?」

Icon グランドレフト
「無理でなければ参考までに聞かせてもらえないだろうか」

Icon グランドレフト
「君の呪いの訳と効果とを」
Icon グランドレフト
「それなのだが、全くわからないのだ」

Icon グランドレフト
「相手にしろ、行いにしろ、呪いを受ける様な心当たりは皆無でね」

Icon グランドレフト
「とは言っても、呪いを受けたであろう当時の記憶自体も無いのだから当たり前なのだが」

Icon グランドレフト
「君の場合はどうだったのだろう?」

Icon グランドレフト
「無理でなければ参考までに聞かせてもらえないだろうか」

Icon グランドレフト
「君の呪いの訳と効果とを」

PNo.1341 デジデリオ
からのメッセージ:
Icon リオ
「えっ! ああ、うん! 俺以外にも、俺の仲間二人も同じ呪いになってて、多分戦ってる時とか、すぐ顔が魚になってるとか、俺は気をつけてるからあんまりならないけど……」

Icon リオ
「まあ、覚えてくれるなら、そういう呪いを解く方法があるかどうかもひっそりと覚えてくれると嬉しいな……って」

Icon リオ
「とまあ、俺の身の上話はだいたいそんな感じ。ちょっと曰く付きの普通の人間のお兄さんだよ〜。ってことで俺の話はおしまい!」

Icon リオ
「混血が普通……なんだねぇ。ならよかった〜。場所によっては混血が嫌われるってことの方が多い気がしてたからてっきりそうなのかと思って……」

【と、貴方の境遇の話を聞いて、うーんとデジデリオは頭を捻っている】

Icon リオ
「えーっと、呪われて、血を飲むことをなって、それが苦労になって……俺の血を貰う……?」

Icon リオ
「えっ!? 俺の血が欲しい!? 血を飲むの!? 俺、自分の容姿には多少なりとも自信はあるけど血の味は保証しないよ!?」

Icon リオ
「君がいいなら別に構わないし、助けになるなら構わないけど……本当に大丈夫?」

【とデジデリオは心配そうに聞き返す。血を分けることに抵抗もないし、リスク管理という単語は彼の辞書には存在しないらしい】

PNo.1386 マリナ・マーマル
からのメッセージ:
Icon マリナ
「魚なんてかんたんだ適当に動かしてやるだけでかってにあつまるぞ。」
Icon マリナ
「血から栄養をとるのかとかして吸い取るわけではないのか血だけをとるやつはめずらしいな。」

厄介な勘違いをはじめたようだ。

Icon マリナ
「そうだクロニカのようなやつは陸のやつだ陸のやつでもいろいろなやつがいるようだが。
その中でも海を汚すやつはだめだあれはダメだダメだと言われている。」

やや興奮しているような語調だが、表面的にはよくわからない。

Icon マリナ
「そこはどこの生物でもおなじだないきるためには必要なところをゆずるやつはいない。それはそれでいい。」
Icon マリナ
「こっちも遺跡に何があるのかはきになる知りたいそれが目的だ。」

PNo.1391 アルストリア=エーテルフォージ
からのメッセージ:
Icon アルス
「…ますますわかんねー奴だな…。
血を飲むのか、アンタ?
しかも美味しくも無い血を…?」
Icon アルス
「…けどまぁ、襲いかかって来るカンジの奴じゃ無さそうだな。
(そう言いつつも、槍状の杖からは両の手を緩めない)」
Icon アルス
「…(怖い物と聞かれて真っ正直に答えるかどうか暫く考えているようだ)

…別に怖か無ぇけど…。
夜になると、たま~に見られている様な気がすんだよ。
お化けとかユーレイの類じゃなく…
もっと…こう…そのまま腹を突き破られるような…

…って、何言ってんだろな、俺は。」
Icon アルス
「なるほどね…。
生きる為なら怖い物も我慢出来る…ってか。
で、そのディドってのがアンタの雇い主か…。」
Icon アルス
「…あ。」
Icon アルス
「俺もどっかで働き口探さないといけないよなぁ…。
つるんでる奴等と遺跡に潜って、報奨金は幾許か出るけど…
んー…微妙に足らねーよなぁ
(最後の方はブツブツと半ば独り言)」

PNo.1439 おさかなとかみさま
からのメッセージ:
Icon おさかな
「えっ」
(おさかななのに強いのか、と突然問われて、動揺しつつもええと、と言葉を濁らせつつ)
Icon おさかな
「つ、強いのかな……? でもその、まほう、とかはぼく使えないので、殴るか武器を持つぐらいしか……」
Icon おさかな
「――あっ、でも体はね、ちょっと丈夫になったので! パンチにもわりと威力はあったりしますよ、こう!」
(しゅっしゅ、と殴る真似をしてから、ふと)
Icon おさかな
「で、えと、……おにいさん? おねえさん? はどなたなんでしょう……お、おさかなに興味がおありですか?」

PNo.1461 リンシア・シャンティ
からのメッセージ:
Icon リンシャン
「おかねと血!おかねは私も欲しいですが、血はもらったことがないです。血が少ない、のですか……?血の気が多いよりはいいと思いますが、足りないのも困ること沢山ありそうですね。
ディドさん良い方ですね。お嫌いじゃなくて良かったです。私も出来れば良い方から貰いたいですもの。おかねだと迷いますが…。」
Icon リンシャン
「怒ってることが……厳しい方でもあるのかしら、ディドさん。
喧嘩はするんですか?雇用主となると、そういうのは禁止なのかしら。
雇用というのも大変なんですね……私は大体深海にいたので、お気楽にやってました。」
Icon リンシャン
「うみねこ、気になりますか?
取れたらいいけれど、鳥って自由でなかなか手が届きませんよね。私は見上げるくらいしか出来ませんし……跳ねるのが精一杯です。」
Icon リンシャン
「歌いたくなるの良いですね!歌ってみてもいいんじゃないかしら。
波はきっと、貴方の歌声を包み込んでくれます。
私も歌いたいですが、セイレーンと間違えられたことがありまして……。」
Icon リンシャン
「トンビは、甲高い声で鳴きます。笛に似てるかもしれません。
ピーヒョロロロ……というような。そうですね、空を突き抜けるようで、楽しそうな声ですよ。この旅で聴こえたなら良いですね。」
--------------------------------------------------------

|
ボトルシップメッセージ
蟹
--------------------------------------------------------
PNo.163 黒峰サキ
からのボトルシップメッセージ:
少量の海水と沢蟹の入った小瓶が流れてきた。沢蟹はぴくりとも動かない。

PNo.301 コッコ=サニーライト
からのボトルシップメッセージ:
Icon コッコ
「知ってるかな!? 潮の満ち引きには月と太陽の引力が関わっていて、月と太陽の位置が重なる新月や満月の時が最も潮の高い大潮と……待って。テリメインは球体なのかな? 太陽はともかく、月は……?」

PNo.392 すずめ
からのボトルシップメッセージ:
Icon すずめ
「シーバンシーの叫び声で耳がやられてしまいそうだ…。」

PNo.491 マーニ=R=アルスヴィス
からのボトルシップメッセージ:
Icon マーニ
「さてと、今回は誰の元に流れつくかな。」
[そんな一言だけのメッセージと共にボトルに入っていた物は珊瑚の欠片である。]

PNo.664 ボイジャー・ディスカバリア
からのボトルシップメッセージ:
Icon ケプラー
「お師さんも無茶言うなぁ・・・ここで弟子を作れだなんて。」


君も強く生まれ変わってみないか!

アトランティカ式実践格闘術テリメイン支部では君の来訪を待っている!
ひ弱で海の可愛いあの子になかなか声を掛けられない君も、
アトランティカ式実践格闘術で己を鍛えて自信に満ちあふれた人生を踏み出してみないか!

連絡先はこちら→090-○○××-△△□□ ケプラー・ディスカバリア

PNo.1751 御園 颯華
からのボトルシップメッセージ:
≪ボトルの中に丸められた紙が入っている≫
旅館【風光明媚】のお知らせ

温泉有、宿泊可、拠点使用可、食事自由の旅館【風光明媚】はどうでしょうか。
なお、お金は頂きません。
機械な方、海洋生物の方、動物の方、ルールさえ守っていただければご利用いただけます。
詳しくは…(以下ツラツラと書かれている。最後にはc1751という謎の記載があった)
--------------------------------------------------------

|
参加コミュニティ
ワカメ
--------------------------------------------------------
コミュニティNo.68 混ざり血の溜まり場
 で、3人の発言がありました。
コミュニティNo.45 かに
 で、36人の発言がありました。
コミュニティNo.162 潜航日誌がんばりたい!
 で、20人の発言がありました。
コミュニティNo.428 【うちの子】貸し借りOKコミュ【よその子】
 で、6人の発言がありました。
コミュニティNo.557 フヴェズルング級巡洋艦四番艦ミドガルズオルム
 で、5人の発言がありました。
コミュニティNo.582 海の家”かもめ亭”
 で、4人の発言がありました。
コミュニティNo.644 學校
 で、2人の発言がありました。
コミュニティNo.676 巡航潜水艇ケトゥス
 で、4人の発言がありました。
コミュニティNo.931 私的なラジオをする為のコミュニティ
 で、5人の発言がありました。
コミュニティNo.1003 絶望えび剥き工場(鎮火)
 で、48人の発言がありました。
コミュニティNo.1103 突撃メッセコミュ
 で、5人の発言がありました。
コミュニティNo.1199 画像・日記・台詞抽出許可
 で、0人の発言がありました。

コミュニティNo.45 かに
 で、1件発言しました。
コミュニティNo.68 混ざり血の溜まり場
 で、1件発言しました。
コミュニティNo.162 潜航日誌がんばりたい!
 で、1件発言しました。
コミュニティNo.557 フヴェズルング級巡洋艦四番艦ミドガルズオルム
 で、1件発言しました。
コミュニティNo.582 海の家”かもめ亭”
 で、1件発言しました。
コミュニティNo.1003 絶望えび剥き工場(鎮火)
 で、1件発言しました。
--------------------------------------------------------

|
アイテム
ワカメ
--------------------------------------------------------

PNo.201 ディド=パシャ
PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル
にアイテムNo.5 海ブドウ を転送送品!

line

クロニカはアイテムNo.6 海ブドウ を使用した。

海ブドウ
セルリアンの海に生えている海ブドウ。
海ブドウの木から収穫が可能。
食べるととても甘いため、フルーツとして大人気。

器用が3上がった!
Icon クロニカ
「むしゃむしゃ」
--------------------------------------------------------

|
特殊戦闘
ワカメ
--------------------------------------------------------
第一回海底杯実施中!

合言葉チェック!
現在あなたの闘技大会合言葉を設定しているメンバーは、あなたを含めて3人います。
--------------------------------------------------------

|
練習戦闘 diary message battle2 battle event status
蟹
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------

line
Icon クロニカ
「たくさん……」
Icon ディド
「…………」


Icon 「ワシは しょうきを とりもどした!」
Icon 「前回本気でここの宣言忘れてたじゃないですかヤダーーーーー!!!!!!」
Icon 「ってことで気を取り直して、どもども、今回の方々よろしゅ~な!
えっと……対……汚染……特殊……?」
Icon 「対汚染特殊回避壁小隊第64機動戦隊通称地獄の壁さん、よろしくお願いしま~す!」
Icon 「何その早口言葉」

エンピを取り出し海を掘る
幅1.5m 深さ2m 長さそこそこ
海中の敵相手ではこうやって1人塹壕戦を繰り広げるしかない
戦う前から疲労困憊である

Icon グランドレフト
「どうしてもやらねばダメか?」
Icon グランドレフト
「海中戦はどうにも労力に見合う気がしないのだが・・・」

Icon ユリウシュ
「おー、今日の相手は男女のアベックか。
こういう冒険者も、海ん中にゃ居るんだらな。」
Icon ユリウシュ
「ま、いつも通り手加減はしねえけどな。
んじゃ、よろしく頼むぜ。」
Icon シャチ
「クァー」
line

|
戦闘開始!
ワカメ
--------------------------------------------------------
クロニカ(後)
HP
575/575
HPHPHP
MP
246/246
MPMPMP
SP
195/195
SPSPSP
ディド(前)
HP
764/764
HPHPHP
MP
103/103
MPMPMP
SP
190/190
SPSPSP
アズテア(後)
HP
978/978
HPHPHP
MP
275/275
MPMPMP
SP
195/195
SPSPSP
グランドレフト(前)
HP
1509/1509
HPHPHP
MP
157/157
MPMPMP
SP
185/185
SPSPSP
ユリウシュ(後)
HP
1211/1211
HPHPHP
MP
146/146
MPMPMP
SP
200/200
SPSPSP
--------------------------------------------------------

line

line

クロニカはアイテムNo.1 ひとつめ を武器に装備!
クロニカはアイテムNo.2 着の身着のまま を防具に装備!
クロニカはアイテムNo.3 リング を装飾に装備!

ディドはアイテムNo.1 黒い石製ナイフ を武器に装備!
ディドはアイテムNo.2 軽やかな布 を防具に装備!
ディドはアイテムNo.7 金糸の装飾 を装飾に装備!

line

アズテアはアイテムNo.8 格闘 を武器に装備!
アズテアはアイテムNo.2 マジックベール を防具に装備!
アズテアはアイテムNo.17 満月珊瑚のアミュレット を装飾に装備!

グランドレフトはアイテムNo.1 円匙 を武器に装備!
グランドレフトはアイテムNo.2 ブブー を防具に装備!
グランドレフトはアイテムNo.4 重盾 を装飾に装備!

ユリウシュはアイテムNo.1 捕鯨銃 を武器に装備!
ユリウシュはアイテムNo.2 フカヒレ丸 を防具に装備!
ユリウシュはアイテムNo.8 ゴーグル を装飾に装備!

line

クロニカの熱属性!
クロニカの熱属性が増加!
クロニカの魔攻!
クロニカの魔導攻撃力が増加!
クロニカの魔攻!
クロニカの魔導攻撃力が増加!

ディドの魔防!
ディドの魔導防御力が増加!
ディドの物防!
ディドの物理防御力が増加!
ディドの地属性!
ディドの地属性が増加!


line

アズテアの回避!
アズテアの物理回避が増加!
アズテアの魔導回避が増加!
アズテアの回避!
アズテアの物理回避が増加!
アズテアの魔導回避が増加!
アズテアの熱属性!
アズテアの熱属性が増加!
アズテアの魔攻!
アズテアの魔導攻撃力が増加!
アズテアの魔攻!
アズテアの魔導攻撃力が増加!
アズテアの魔攻!
アズテアの魔導攻撃力が増加!
アズテアの魔攻!
アズテアの魔導攻撃力が増加!

グランドレフトの物攻!
グランドレフトの物理攻撃力が増加!
グランドレフトの物攻!
グランドレフトの物理攻撃力が増加!
グランドレフトの命中!
グランドレフトの物理命中が増加!
グランドレフトの魔導命中が増加!

ユリウシュの物攻!
ユリウシュの物理攻撃力が増加!
ユリウシュの物攻!
ユリウシュの物理攻撃力が増加!
ユリウシュの命中!
ユリウシュの物理命中が増加!
ユリウシュの魔導命中が増加!
ユリウシュの物攻!
ユリウシュの物理攻撃力が増加!
ユリウシュの物攻!
ユリウシュの物理攻撃力が増加!
ユリウシュの命中!
ユリウシュの物理命中が増加!
ユリウシュの魔導命中が増加!

line

|
ターン1
蟹
--------------------------------------------------------
クロニカ(後)
HP
575/575
HPHPHP
MP
246/246
MPMPMP
SP
195/195
SPSPSP
ディド(前)
HP
764/764
HPHPHP
MP
103/103
MPMPMP
SP
190/190
SPSPSP
アズテア(後)
HP
978/978
HPHPHP
MP
275/275
MPMPMP
SP
195/195
SPSPSP
グランドレフト(前)
HP
1509/1509
HPHPHP
MP
157/157
MPMPMP
SP
185/185
SPSPSP
ユリウシュ(後)
HP
1211/1211
HPHPHP
MP
146/146
MPMPMP
SP
200/200
SPSPSP
--------------------------------------------------------

line

line

アズテアの魔導回復!
アズテアのMPが0回復!
アズテアの行動!
Icon 「まずは大きく息を吸って!
準備体操~!」
クロール!No.1 クロール
アズテアの素早さが上がった!

line

ディドの行動!
Icon ディド
「(手を前に差し出した)」
スイムアップ!No.1 スイムアップ
ディドの物理回避が上がった!
ディドの魔導回避が上がった!
ディドの素早さが上がった!

line

ユリウシュの行動!
Icon ユリウシュ
手加減してやら。

ヘビーショット!No.1 ヘビーショット
ウィークネス!
クリーンヒット!
Icon ユリウシュ
「すぐにおかわりを呉れてやら。」
Icon クロニカ
「痛っ……」
クロニカ2192のダメージ!
SP消費! (195 → -31)
Icon ユリウシュ
「そらそら、下がった下がった!」
ユリウシュの追加攻撃!
ディド141のダメージ!

line

グランドレフトの生命回復!
グランドレフトのHPが0回復!
グランドレフトの魔導回復!
グランドレフトのMPが0回復!
グランドレフトの行動!
クラッシュ!No.1 クラッシュ
ディドは攻撃を回避した!
Icon ディド
「遅い」

line

クロニカの行動!
ジェリーフィッシング!No.4 ジェリーフィッシング
アズテア183のダメージ!
アズテアは麻痺に抵抗した!

line

クロニカ
のSPがない……!!
Icon クロニカ
「~~!!」
クロニカは戦線を離脱!

Icon ディド
「――終わりか?」
line

|
ターン2
ワカメ
--------------------------------------------------------
ディド(前)
HP
623/764
HPHPHPHP
MP
93/103
MPMPMPMP
SP
170/190
SPSPSPSP
アズテア(後)
HP
795/978
HPHPHPHP
MP
275/275
MPMPMP
SP
185/195
SPSPSPSP
グランドレフト(前)
HP
1489/1509
HPHPHPHP
MP
157/157
MPMPMP
SP
170/185
SPSPSPSP
ユリウシュ(後)
HP
1211/1211
HPHPHP
MP
141/146
MPMPMPMP
SP
180/200
SPSPSPSP
--------------------------------------------------------

line

line

アズテアの魔導回復!
アズテアのMPが0回復!
アズテアの行動!
Icon 「で、では失礼して……」
ヒートウェイブ!No.2 ヒートウェイブ
ディド218のダメージ!
アズテアの麻痺!
ディドに麻痺を2追加した!
ディド219のダメージ!
ディド228のダメージ!
SP消費! (170 → 142)
Icon 「カレイな業前やろ?」

line

ディドはしびれている……! 物命↓ 魔命↓ 物回↓ 魔回↓ (2)
ディドの行動!
Icon ディド
「こちらだ」
タウント!No.2 タウント
ディドの標的度が上がった!
麻痺(2→1)

line

アズテアの魔導回復!
アズテアのMPが14回復!
アズテアの連続行動!
アズテアの必殺技が発動!
Icon 「ヒャッハーッ!! 踊れ踊れェー!」
Icon 「悪人のセリフじゃないですか~!!」

ダンス・マカブル必殺技! ウィンドブラスト
ディドのSPに55のダメージ!

line

ユリウシュの行動!
ユリウシュの必殺技が発動!
Icon ユリウシュ
「頭数が違い過ぎらな。
心配しなくても、すぐに終わらせてやら。」
ど真ん中を狙う!必殺技! ブレスケア
アズテアのHPが73回復!
Icon ユリウシュ
「良いから手を動かしやがれ!」
Icon 「ありがたや~!」
アズテアのSPが13回復!
Icon ユリウシュ
「ゆっくりな、フーちゃん。
ゆっくり深呼吸しな。」
Icon 「さっすが~気が利く~!」

line

グランドレフトの生命回復!
グランドレフトのHPが20回復!
グランドレフトの魔導回復!
グランドレフトのMPが0回復!
グランドレフトの行動!
グランドレフトの必殺技が発動!
ウォークライ!!必殺技! ウォークライ
グランドレフトの物理攻撃力が上がった!
グランドレフトの物理防御力が上がった!

line

ディド
は倒れた!
Icon ディド
「……」
line


|
戦闘終了!
魚
--------------------------------------------------------

ミラクル魚類は勝利した!

Icon クロニカ
「……減俸ないよな?」
Icon ディド
「…………次は負けない」

Icon 「ええ勝負やったな、お疲れさん」
Icon グランドレフト
「疲れた・・・ やはり見合う気がしない」
Icon ユリウシュ
「さあ終わりだ終わり!
さっさと引き上げるぞ!」
Icon シャチ
「クァー」
--------------------------------------------------------

|
終了時
ワカメ
--------------------------------------------------------
アズテア(後)
HP
868/978
HPHPHPHP
MP
234/275
MPMPMPMP
SP
190/195
SPSPSPSP
グランドレフト(前)
HP
1509/1509
HPHPHP
MP
157/157
MPMPMP
SP
160/185
SPSPSPSP
ユリウシュ(後)
HP
1211/1211
HPHPHP
MP
121/146
MPMPMPMP
SP
175/200
SPSPSPSP
--------------------------------------------------------

|
イベント
ワカメ
--------------------------------------------------------
穏やかな海《セルリアン》
line

穏やかな波、暖かい水温。太陽の光を透かし、キラキラと輝く水中に、
光とともに舞うように鮮やかな熱帯魚達が珊瑚礁に集まる海域。

この世界の窓口である探索者協会からも程近いこの場所は、
色々なところから集まってきたバカンス目的の観光客や、
これから冒険に挑もうとするものたちで賑わっている。

比較的凶暴な生物もいない、穏やかな、冬でも温暖の海である。

未開の地域
line
朽ちた遺跡は、時折探索の邪魔をする。
脆くなった巨大な柱が道を塞ぎ、瓦礫の影から原生生物が襲い掛かる。

見慣れぬ掠れた文字や、崩れて小魚が住み着いた家具らしきもの。
錆びつき原型を留めていない金物、珊瑚や海藻で覆われた柱――。

未開の地域に来たはずが、まだまだかつて人が居た痕跡は絶えない。
ここにはかつて生活があったのだろうか?
この遺跡は、朽ちる前はどのような姿だったのだろうか?

そしてどこまで続いているのだろうか……?

様々な想いをさざ波に乗せながら、
まだ見ぬ、広い未開の地への一歩を踏みしめる。

この険しい道のりは、まだまだ先へ先へと続いているだろう。
--------------------------------------------------------

|
通常戦闘 diary message battle2 battle event status
ワカメ
--------------------------------------------------------
彼方より来たりて 遺跡の魔物たち☆☆☆
PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル VS デビルフィッシャーマン
PNo.201 ディド=パシャ オクトパス男爵
--------------------------------------------------------

line
Icon クロニカ
「見たことない。
 ……強い? と困る……けどがんばる」

Icon ディド
「…始めるか」



Icon デビルフィッシャーマン
「先に進みたければ、この俺を倒して行くんだなぁっ!」

Icon オクトパス男爵
「愉しい時間にしてくれたまえよ」

line

|
戦闘開始!
ワカメ
--------------------------------------------------------
クロニカ(後)
HP
575/575
HPHPHP
MP
246/246
MPMPMP
SP
195/195
SPSPSP
ディド(前)
HP
764/764
HPHPHP
MP
103/103
MPMPMP
SP
190/190
SPSPSP
デビルフィッシャーマン(前)
HP
910/910
HPHPHP
MP
213/213
MPMPMP
SP
100/100
SPSPSP
オクトパス男爵(前)
HP
913/913
HPHPHP
MP
322/322
MPMPMP
 
--------------------------------------------------------

line

line

クロニカはアイテムNo.1 ひとつめ を武器に装備!
クロニカはアイテムNo.2 着の身着のまま を防具に装備!
クロニカはアイテムNo.3 リング を装飾に装備!

ディドはアイテムNo.1 黒い石製ナイフ を武器に装備!
ディドはアイテムNo.2 軽やかな布 を防具に装備!
ディドはアイテムNo.7 金糸の装飾 を装飾に装備!

line



line

クロニカの熱属性!
クロニカの熱属性が増加!
クロニカの魔攻!
クロニカの魔導攻撃力が増加!
クロニカの魔攻!
クロニカの魔導攻撃力が増加!
クロニカの命中!
クロニカの物理命中が増加!
クロニカの魔導命中が増加!
クロニカの魔導!
クロニカのMMPが49増加!
クロニカのMPが49増加!

ディドの魔防!
ディドの魔導防御力が増加!
ディドの物防!
ディドの物理防御力が増加!
ディドの地属性!
ディドの地属性が増加!


line

デビルフィッシャーマンの物攻!
デビルフィッシャーマンの物理攻撃力が増加!
デビルフィッシャーマンの物攻!
デビルフィッシャーマンの物理攻撃力が増加!
デビルフィッシャーマンの命中!
デビルフィッシャーマンの物理命中が増加!
デビルフィッシャーマンの魔導命中が増加!
デビルフィッシャーマンの空気!
デビルフィッシャーマンのMSPが20増加!
デビルフィッシャーマンのSPが20増加!

オクトパス男爵の魔攻!
オクトパス男爵の魔導攻撃力が増加!
オクトパス男爵の命中!
オクトパス男爵の物理命中が増加!
オクトパス男爵の魔導命中が増加!
オクトパス男爵の地属性!
オクトパス男爵の地属性が増加!

line

|
ターン1
ワカメ
--------------------------------------------------------
クロニカ(後)
HP
575/575
HPHPHP
MP
295/295
MPMPMP
SP
195/195
SPSPSP
ディド(前)
HP
764/764
HPHPHP
MP
103/103
MPMPMP
SP
190/190
SPSPSP
デビルフィッシャーマン(前)
HP
910/910
HPHPHP
MP
213/213
MPMPMP
SP
120/120
SPSPSP
オクトパス男爵(前)
HP
913/913
HPHPHP
MP
322/322
MPMPMP
 
--------------------------------------------------------

line

line

ディドの行動!
Icon ディド
「」
(手を前に差し出した)
スイムアップ!No.1 スイムアップ
ディドの物理回避が上がった!
ディドの魔導回避が上がった!
ディドの素早さが上がった!

line

デビルフィッシャーマンの生命回復!
デビルフィッシャーマンのHPが0回復!
デビルフィッシャーマンの行動!
Icon デビルフィッシャーマン
「さァ~て、釣りは忍耐だぜ……!」
ハイパーベンチレーション!No.1 ハイパーベンチレーション
デビルフィッシャーマンのダメージが100%上がった!(1ターン)

line

オクトパス男爵の魔導回復!
オクトパス男爵のMPが0回復!
オクトパス男爵の行動!
Icon オクトパス男爵
「私の恐ろしさ、とくと味わうがよい」

テンタクルウェブ!No.1 テンタクルウェブ
クロニカ64のダメージ!
オクトパス男爵の潜水病!
クロニカに潜水病を2追加した!
クロニカに猛毒を2追加した!
ディド50のダメージ!
オクトパス男爵の潜水病!
ディドに潜水病を2追加した!
ディドは猛毒に抵抗した!

line

クロニカは潜水病におかされている……! クロニカのSPに14のダメージ! (2)
クロニカは猛毒におかされている……! クロニカに40のダメージ! (2)
クロニカの魔導回復!
クロニカのMPが0回復!
クロニカの行動!
ヒートウェイブ!No.1 ヒートウェイブ
オクトパス男爵248のダメージ!
デビルフィッシャーマン286のダメージ!
デビルフィッシャーマン274のダメージ!
潜水病(2→1) 猛毒(2→1)
line

|
ターン2
ワカメ
--------------------------------------------------------
クロニカ(後)
HP
471/575
HPHPHPHP
MP
265/295
MPMPMPMP
SP
176/195
SPSPSPSP
ディド(前)
HP
714/764
HPHPHPHP
MP
93/103
MPMPMPMP
SP
170/190
SPSPSPSP
デビルフィッシャーマン(前)
HP
350/910
HPHPHPHP
MP
213/213
MPMPMP
SP
95/120
SPSPSPSP
オクトパス男爵(前)
HP
665/913
HPHPHPHP
MP
272/322
MPMPMPMP
 
--------------------------------------------------------

line
Icon デビルフィッシャーマン
「ちっ……体が鈍くなってきたぜ……」

line

ディドは潜水病におかされている……! ディドのSPに13のダメージ! (2)
ディドの行動!
Icon ディド
「……」
タウント!No.2 タウント
ディドの標的度が上がった!
潜水病(2→1)

line

デビルフィッシャーマンの生命回復!
デビルフィッシャーマンのHPが50回復!
デビルフィッシャーマンの行動!
Icon デビルフィッシャーマン
「この俺の動きについて来られるかァ!?」
クイックターン!No.2 クイックターン
ディド88のダメージ!
デビルフィッシャーマンの連続が増加!

line

オクトパス男爵の魔導回復!
オクトパス男爵のMPが15回復!
オクトパス男爵の行動!
Icon オクトパス男爵
「私の恐ろしさ、とくと味わうがよい」

テンタクルウェブ!No.1 テンタクルウェブ
クロニカ66のダメージ!
オクトパス男爵の潜水病!
クロニカに潜水病を2追加した!
クロニカに猛毒を2追加した!
ディド67のダメージ!
オクトパス男爵の潜水病!
ディドに潜水病を2追加した!
ディドに猛毒を2追加した!

line

クロニカは潜水病におかされている……! クロニカのSPに16のダメージ! (3)
クロニカは猛毒におかされている……! クロニカに46のダメージ! (3)
クロニカの魔導回復!
クロニカのMPが13回復!
クロニカの行動!
ヒートウェイブ!No.1 ヒートウェイブ
デビルフィッシャーマン289のダメージ!
オクトパス男爵248のダメージ!
デビルフィッシャーマン302のダメージ!
SP消費! (85 → 66)
Icon クロニカ
「……当たった」
潜水病(3→2) 猛毒(3→2)

line

デビルフィッシャーマン
は倒れた!
Icon デビルフィッシャーマン
「ちっ! これ以上はさすがに動けねえ!」

Icon オクトパス男爵
「まったく不甲斐ない者どもである!」
line

|
ターン3
ワカメ
--------------------------------------------------------
クロニカ(後)
HP
359/575
HPHPHPHP
MP
248/295
MPMPMPMP
SP
155/195
SPSPSPSP
ディド(前)
HP
559/764
HPHPHPHP
MP
93/103
MPMPMPMP
SP
140/190
SPSPSPSP
オクトパス男爵(前)
HP
417/913
HPHPHPHP
MP
237/322
MPMPMPMP
 
--------------------------------------------------------

line
Icon オクトパス男爵
「少々疲れてきたぞ。私は休みたい」

line

ディドは潜水病におかされている……! ディドのSPに15のダメージ! (3)
ディドは猛毒におかされている……! ディドに53のダメージ! (2)
ディドの行動!
ディドの必殺技が発動!
Icon ディド
「……!」
砂漠の舞必殺技! バタフライ
ディドの物理回避が50%上がった!(1ターン)
ディドの魔導回避が50%上がった!(1ターン)
潜水病(3→2) 猛毒(2→1)

line

ディドは潜水病におかされている……! ディドのSPに13のダメージ! (2)
ディドは猛毒におかされている……! ディドに46のダメージ! (1)
ディドの連続行動! 物回150% 魔回150%
Icon ディド
「」
(波間を縫って舞う)
ドルフィンキック!No.5 ドルフィンキック
クリーンヒット!
Icon ディド
「……」
Icon オクトパス男爵
「ぬうう、この私に傷をつけるとは……」
オクトパス男爵25のダメージ!
ディドの物理回避の50%上昇が1ターンに変化!
ディドの魔導回避の50%上昇が1ターンに変化!
潜水病(2→1) 猛毒(1→0)

line

オクトパス男爵の魔導回復!
オクトパス男爵のMPが15回復!
オクトパス男爵の行動!
Icon オクトパス男爵
「私の恐ろしさ、とくと味わうがよい」

テンタクルウェブ!No.1 テンタクルウェブ
クロニカ74のダメージ!
オクトパス男爵の潜水病!
クロニカに潜水病を2追加した!
オクトパス男爵の麻痺!
クロニカに麻痺を2追加した!
クロニカに猛毒を2追加した!
ディド50のダメージ!
オクトパス男爵の麻痺!
ディドは麻痺に抵抗した!
ディドに猛毒を2追加した!

line

クロニカは潜水病におかされている……! クロニカのSPに18のダメージ! (4)
クロニカはしびれている……! 物命↓ 魔命↓ 物回↓ 魔回↓ (2)
クロニカは猛毒におかされている……! クロニカに52のダメージ! (4)
クロニカの魔導回復!
クロニカのMPが13回復!
クロニカの行動!
ヒートウェイブ!No.1 ヒートウェイブ
オクトパス男爵237のダメージ!
オクトパス男爵215のダメージ!
Icon クロニカ
「……当たった」
オクトパス男爵は倒れた!
Icon オクトパス男爵
「まさかこの私が倒されるとは……」
ターゲットはいなかった……。
潜水病(4→3) 麻痺(2→1) 猛毒(4→3)
line

|
戦闘終了!
ワカメ
--------------------------------------------------------

彼方より来たりては勝利した!
クロニカはEXPを30取得!
TPを6取得!
SCを1008取得!

ディドはEXPを30取得!
TPを6取得!
SCを1008取得!


Icon クロニカ
「働けたか?」
Icon ディド
「次だ」

Icon デビルフィッシャーマン
「やるじゃあねえか……! 気を付けて行けよ……」
Icon オクトパス男爵
「まったく手荒である……」
--------------------------------------------------------

|
終了時
ワカメ
--------------------------------------------------------
クロニカ(後)
HP
233/575
HPHPHPHP
MP
231/295
MPMPMPMP
SP
132/195
SPSPSPSP
ディド(前)
HP
410/764
HPHPHPHP
MP
93/103
MPMPMPMP
SP
97/190
SPSPSPSP
--------------------------------------------------------

|
イベント
ワカメ
--------------------------------------------------------
朽ちた遺跡は先へと続いている。
時折迂回させられながらも、未開の地を進む……。
--------------------------------------------------------

|
アイテムの探索
ワカメ
--------------------------------------------------------
クロニカは周辺を探索…………。

シェルボックス(Rank1)を手に入れた!
--------------------------------------------------------

|
diary message battle2 battle event status
ワカメ
--------------------------------------------------------

PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル
PNo.622 フランチェスカ・ヘルゼ
に80SCを送った。
PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル
PNo.601 ストラクリス・エスメラルダ
に80SCを送った。

line

PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル
PNo.1374 飛び込み営業マン
にアイテムNo.4 怒りイカ焼き を送った。
PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル
PNo.201 ディド=パシャ
にアイテムNo.7 エアロシュート を送った。
PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル
PNo.1002 カナタ・A・ホシノ
にアイテムNo.5 チャージ を送った。
PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル
PNo.1002 カナタ・A・ホシノ
にアイテムNo.16 チャージ を送った。

PNo.201 ディド=パシャ
PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル
にアイテムNo.15 グラビウォーター を送った。

PNo.601 ストラクリス・エスメラルダ
PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル
にアイテムNo.12 クロール を送った。
Icon クリス
「取引感謝ですよー」

PNo.622 フランチェスカ・ヘルゼ
PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル
にアイテムNo.19 クロール を送った。
Icon フラン
「は~い、たしかに渡したからね」

PNo.1002 カナタ・A・ホシノ
PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル
にアイテムNo.18 マジックアロー を送った。
PNo.1002 カナタ・A・ホシノ
PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル
にアイテムNo.27 マジックブレイク を送った。

PNo.1374 飛び込み営業マン
PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル
にアイテムNo.5 トロピカルオレンジジュース を送った。
Icon 毒島
「この度は取引いただきありがとうございました。
ピアノが入用の際は是非お声掛けください。」

line

クロニカはヒートウェイブを購入した。

クロニカはテンタクルウェブを購入した。

クロニカは魔攻を購入した。

クロニカは魔攻を購入した。

クロニカは格闘を購入した。

line

クロニカはアイテムNo.5 クロール と、アイテムNo.18 テンタクルウェブ を合成!
Icon クロニカ
「合体!」
ターゲットを取得!

line

クロニカは敏捷を訓練した。
クロニカは敏捷を訓練した。
クロニカは敏捷を訓練した。
クロニカは敏捷を訓練した。
クロニカは敏捷を訓練した。

EXPを81ポイント入手した。
TPを5ポイント入手した。

line

格闘 に 魔導力強化 を実行!
格闘 の 魔導攻撃力 を 10回強化した。

着の身着のまま に 魔導力強化 を実行!
着の身着のまま の 魔導攻撃力 を 1回強化した。

リング に 魔導力強化 を実行!
リング の 魔導攻撃力 を 1回強化した。

line

クロニカはアイテムNo.17 ヒートウェイブを私有化!
クロニカはアイテムNo.5 ターゲットを私有化!
クロニカはアイテムNo.4 グラビウォーターを私有化!

line

スキルNo.1 マジックアロー をアイテムNo.19 魔攻 で改造!
スキルNo.1 マジックアロー に 魔攻 を付加!

スキルNo.15 マジックブラスト をアイテムNo.20 熱属性 で改造!
スキルNo.15 マジックブラスト に 熱属性 を付加!

スキルNo.15 マジックブラスト をアイテムNo.22 熱属性 で改造!
スキルNo.15 マジックブラスト に 熱属性 を付加!

line
--------------------------------------------------------

|
目的の決定
ワカメ
--------------------------------------------------------

目的の決定
line

PNo.68 クロニカ
は目的:未開の地域調査を選択!

PNo.201 ディド
は目的:遺跡探索を選択!


目的:未開の地域調査☆☆☆(4)に決定!

--------------------------------------------------------

|
次回練習戦闘予告
ワカメ
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------

|
次回予告
ワカメ
--------------------------------------------------------
彼方より来たりて 遺跡の魔物たち☆☆☆
PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル VS シーバンシー
PNo.201 ディド=パシャ 千日亀
--------------------------------------------------------

|
探索者の叫び
ヤドカリ
--------------------------------------------------------
探索者の声が聞こえてくる……!


Icon ???
「海は広いな~おおきーーーーーーーーーいなー!」
--------------------------------------------------------

line1
diary message battle2 battle event status
ワカメ
PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル  >> 各種宣言 <<
キャラクターイメージ プロフィール
愛称 クロニカ
種族 混血の一族”ニールネイル”
性別
外見年齢 10代
Cronica Y Neillnail

褐色の肌に刺青のような紋様を浮かべた一本角の男。
背の丈は170に満たない程度。少年とも青年ともつかない容貌。時折怪しく艶を揺らめかす。
仄明るい朱の瞳にゆらりゆるやかに感情を覗かせる。

混血の一族"ニールネイル"に生まれたY。
長い耳を持ち、角を持ち、時に生き物の血を啜ることもするが、
エルフでも鬼でも吸血鬼でもない。

ただ、あるいはその血を幾らか含んではいるやもしれない。

"ニールネイル"はそういう一族だった。
あらゆる種と子を成し、多種多様の血を取り込み存続していく。
混ざる血の種類は多ければ多いほどいい。
一つでも多くの血を得て、"ニールネイル"は繁栄に近づく。

そういう考えの下に生まれ、育った者が、一族を、世界を飛び出してテリメインに辿り着いた。
たったひとつだけでいい、大切なものを見つけるために。



凸メッセ、交流歓迎です。
何卒よろしくお願い致します。
[所持アイテム]
No. アイテム名 種類 強さ 備考
1 ひとつめ 武器 19
装備中 魔導力強化
9
┗魔導石 射程2 物攻力↓ ※魔導攻撃
2 着の身着のまま 防具 20
装備中 魔導力強化
10
┗衣服
3 リング 装飾 20
装備中 魔導力強化
10
┗リング 魔攻力↑ 物回避↓ 魔命中↑
4
5
6 シェルボックス(Rank1) 抽選 1
使用アイテム
7 クロール SS 0
8 渦付与 TG 0
9 マジックアロー SS 0
10 マジックブレイク SS 0
11 【自SP○%以上】 TG 0
12 中吉 TG 0
【戦闘開始時】運命力増
13 【敵○人以下】 TG 0
14 【味○人以下】 TG 0
15 【自HP○%以下】 TG 0
16 トロピカルオレンジジュース 料理 1
使用アイテム
17
18
19
20
21 魔攻 TG 0
22
23 魔攻 TG 0
24 格闘 武器 20 魔導力強化
10
┗格闘 射程1 物攻力↓ 素早さ↑
25
26
27
28
29
30
[習得スキル]
No スキル SHP SMP SSP 属性 Slot 射程 【使用条件】
1 マジックアロー 0 10 15 3 4 通常時
┗マジックアロー 敵:魔導攻撃
  ┗魔攻 【戦闘開始時】魔導攻撃力増
  ┗魔攻 【戦闘開始時】魔導攻撃力増
  ┗魔攻 【戦闘開始時】魔導攻撃力増
2 マジックブレイク 0 10 2 3 3 自SP50%以上
┗マジックブレイク 敵:魔導攻撃
3 マジックブラスト 5 20 15 3 2 自HP50%以上
┗マジックブラスト 敵:魔導攻撃
  ┗魔導回復 【行動開始前】MP回復
  ┗命中 【戦闘開始時】物命中・魔命中増
  ┗魔導 【戦闘開始時】MMP増
4 ヒール 0 10 0 3 - 味HP50%以下
┗ヒール 味:HP回復
5 ブレスケア 0 20 0 3 - 味SP50%以下
┗ブレスケア 味:HP回復・SP回復
6 グラビウォーター 5 15 0 3 4 自HP50%以上
┗グラビウォーター 敵:魔導攻撃⇒水圧
7 エアロシュート 0 10 5 3 +2 自SP50%以上
┗エアロシュート 敵:物魔攻撃
8 バタフライ 0 0 3 3 - 自HP50%以下
┗バタフライ 自:(1T)回避・魔回避増
9 ジェリーフィッシング 0 15 1 3 4 全○人以上
┗ジェリーフィッシング 敵:魔導攻撃⇒麻痺
  ┗【全○人以上】 【使用条件】
10 ジェリーフィッシング 0 15 1 3 4 自SP50%以上
┗ジェリーフィッシング 敵:魔導攻撃⇒麻痺
11 グラビウォーター 5 15 0 3 4 自HP50%以上
┗グラビウォーター 敵:魔導攻撃⇒水圧
12 ドレイン 0 20 0 3 4 自HP50%以下
┗ドレイン 敵:物魔吸収攻撃
13 グラビウォーター 5 15 0 3 4 自HP50%以上
┗グラビウォーター 敵:魔導攻撃⇒水圧
14 シュート 0 0 5 3 +2 自SP50%以上
┗シュート 敵:物理攻撃
15 マジックブラスト 5 10 15 3 2 自HP50%以上
┗マジックブラスト 敵:魔導攻撃
  ┗熱属性 【戦闘開始時】熱属性増
  ┗熱属性 【戦闘開始時】熱属性増
  ┗熱属性 【戦闘開始時】熱属性増
16 ヒートウェイブ 0 30 0 3 3 味SP○%以下
┗ヒートウェイブ 敵3:魔導攻撃
  ┗【味SP○%以下】 【使用条件】
17 ブレスケア 0 20 0 3 - 味SP50%以下
┗ブレスケア 味:HP回復・SP回復
18 ドルフィンキック 0 0 7 3 +0 自SP50%以上
┗ドルフィンキック 敵:物理攻撃⇒自:(1T)物回避・魔回避増
19 マジックブラスト 5 10 0 3 2 自HP50%以上
┗マジックブラスト 敵:魔導攻撃
20 ブレスケア 0 20 0 3 - 味SP50%以下
┗ブレスケア 味:HP回復・SP回復
21 チャージ 10 0 1 3 +1 自HP50%以上
┗チャージ 敵:物理攻撃
22 ヒートウェイブ 0 30 0 3 3 通常時
┗ヒートウェイブ 敵3:魔導攻撃
23 ターゲット 0 0 12 3 - 1行動目
┗ターゲット 敵:狙われやすくなる
24 グラビウォーター 5 15 0 3 4 自HP50%以上
┗グラビウォーター 敵:魔導攻撃⇒水圧

データ
目的 未開の地域調査(4)
MHP 642
MMP 272
MSP 210 SP あり
体力 50 魔力 510
敏捷 94 精神 155
器用 103
PLV 1852
EXP 169 TP 21
SC 216
パーティメンバー
PNo.201 ディド
68
68
 
アイコン
0 1 2 3 4
68
68
68
68
68
5 6 7 8 9
68
68
68
68
68
10 11 12 13 14
68
68
68
68
68
15 16 17 18
68
68
68
68
リンクリスト
PNo.201 ディド=パシャ
CNo.162 潜航日誌がんばりたい!
CNo.428 【うちの子】貸し借りOKコミュ【よその子】
CNo.45 かに
[リンク]
[リンク]
CNo.68 混ざり血の溜まり場
PL名:さかな