Seven Seas

line1
C1082 パフェカ
line3-2
line


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

パフェが食べたくて作った小さなお店です。冒険の合間に不定期で営業しています。
とりあえずやれるとこまでやってみます。来店ありがとうございます!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■■■メニュー■■■

★通常★
・チョコレートパフェ
・バナナパフェ
・ストロベリーパフェ
・プリンパフェ
・抹茶パフェ
・キャメラルパフェ
・マロンパフェ   
・紅茶パフェ    
・ウィンウィンパフェ
・フルーツパフェ   ☆new☆
・ミニパフェ※
・オーダーパフェ※

-----------------------------------------------

★ダイスパフェ★
1・イカ墨パフェ
2・イワシパフェ【抹茶ベースのパフェに焼きイワシがどーん!】
3・ナマコパフェ【生クリームとナマコのこりこり新食感!】
4・ぱちぱちパフェ【口の中でぱちぱち弾けるキャンディー入りの派手なパフェ】
5・ひえひえパフェ【ミルクとソーダのシャリシャリフローズンなパフェ】
6・ラブパフェ

-----------------------------------------------

★サイドパフェ★ ☆new☆
・サンドイッチパフェ
・ポテトパフェ
・サラダパフェ

甘くない、いわゆるお食事パフェ。パフェ…パフェとは?
パフェグラスに入ってたらパフェだよ…でぇじょぶだ。


-----------------------------------------------

★ドリンク★
・紅茶・コーヒー・各種ジュース
(ホットとかアイスとかオレンジとか言えばそれで出てきます。たぶん)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■■■その他■■■

※ダイスパフェについて
普通のパフェじゃつまらねぇぜ!という人向けのパフェ。注文と同時にダイスを振りましょう。
次回、出た目のパフェが出てきます。またダイスを振らなくてもラブパフェ以外は普通に注文もできます。
味についてはお任せです。口に合う合わないはお好きなように。ダイスで決めたっていいんだよ!



※オーダーパフェについて
メニューにあるパフェから好きな材料をチョイスしてお好みのパフェを作ります。
【例】チョコレートストロベリーなパフェ、ぱちぱちとひえひえのコラボパフェなど



※お代について
特に細かく決めていないのでお勘定ここに置いておくぜとか、
支払いの旨を言っていただければ伝票をお持ちします。



※ミニパフェとお土産
頼めばできるらしい。


※店での過ごし方について
のんびりまったりパフェを食べるも、果敢にダイスパフェに挑戦するも、
それを見て優雅にコーヒーだけ飲むのも自由です。ただ暴れたりするのはご遠慮ください。



※店員について
Icon 作ってる人です。
知り合いが来たら出て行ったりもします。


Icon ウェイトレスです。注文は彼女にお願いします。
普段は小さな妖精ですが、店内に限り人間サイズです。




★★★★★オープン→4/15更新日より★★★★★

気がついたら一周年でした!!!!(遅い)
line

|
コミュニティメッセージ
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.1082 絆
からのメッセージ:

Icon バン
「フルーツパフェにはこの辺が入ってるよー」

【フルーツパフェに使わている果物】
苺、バナナ、リンゴ、巨峰、マスカット、桃、オレンジ
さくらんぼ、キウイ、メロン、マンゴー、パイナップル
レモン、プラム、ベリー、グレープルーツ、ドラゴンフルーツ

そしてこれらがアイコンに上手く入れられてるかはまた別の話!



――――――――――――
>リーヴィア
――――――――――――
Icon エステル
「あら。おはよう、起きたのね。
 そして早速注文ね、ありがとう(…色々とすごいわ)」
Icon エステル
「はい、フルーツパフェひとつ~」


■―――――――――――――――――――――――――――■
Icon  【フルーツパフェ】
 フルーツたっぷりフルーツパフェ!
 とくにかく詰め込みました!フルーツ好きならまずこれ!

■―――――――――――――――――――――――――――■

Icon エステル
「これも結構量あるけど…寝起きでいける?大丈夫?」


――――――――――――
>フレディ&シャルル
――――――――――――
Icon エステル
「そ、う。全然味の想像が出来ないけど…
 美味しい人はきっと美味しいんでしょうね。」

ゼリーと言ったらフルーツなエステルにとってそれは未知すぎた!

Icon バン
「わたあめ機あるの?!やったー!すごい!さすがフレディさん!
 なければ作って貰えないかなーと思ってたんだけど。
 ちょっと借りたいんだ、いいかな?」
Icon バン
「あ、そうそう、あとフレディさん宛にパフェを持ってきたよ。
 ヴァラコヤさんの奢りだよ!」

■―――――――――――――――――――――■
Icon  【イカ墨パフェ】
 イカスミをふんだんに使ったイカ墨パフェ!
 うーん!潮の香りがする!

■―――――――――――――――――――――■

――――――――――
>ウィンターフェロウ
――――――――――
Icon バン
「えー!これでも緊張してるよー!
 じゃ、じゃあ!フルーツパフェ持ってきます!
 少々お待ちをー!くださいませー!」

と、なにやらめちゃくちゃな言葉遣いをして奥へ消えていく。
突っ込まれないでよかったーと思いつつ、パフェ作りに取り掛かった。

・作成中

Icon バン
「できた…!」

最後のフルーツを盛ってパフェを完成させると、ふうと一息つく。
そして最終チェックの後、ウィンターフェロウの待つテーブルへと運んだ。

Icon バン
「お待たせしました。こちらフルーツパフェです!」

■―――――――――――――――――――――――――■
Icon  【フルーツパフェ】
 苺やチェリーなどの定番フルーツからちょっと珍しい
 フルーツもどしどし入れたとにかくフルーツなパフェ!

■―――――――――――――――――――――――――■


――――――――――
>フォル
――――――――――
Icon バン
「あ、いらっしゃいませー
 種族とかは全然関係ないので大丈夫。おーけーでーす。」
Icon バン
「お好きな場所へどうぞどうぞ。」

Icon バン
「美味しいオススメのやつかぁ…」

 おすすめの注文を受けて少しばかり考える。
 そして『シェフのオススメ気まぐれパフェ☆』とかあったら
 楽しそうだなとかどうでもいいことを考えた。

Icon バン
「はーい。わかりました。では少々お待ちくださいませー」

それから程なく――

■―――――――――――――――――――――■
Icon  【フルーツパフェ】
 フルーツパフェ祭りだ!わかるね?(?)

■―――――――――――――――――――――■

Icon バン
「おまたせしましたー。
 フルーツたくさんフルーツパフェです。
 最近追加したメニューなんだけど、色々食べれておすすめです。」

PNo.77 リーヴィア
からのメッセージ:
Icon リーヴィア
「サラダパフェっていうのもあるんだ……」
Icon リーヴィア
「お年頃だとカロリーが気になるし、サラダパフェとかフルーツパフェでダイエットするのはアリかも!」

PNo.164 水の精霊『ディーネ』
からのメッセージ:
――――――――――
>絆さん
――――――――――
Icon ディーネ
「では・・・・・・闘技大会や遺跡の調査などが一段落したら、
 旅の仲間やお友達とまた来てパフェをいただきます」

Icon ディーネ
「その時はよろしくお願い致しますね♪」

――――――――――
>フレディさん、シャルルさん
――――――――――
Icon ディーネ
「技師さんなのですね。シャルルさんも何か製作されているのでしょうか?」

Icon ディーネ
「それと・・・・・・奇遇ですね。私もアルスさんとはボトルシップメッセージで
 知り合いました。それと、意外なところで繋がりがあるのですね」

Icon ディーネ
「それと・・・・・・魔法についてですね。私自身はあまり普段意識して
 おりませんでしたが魔法が存在しない国、精霊や妖精が存在しない国も
 たくさんあるようですね」

Icon ディーネ
「私としては機械文明の存在にびっくりしております」
「自分の想像出来ない範囲の世界なので・・・・・・」

Icon ディーネ
「機械文明が発達した世界では妖精や精霊がいない。というお話ですが
 精霊や妖精がになっていた役割を機械が果たすようになってしまって
 どこかにひっそりと隠れてしまったのかもしれませんね」

PNo.794 シャウラ=G=アルニャート
からのメッセージ:
Icon
Icon ナレーション
時間のネジを巻く音が聞こえる
Icon
>バン

Icon シャウラ
「果物はありますが、品種改良が進んでいないので、こっちで食べるものみたいな甘さと風味を兼ね備えたものって無いですねぇ……」
Icon シャウラ
「てんさい(砂糖大根)はうちの世界でも一般的なので、砂糖はとれるんですが、ジャムはだいたい保存の為に風味が薄れた砂糖の塊みたいなやつです」
Icon シャウラ
「まぁ、そんな世界に疑問を持たずに生きてきたわけですが、戦争ばっかりやってましたからね……」
Icon シャウラ
「あ……グリーンティーは飲んだことありましたが、乳製品と合わせても、香り高くて素晴らしいですね!! 」
>フレディ

Icon シャウラ
「はい、ずーっと戦争が続いているから、傭兵という組織がずっと必要とされたまま。
 うちの傭兵団は、戦争が無くならないという前提の上に進歩してきました」
Icon シャウラ
「私たちにとってはまさしく日常だったので、何もおかしくは思わなかったのですが、こっちに来て色んな世界の話を聞くと、色々疑問に思う事もあります……」
Icon シャウラ
「うちの世界……誰かひとりの統一王が立てば戦争が終わるシステムだと思っていたんですが、何故こんなに長く戦争が続いているのか……」

PNo.887 ルサルカ
からのメッセージ:
>バン
Icon ルサルカ
「師匠にゃ~……高名な魔法使い……とかやと難しいのかもしれんにゃあ。
どうやって見つけるもんなんやろね?」
Icon ルサルカ
「マッシュポテトが……大漁!フライドポテトまでついとる……
これは確かにポテトパフェの名にふさわしいってカンジ……!」
Icon ルサルカ
「ふっふっふ、俺は~~カワイイけど育ち盛りの男!これくらいおやつ感覚で食えるばい!」
Icon ルサルカ
「(もっもっもっもっも……)んまい!……つーかポテトサラダやんな!?」
Icon ルサルカ
「ん……んぐッ!喉……つま……ッ」
------------------------------------------------
>フレディとシャルル
Icon ルサルカ
「にゃははは☆焦りよるー!俺人魚やし、脱いでも捕まらんと思うっちゃけど~……」
Icon ルサルカ
「んじゃあ次、どっかでまた会えたらそん時に着てもらおうかにゃ~?」

PNo.956 結馬
からのメッセージ:

>PNo.1082 絆
Icon 結馬
「おっと新作だと? いいのか俺なんかが真っ先に頂いちまって・・も_」
Icon 結馬
「パフェ・・いやサラダだよなコレ
器がパフェだが・・かんっぜんにサラダ要素しかねぇ」
Icon 結馬
「ヴァラのオッサン、こういうのてわかってて注文しただろ絶対・・まぁいいや・・もぐ」
Icon 結馬
「・・うん うまいな ドレッシングもいい感じでサクサクいける
そういやクレープも最近はサラダ入りのが流行ってるんだったか」



>PNo.697 フレデリック・アンカーソン
Icon 結馬
「そっかー 欲が高まっちまったかー」
Icon 結馬
「ちょうどいいじゃねぇか ここの厨房でも借りてなんか作ったらどうだ?
ほら、あそこにいい試食役がいるだろう
【と言ってヴァラコヤール氏を指さしている】」

PNo.1491 シア・ジャールカンド
からのメッセージ:
Icon シア
「サンドイッチにポテトにサラダ…? なるほど、軽食メニューだな。
甘いものが苦手な人でもこれなら食べらやすいし、パフェにすることで店のコンセプトも崩れない…上手いな。」

Icon シア
「どれも気になるが… そうだな、サンドイッチパフェとサラダパフェ、それに珈琲をもう一杯貰頼むよ。」
--------------------------------------------------------


|
コミュニティメンバー
ワカメ
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------