Seven Seas

line1
C1192 海底竜窟 (ドラゴン系コミュ)
line3-2
line
海底竜窟 (ドラゴン系コミュ)

海底竜窟――セルリアン海域内、協会にほど近い場所の海底に位置する洞窟。

外から見るよりも洞窟の中は広く、大型の海竜であろうとも悠々と過ごせるほど。
大部分が閉じた空間であるものの、発光珊瑚が点々と棲息しているためか洞窟内部は存外明るいようだ。
また、何処から湧いているのか岩盤の隙間から泡が立ち昇り
洞窟内の一か所に滞留して狭いながらも空気の層を作っている。

海底とはいえ、深海と呼称するほど深い所にあるわけではなく
水圧、水温、酸素濃度等については、海中探索者にとっては平常時と同様で
この海域の名称の通り"穏やかな海"である。



ここは"竜"、"龍"や"竜人"など、所謂"ドラゴンと呼ばれる存在"に属する者達が
探索にあたり彼らの中継地点や憩いの場として利用しているようだ。

協会や"7つの海"各所探索に際しての情報交換や共有、報告、
あるいはただ単に雑談、愚痴、自分語りなど…多岐に及ぶ話題で自由に交流を行っている。




===
※本コミュニティは
・(本コミュニティ内での発言の際に)竜らしい"姿"をとっている事
・ロールプレイに若干の重きを置く(必須ではない)
を参加条件とさせて頂きます。竜系統のコミュニティは他にもございますので気になる方はそちらもチェックを。
line

|
コミュニティメッセージ
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.1192 イリューザ=T=オーネイス
からのメッセージ:
Icon イリューザ「サンセットオーシャンのあの黒い空間、中にヒトがいたみたいだね。
パッと見では人間?みたいだけど…協会から共同戦線を張るように指示が出るぐらいの
相手らしいね。まあ、あんな異質な場所に居るぐらいだから只者じゃあないんだろうなあ…」
 
 
Icon イリューザ「実際、探索者がよく使っている戦術…何だっけ、イワシを召喚するやつと
その召喚したイワシを生贄に自分を回復したり強化するスキルストーン…だったかな?
それが使われるのを完全に見越したチューニングのスキルストーンで反撃してくるとか。
…何というか…あそこまで露骨に対策を打たれてると逆にビックリするね。
今まではとにかく地力に任せた力押しって感じの印象だったからさ」
 
Icon イリューザ「そしてその協会も何だか一段ときな臭い話になってるらしいね…
捕まった海賊を留めておくはずの強制労働施設に巨大な機械が出てきた?
とか何とか聞いたんだけど。協会関係者にはあちこちで遭遇の報告が挙がってるけど
一体向こうで何が起きてるんだろう…叩けば叩いただけ埃が出てきそうだよ」
 
Icon ===
>PNo.253
Icon イリューザ「色んな場所で色んなヒト、というか思惑というか…が動いてるみたいだね。
聞き耳は立てておきたいけど、全部が全部対応できるかって言われたら無理だし
コレを優先しておこう、ってのが1つあればいいんじゃないかなって思うよ」
 
 
Icon イリューザ「シャシンかあ…結構潜った先にあるみたいだから、どうだろうね。
この海、光り輝いてるけど透明ってわけじゃないみたいだから、先は見通せない…かも。
海上や海面からも確認できるのかな…?僕らずっと海の中にいたから、
外からこの海域がどうなってるのかはそういえば分からないや」
 
Icon イリューザ「あー、僕もベルテネさんと同じような立ち位置かも。
同行してるヒト達が攻撃向きの能力だったから回復と支援に転向して今に至る、って感じ。
ああいう一撃必殺みたいなのはチューンジェムとかを駆使した、極まった力の賜物らしいね…
まあ、そこまでになる必要はないにしても、一人である程度の海層の相手を
撃退できるぐらいにはなりたいよねえ。僕も色々考えなきゃ」
 
Icon イリューザ「そういうモノって、数が限定されてるとかなり面倒な事態になるからね。
今のところそれらしき情報はないけど…まあ、ここに入るには何々が必要です、って時は
力を示すなり何なり、全員にチャンスがあればそっちの方が嬉しいよね」
 
 

PNo.253 クォート・ベルテネ
からのメッセージ:
>Pno.1192 イリューザさん
Icon クォート
「あ、最初から信用してなかったんだね……。わたしはああいうものかなぁ、なんて考えちゃってたけど……。
ああいう大きな組織は何処でも清濁併せ持ってるからなぁ。噂って協会に秘密があって、探ろうとするだけで賞金首になるってやつ? 胡散臭いなぁ、って感じだけど。」

Icon クォート
「確か、昔なんとか片言で喋れた人に取材したことはあるんだけど……『牙から漏れる空気の流れを意識する』とか、『声帯じゃなくて歯を擦り合わせる音を使う』とかあったなぁ。実際、片言コミュニケーションだけで数か月かかったし……。流ちょうに喋れるようになるのはどれだけかかるやら、ね。」

Icon クォート
「前どこかでコミュニケーション最大の障害は言語の壁、なんていってる方もいたけど……文化もモノによっては正直シャレにならないよねぇ。言語が通じるのと、意思疎通ができるのは違うことだ、って言ってる人もいるし。色々知りたいとは思っても、そういう問題で程々止まりだし。まぁ、やってることが観光雑誌みたいなものだから、そんな所の記事書いても……ってのもあるけど。」

Icon クォート
「難しいわよ……実際。最初書いた記事ものなんか、わたしにはわかりやすくても友達にすらダメ出ししちゃったし。それに、その時々によって伝わりやすい表現も変わるし、興味をひくものはもっと変わるしね。」

Icon クォート
「他人の空似だけで崇拝されたり、とかねー。こっちの世界では竜人種はメジャーだから、そっちに関しては多くなんだけど……わたしは直系だから余計にね……。あの時は結局取材できなくてため息モノだったよ。……ちなみに、イリューザさんにも同じ経験はやっぱりあったりする?」

Icon クォート
「あー、確かに話はよく聞くね。同じ世界でも、持ち込むものによっては平然とバランス崩しちゃうし……。それで観光名所が壊滅、なんてとこもあるらしくて。「何でも叶う」はいるでしょうね……聞き耳立ててるとそういうコト話してる人もいたような……。眉唾……ってのは思ってそうだけど、藁にも縋るって言葉もあるしなぁ。」
--------------------------------------------------------


|
コミュニティメンバー
ワカメ
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------