Seven Seas

line1
C1299 ブラッスリー『La Belle Cyone』
line3-2
line
ブラッスリー『La Belle Cyone』

テリメインの海中を漂う潜水艇。その船内にあるブラッスリー”La Belle Cyone”。
姉妹のシェフと奇妙な風体をしたゴーレム2体、ガストロ君&ノミ―君が多彩な欧州料理のメニューと共にお出迎え致します。
また、お持込材料での調理や新メニュー開発なども行っておりますのでお気軽にお声がけ下さい。
店内は、テーブル席、カウンター席、プール席をご用意致しております。プール席での飲食ももちろん可能ですので、水棲種の方も是非ご利用ください。また、浮上時には甲板席も利用いただけます。
テーブル席は丸窓から海中を眺めながらお食事できる窓際の席がオススメ。
ご来店は船体側面にあるハッチから、通路を直進すれば排水室に繋がり排水後(タオルをご用意いたしてありますのでご利用ください)奥の扉から店内へ、右に曲がれば店内のプール席へ直通となっております。
店内奥の階段を上れば、個室になっておりゆったりとお食事をお楽しみいただけます。

■本日のメニュー
https://dl.dropboxusercontent.com/s/urmbl9j0hk72xik/menu2.png

■お支払について
お支払はSCかもしくは料理と同等の価値がある品物とさせていただいております。
物品の鑑定はノミー君がしてくれます。
もしくは、皿洗いなどの労働が対価となります。
(実際のお支払は不要ですので、ロール上でのみお支払いください)


line

|
コミュニティメッセージ
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.1299 オリナ・クレツキ
からのメッセージ:
>PNo.794 シャウラ=G=アルニャートさん

Icon オリナ
「米の大きさが半分ほどになるまで削られいるので、雑味が少なく研ぎ澄まされているでしょう?」

Icon オリナ
「ショクニンが手間をかけているからこそのこの味が出せるのかもしれませんね」

おかわりを注ぎ、クリームチーズが載せられた皿をカウンターの上に差し出した。

>PNo.875 ローデンさん

Icon オリナ
「たしなめまくり、ですか。
酒豪なんですね!」

Icon オリナ
「それでは……ジャーマンポテトに合うとなるとビアカクテルでしょうか」

しばし考える素振りを見せた後、氷を敷き詰めたグラスにウオッカと海ぶどうジュースを半分まで注ぐ、しっかり冷えるまでステアしたら、ヴァイツェンを注いで海ぶどうを浮かべたら出来上がり。

Icon オリナ
「セルベッサ・セルリアンとなります」

PNo.735 サフィル・ド・シャニィ
からのメッセージ:
Icon サフィル
「(ゆったりと紅茶を味わい、それからマカロンにさくりと歯を立てる)
…あー、やっぱりいい焼き加減だなぁ…。」

PNo.875 ローデン
からのメッセージ:
DAY47で発言予定だったのですが、うっかりコミュでなく個人宛に送ってしまいました…
以下、前の週にオリナさんに送ったものと同じ内容です。

>オリナさん
Icon ローデン
「ありがとう、ございます。
記憶と記録は得意、なので。」
Icon ローデン
「必ずや、図らずや、わからずや。
再現できることでしょう。」
嬉しそうに首を振るオリナを無視して、
皿の具材をひとつづつ順番に食べている…。

Icon ローデン
「たしなむ。たしなめる。
ええ、たしなめまくり、といったところです。」
Icon ローデン
「では…最も新しいカクテルを、ください。
新製品。」
Icon ローデン
「ジャーマンポテトに合うと、なおよし。」


>シオネさん
Icon シス
「ルーツも違うのに、似るものですね。」
Icon シス
「下位互換?ですか?
しかし看板は、シオネ様のようですが。」

Icon シス
「好きと言うわけでは。
ないのですが。ないのですが?」
ちらりと、メニューを手にするオリナに視線を合わせながら。
Icon シス
「人類と共通の飲食物のなかでは、エネルギー効率が良いのです。」

PNo.1020 イルヤ・ヘルム
からのメッセージ:
Icon ミオ
「わー!オレンジジュースだ!ありがとうございますっ。ねえラビ、搾りたてだって!」

Icon ラビ
「ぷは~、おいし~っ。(グラスに注がれた傍から飲み干さんとしそうな勢いのラビだった)」

そしていよいよ、二人でたまごクラブベネディクトに手をつける。

Icon ラビ
「じゃ、じゃあこれ、食べてみよっか。(ごくりとつばを飲んで、スッとたまごクラブの身にナイフを通す。とろりとしたクリーミーな中身がマフィンに広がる。)」

Icon ミオ
「す、すごっ?!なにこれ!(そのままラビに取り分けてもらうと、いよいよ口にしてみる)・・・ら、ラビ、これ・・・すっごいよ・・・」

Icon ラビ
「・・・う、うん、分かるよミオ・・・こんなの、食べたことないかも。」

とろけたソースと一緒に二人のほっぺたも落ちそうになりながら、食事を完食して行くのでした。

PNo.1026 メルヴィーユ=グリュンワルド
からのメッセージ:
Icon メルヴィー
「えっと、それじゃあここでお願いしようかな」

テーブル席を選んだメルヴィーは腰掛け、厨房へと戻っていくあなたの背中を見届けた後店内の様子がゆっくりと見渡している。
美味しそうに料理を頬張る人が目に入ったのか、自然と笑みがこぼれる。
そうしている内に菓子や食器を運んで来るあなたに気づき、テーブルへと向き直ると、
Icon メルヴィー
「これがリョクチャにワガシ……私たちが食べているお菓子の類とは随分違っている」

目の前に並べられた深い緑の液体が注がれた湯飲みと3種類の菓子が乗せられた皿を物珍しそうに眺めている。
あなたの顔をちらりと覗き見た後、
Icon メルヴィー
「いただきます」

そう呟き、リョクチャを手に取ると鼻を近づけ緑茶の上品な香りをたっぷりと満喫し湯呑に口をつける。
Icon メルヴィー
「……うん、緑の濃さから想像できないくらい優しい味わいがする。それに何だろうとっても落ち着く」

大事そうにゆっくりと味わい、ほうと息をつくと一旦湯呑をテーブルに戻し、お茶菓子が盛り付けられた皿を手に取る。和菓子をいろんな角度から一通り眺め感嘆の声を漏らした。
Icon メルヴィー
「こんなに小さいのに繊細な作りをしている、食べてしまうのが勿体ないくらいだ……」
Icon メルヴィー
「ところでこの黒い食べ物はどういった物なのだろう、ゼリーのようにも見えるが」

PNo.1300 シオネ・クレツキ
からのメッセージ:
>PNo.875 ローデンさん
Icon シオネ
「そうだね、看板は確かに姉の名前の方がいい気がしてきたな。
アンタからも改名するよう言っとくれよ」

Icon シオネ
「……ああ、そういう。
飲み物の好みってやつはないの?」
--------------------------------------------------------


|
コミュニティメンバー
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.1299 オリナ・クレツキ
PNo.37 アクロ

PNo.41 リトゥ・キャンディラ

PNo.71 迷探艇エルキュール&ポワロ

PNo.122 レイクニヌ

PNo.173 磯川こはだ

PNo.201 ディド=パシャ

PNo.253 クォート・ベルテネ

PNo.317 ルシャティ・トリスタン

PNo.328 ヒミコ

PNo.329 ヴェンデハート

PNo.339 リリィ・レオ

PNo.387 ハーク

PNo.388 スー・ロックサイド

PNo.423 丸波にちろ

PNo.440 ロンドベル

PNo.601 ストラクリス・エスメラルダ

PNo.622 フランチェスカ・ヘルゼ

PNo.634 ノナ・ガチチャ

PNo.648 ヒルデガルド

PNo.684 ピスカ・ルミナスキャスト

PNo.735 サフィル・ド・シャニィ

PNo.794 シャウラ=G=アルニャート

PNo.875 ローデン

PNo.907 ローズマリー=テティス=アナズトン

PNo.972 THS・スクロア

PNo.1020 イルヤ・ヘルム

PNo.1026 メルヴィーユ=グリュンワルド

PNo.1080 ロジェ・ベチュラス

PNo.1093 呼吸メーデ

PNo.1094 デルフィナ・ドルンロッセ

PNo.1116 ドラジェ・バッカニーア

PNo.1300 シオネ・クレツキ

PNo.1310 WHO-L

PNo.1325 イリス コネコ

PNo.1372 ウィス・ルーヴィス

PNo.1446 ジャルド・ルジェレット

PNo.1537 姫神 晶

PNo.1546 ボーネンス・スクリブドラコ

PNo.1663 ユニ("Juni")
--------------------------------------------------------