Seven Seas

line1
C1299 ブラッスリー『La Belle Cyone』
line3-2
line
ブラッスリー『La Belle Cyone』

テリメインの海中を漂う潜水艇。その船内にあるブラッスリー”La Belle Cyone”。
姉妹のシェフと奇妙な風体をしたゴーレム2体、ガストロ君&ノミ―君が多彩な欧州料理のメニューと共にお出迎え致します。
また、お持込材料での調理や新メニュー開発なども行っておりますのでお気軽にお声がけ下さい。
店内は、テーブル席、カウンター席、プール席をご用意致しております。プール席での飲食ももちろん可能ですので、水棲種の方も是非ご利用ください。また、浮上時には甲板席も利用いただけます。
テーブル席は丸窓から海中を眺めながらお食事できる窓際の席がオススメ。
ご来店は船体側面にあるハッチから、通路を直進すれば排水室に繋がり排水後(タオルをご用意いたしてありますのでご利用ください)奥の扉から店内へ、右に曲がれば店内のプール席へ直通となっております。
店内奥の階段を上れば、個室になっておりゆったりとお食事をお楽しみいただけます。

■本日のメニュー
https://dl.dropboxusercontent.com/s/urmbl9j0hk72xik/menu2.png

■お支払について
お支払はSCかもしくは料理と同等の価値がある品物とさせていただいております。
物品の鑑定はノミー君がしてくれます。
もしくは、皿洗いなどの労働が対価となります。
(実際のお支払は不要ですので、ロール上でのみお支払いください)


line

|
コミュニティメッセージ
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.1299 オリナ・クレツキ
からのメッセージ:
>PNo.1020 イルヤ・ヘルムさん

Icon オリナ
「ふふふ、実は前のパフェ以降アイディアがどんどん湧いてきましてね!」

Icon オリナ
「色々試せて、楽しかったです。
ご好評のようで何より!」

二人のパフェグラスが空になったのを見届けて、白い紙箱をテーブルの上に。
中身は、うさぎ耳のチョコレートがつけられたシュー・ア・ラ・クレームがいくつか。

Icon オリナ
「こちらは、お土産にどうぞ。
イルヤちゃんにもよろしくお伝え下さい」

Icon オリナ
「本日はご来店誠にありがとうございました。
またのご来店を心よりお待ちしております」

深々と頭を下げて、二人を見送った。

>PNo.1026 メルヴィーユ=グリュンワルドさん

Icon オリナ
「四季豊かな国ならではの発想なのでしょうね。
私も彼の国にはとても刺激を受けております」

Icon オリナ
「ふふふ、それは何よりです。
そう言っていただけると、こちらでお店を開いて良かったと思います」

代金を受け取ったならば、代わりに白い紙箱を差し出す。

Icon オリナ
「こちらは、お土産にどうぞ。
ドラヤキという、餡を焼いた生地で挟んだ和菓子となります」

Icon オリナ
「本日はご来店誠にありがとうございました。
またのご来店を心よりお待ちしております」

深々と頭を下げたあと、柔らかな笑みを返した。

PNo.173 磯川こはだ
からのメッセージ:
Icon こはだ
「まだやってる?オリナさん!ライスプディングひとつ!!」
Icon こはだ
「いつぞやはお世話になりました。おかげさまで食の幅が広がりましたよー!
故郷でもこんなおしゃれなやつ食べられないし、自慢しちゃうかも。」
Icon こはだ
「でもこれでしばらく食べ納めかー。オリナさんうちの世界で店開いてくれたらいいのに。」
Icon こはだ
「無茶言っちゃダメですね。
いやーしかし今回は大変でした。まさか魔王が……」
この後もひとしきり話し料理を食べたり食べなかったりした後、改めて別れを言って帰っていった

PNo.423 丸波にちろ
からのメッセージ:
Icon あま子
「(船窓からのぞき込んで笑顔で手を振る)」

PNo.735 サフィル・ド・シャニィ
からのメッセージ:
Icon サフィル
「>シオネ
あたしの地元にもある習慣なんだけど、そっちもか。
こういうのが通じるのって嬉しいよな。」
Icon サフィル
「あたしはテリメインとは長い別れになっちまいそうだけど…頑張ってくれよ。どこかで知ってる旨い店がやってるってのは嬉しいもんだしさ。」

PNo.794 シャウラ=G=アルニャート
からのメッセージ:
Icon シャウラ
「あっ…香りが膨らんだ」
Icon ナレーション
デザートを楽しんだ後満足そうに頷く
Icon シャウラ
「この世界に来てから食べたもの、飲んだお酒……どれもこれも、うちの世界では考えられないぐらい美味しいものばかりでした……」
Icon シャウラ
「そんな中でも、オリナさんのお店でのお食事はとびきりのひとときでした」
Icon シャウラ
「うちの世界ではそもそも素材の改良が進んでいないので、同じものが作れるようになるのはまだまだ先のお話だと思いますが……」
Icon シャウラ
「それでも『いつか』を目指して楽しみにしようと思います」

PNo.875 ローデン
からのメッセージ:
>オリナさん
Icon ローデン
「実績は、大事…。
それなりカロリー。」
耳からの煙は徐々に細くなり、最後に満足げにプシュゥと噴き出してとまった。
Icon ローデン
「お会計を、お願いします。
ごちそうさま、でした。」

>シオネさん
Icon シス
「よもや。
名前は、大事。」
Icon シス
「じっくり、コトコト。
入念に、ご検討ください。」

Icon シス
「ほうこれは。
なかなかの高カロリー…。」
グラスを持つと、ゆっくりと、しかし一息に飲み干す。
……耳から煙がたちのぼり、あまったるいチョコの香りがあたりに広がる。
Icon シス
「濃縮、甘み。
よいおしまいカクテルを頂きました。
数日は、これだけで泳げそうです。」
Icon シス
「ごちそうさま、でした。」

PNo.1020 イルヤ・ヘルム
からのメッセージ:
Icon イルヤ
「オリナさーん!こんにちは!この間ラビがお世話になったんだって?ありがとねっ。」

Icon イルヤ
「・・・これ、私が作ったんだけど、良かったら食べて。オリナさんと会ってから少しずつ料理の練習もしてるんだ。」

そう言って小さな紙袋を差し出した。中身は、イルヤの故郷で定番のお菓子となっている、ハチミツ入りのクッキーだ。

Icon イルヤ
「・・私今度テリメインを離れるんだけど、オリナさんのお店の味は絶対忘れないよ。おいしい料理と思い出を、ありがとね。またねーっ。」
--------------------------------------------------------


|
コミュニティメンバー
蟹
--------------------------------------------------------
PNo.1299 オリナ・クレツキ
PNo.37 アクロ

PNo.41 リトゥ・キャンディラ

PNo.71 迷探艇エルキュール&ポワロ

PNo.122 レイクニヌ

PNo.173 磯川こはだ

PNo.201 ディド=パシャ

PNo.253 クォート・ベルテネ

PNo.317 ルシャティ・トリスタン

PNo.328 ヒミコ

PNo.329 ヴェンデハート

PNo.387 ハーク

PNo.388 スー・ロックサイド

PNo.423 丸波にちろ

PNo.440 ロンドベル

PNo.601 ストラクリス・エスメラルダ

PNo.622 フランチェスカ・ヘルゼ

PNo.634 ノナ・ガチチャ

PNo.648 ヒルデガルド

PNo.684 ピスカ・ルミナスキャスト

PNo.735 サフィル・ド・シャニィ

PNo.794 シャウラ=G=アルニャート

PNo.875 ローデン

PNo.907 ローズマリー=テティス=アナズトン

PNo.1020 イルヤ・ヘルム

PNo.1026 メルヴィーユ=グリュンワルド

PNo.1080 ロジェ・ベチュラス

PNo.1093 呼吸メーデ(立花頼乃)

PNo.1094 デルフィナ・ドルンロッセ

PNo.1116 ドラジェ・バッカニーア

PNo.1300 シオネ・クレツキ

PNo.1310 WHO-L

PNo.1325 イリス コネコ

PNo.1372 ウィス・ルーヴィス

PNo.1446 ジャルド・ルジェレット

PNo.1537 姫神 晶

PNo.1546 ボーネンス・スクリブドラコ

PNo.1663 ユニ("Juni")
--------------------------------------------------------