CNo.1299 ブラッスリー『La Belle Cyone』
Seven Seas

line1
C1299 ブラッスリー『La Belle Cyone』
line3-2
line
ブラッスリー『La Belle Cyone』

テリメインの海中を漂う潜水艇。その船内にあるブラッスリー”La Belle Cyone”。
姉妹のシェフと奇妙な風体をしたゴーレム2体、ガストロ君&ノミ―君が多彩な欧州料理のメニューと共にお出迎え致します。
また、お持込材料での調理や新メニュー開発なども行っておりますのでお気軽にお声がけ下さい。
店内は、テーブル席、カウンター席、プール席をご用意致しております。プール席での飲食ももちろん可能ですので、水棲種の方も是非ご利用ください。また、浮上時には甲板席も利用いただけます。
テーブル席は丸窓から海中を眺めながらお食事できる窓際の席がオススメ。
ご来店は船体側面にあるハッチから、通路を直進すれば排水室に繋がり排水後(タオルをご用意いたしてありますのでご利用ください)奥の扉から店内へ、右に曲がれば店内のプール席へ直通となっております。
店内奥の階段を上れば、個室になっておりゆったりとお食事をお楽しみいただけます。

■本日のメニュー
https://dl.dropboxusercontent.com/s/urmbl9j0hk72xik/menu2.png

■お支払について
お支払はSCかもしくは料理と同等の価値がある品物とさせていただいております。
物品の鑑定はノミー君がしてくれます。
もしくは、皿洗いなどの労働が対価となります。
(実際のお支払は不要ですので、ロール上でのみお支払いください)


line

|
コミュニティメッセージ
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.1299 オリナ・クレツキ
からのメッセージ:
>PNo.37 アクロさん

Icon 支払われたSCの上でくるくると回転したならば、ピンと高い音を立てた。

Icon オリナ
「はい、確かに頂戴いたしました」

Icon オリナ
「本日はご来店誠にありがとうございました。
またのお越しを心よりお待ちしております」

扉が閉まるまで深々と頭を下げ続けた。
備え付けのチラチはウォータープルーフ加工がされており、水に濡れても安心だ!


>PNo.875 ローデンさん

Icon オリナ
「それでも上手く行かなかった場合は、またいらっしゃってください。
手取り足取りお教え致しますので!」

Icon オリナ
「ええ、こちらの世界には競合店は多くないですし、まさにブルーオーシャン!といったところですか。
借金もなんとかなりそうですし、これからも頑張っていきますよ!」

Icon オリナ
「わかりますか!わかっちゃいますか!!
やー、私達の深い絆は外からみてもわかっちゃうものなんですね!」

嬉しそうに頬に手を当てて、首を振った。

Icon オリナ
「あら、お酒を嗜まれるんですか?
こちらのお店では、お酒も色々揃えてるんですよ。
どうです?カクテルなんかお作りいたしましょうか?」

シオネとの話題を耳聡く聞きつけ、入り込んできた。

PNo.1020 イルヤ・ヘルム
からのメッセージ:
Icon ミオ
「やったー!船の中で果物まで育ててるんですね!楽しみにしてますっ!」

注文を済ませるとオリナさんにぺこりとおじぎをして、二人でまずはメインの料理を待つことに。

それまでとりとめのない話をしていたラビもミオも、漂ってきた出来立ての料理の良い香りに気付くとそちらを振り返った。

@ラビ
Icon 待ってましたー!これがグラタンスープ・・・な、中どうなってるんだろう・・・(じゅわっとしたチーズに覆われた中身を気にしてそわそわ。)

「」
Icon ミオ
「っ、サンドイッチおいしそうー!ポテトもついてるー!(ミオのほうは、一目でその具材のみずみずしさとボリュームが分かるサンドイッチを前にしてやっぱりラビと同じようにそわそわ。)」

Icon ミオ
「あっ、こ、これって海にいるたまごクラブって呼ばれてるやつそのもの・・よね?どんな味がするんだろ、あはは・・・」

Icon ラビ
「まあそれは後で二人で食べてみよっか。よし、じゃあ・・・いただきまーすっ!わー!これすごーい、トロトロだー!(食事の挨拶をするとラビはさっそくチーズを割くようにスプーンを入れる。)」

Icon ミオ
「そうね、いっただっきまーす!(ミオはサンドイッチを崩さないように慎重に両手で持ちつつ・・元気よく一口かぶりついた)・・・んんー!お、おいしいーこれっ!!こんなサンドイッチ食べたことない!」

PNo.1026 メルヴィーユ=グリュンワルド
からのメッセージ:
Icon メルヴィー
「あの……”La Belle Cyone”はここであっているだろうか?」

きょろきょろと辺りを見回しながら店内へと足を踏み入れる。手にはメニューの紹介を兼ねたチラシを握っている
Icon メルヴィー
「あ、オリナさん!」

旅の始めに言葉を交わした女性の姿を見つけ嬉しそうに声をかけ
Icon メルヴィー
「すみません、訪問するのが大分遅くなってしまいましたけど……以前教えてもらったリョクチャとそれに合うお茶請け食べに来ました」

PNo.1300 シオネ・クレツキ
からのメッセージ:
Icon シオネ
「ハハ。確かに。
そっか、趣味が合うのはいいことだったか」

Icon シオネ
「ウチらはさ、姉妹っつっても生まれも育ちも別々だから、料理のルーツは全然違うんだよ。
たまたま違う境遇で育った二人が、二人とも料理に興味を示してたって事だね」

Icon シオネ
「だから得意料理も得意分野も当然違ってさ。
基本的には姉の方が料理が上手いんだけどね。
料理も、接客も、営業も、事務も、まあ全部か……」

Icon シオネ
「へえ、酒、好きなのかい?
酒といえば……」

メニューを取りにわずかに視線をそらすと、その会話の隙間にするりとオリナが入り込む。
姉に無言でドリンクメニューを手渡し、会話へと加わった。

Icon シオネ
「そうそう、カクテルも作るよ。
ここじゃ手に入らない、珍しい酒とかもあるしね」

PNo.1495 ふきょう
からのメッセージ:
Icon
箱に入れられたケーキを興味津々という顔で眺めている

Icon ふきょう
「いい匂い……ケーキ?
おいしそう……甘そう……あったかそう……。

えっ、こっちもくれるの!?  いいの?」

Icon
箱と缶を慎重に受け取り、示された額のシェルコインを支払う

Icon ふきょう
「ありがと。これなら喜んでもらえそう。

それじゃあ……来られたら、また来るよ。
おいしかったし、道も覚えたし。
じゃあね、おねえさん。」

Icon おじぎを一つし、大事そうにお土産を抱えて、冷気と共に店の外へと歩いて行く
どこかしら嬉しそうな様子が見られる足取りで
--------------------------------------------------------


|
コミュニティメンバー
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.1299 オリナ・クレツキ
PNo.37 アクロ

PNo.41 リトゥ・キャンディラ

PNo.71 迷探艇エルキュール&ポワロ

PNo.84 アンテルテと助手

PNo.122 レイクニヌ

PNo.173 磯川こはだ

PNo.201 ディド=パシャ

PNo.253 クォート・ベルテネ

PNo.317 ルシャティ・トリスタン

PNo.328 ヒミコ

PNo.329 ヴェンデハート

PNo.339 リリィ・レオ

PNo.387 ハーク

PNo.388 スー・ロックサイド

PNo.423 丸波にちろ

PNo.440 ロンドベル

PNo.601 ストラクリス・エスメラルダ

PNo.622 フランチェスカ・ヘルゼ

PNo.634 ノナ・ガチチャ

PNo.648 ヒルデガルド

PNo.684 ピスカ・ルミナスキャスト

PNo.735 サフィル・ド・シャニィ

PNo.749 ラ・ヌーバ・レバルリ

PNo.794 シャウラ=G=アルニャート

PNo.875 ローデン

PNo.907 ローズマリー=テティス=アナズトン

PNo.972 THS・スクロア

PNo.1020 イルヤ・ヘルム

PNo.1026 メルヴィーユ=グリュンワルド

PNo.1080 ロジェ・ベチュラス

PNo.1093 呼吸メーデ

PNo.1094 デルフィナ・ドルンロッセ

PNo.1116 ドラジェ・バッカニーア

PNo.1300 シオネ・クレツキ

PNo.1310 WHO-L

PNo.1325 イリス コネコ

PNo.1372 ウィス・ルーヴィス

PNo.1446 ジャルド・ルジェレット

PNo.1537 姫神 晶

PNo.1546 ボーネンス・スクリブドラコ

PNo.1663 ユニ("Juni")
--------------------------------------------------------