Seven Seas

line1
C1659 海上拠点《エスカベーシュ》
line3-2
line

帆が膨らんで、猫のドクロマークがテリメインの海を走る。
誰が見ても海賊船だとわかるその船はしかし、貴方を襲うことはないし、荒くれ者の声も聞こえてこないだろう。

テリメインの海で偶然出会ったのか、はたまたスキルストーンの誤作動で偶然転送されてきたか。
貴方がこの船を訪れれば、楽器を演奏するような声が、貴方を歓迎するだろう。
ここは、船上拠点――エスカベーシュ号。
楽しい日々が、貴方を待っているかもしれない。

***

■設備等
狭い四人部屋多数《空き部屋:多》
客室《空き部屋:少》
テリメインバーガー《窓口:ユニ》
浴場《風呂船》
樽型魔力式キッチン《船尾甲板》

■四人部屋状況
ドラジェ・リンス(・マヒル)
アニー・岩(・マヒル)
名無しの白狐・ミトー
チコ

※把握しているだけなので、他にもいろんな人が部屋を使っているかもしれません。
このあたりはふんわりな感じでよろしくお願いします。

■告知とか
七海の全更新予定は50回更新とゲーム開始時に掲載されていました。
もちろん予定が変わった等によって50回更新以上になるかもしれませんが、残り8更新の可能性もあります。当コミュニティや、それ以外のメッセージ等、キャラクターが七海の世界を最後まで走り抜けられるよう、頑張りましょう。



***

海上拠点《エスカベーシュ》へようこそ!
ここはテリメインを探索しながら、船内を拠点に生活するロールプレイコミュニティです。
マナーを守りながら、キャラクター達の生活を描く場としてご利用下さい。


■説明とか
・海賊船ですが、キャラクター達はPKとしての海賊ではありません。どなたでもお気軽にご参加下さい。
・プレイヤーとして発言することは極力控えて下さい。
・コミュ主や船員だけでなく、いろんなキャラクターとの会話を楽しみましょう。
・参加者がイベントを起こしても構いません(例:面白いアイテム見つけたよ!等)
・寝泊まりは船内にある寝室を利用して暮らしています(ほとんどが狭い4人部屋になります)
・スキルストーンの転送機能を使って、いつでもやってこれます。
line

|
コミュニティメッセージ
牛
--------------------------------------------------------
PNo.1659 リンス・アライアス
からのメッセージ:

■  甲板の雪  ■

Icon リンス
「うおおー! ホントにおっきくなった!」

Icon リンス
「……苔ってこんなふうに大きくなるんだっけ?」

 ともあれ、船上で巨大雪だるまが完成したのだった。
 雪かきが目的だったが、しばらくその雪玉は残り続けたという――。



■PNo.1138 チコ=S=ラスティーシャ

Icon リンス
「うん? リンスはおじさんでもいいと思うけど、チコが駄目っていうなら駄目なんじゃない?」

Icon リンス
「こう、運命の人っていうのは、ビビっときちゃうの
 なんか違うなー、この人じゃないなー、なんて思っちゃう時点で違うから」

 なんか力説しはじめた。

Icon リンス
「だからチコが違うっていったら違うから!
 チコのことは諦めたほうがいいよ! おーじょーぎわの悪い男の人は嫌われるんだから!」

Icon リンス
「あ、ちなみにリンスはもう運命の人がいるからね」

PNo.499 装甲水鬼
からのメッセージ:
■  甲板の雪  ■

>ドラジェ(1116)
Icon ヨロイ
「……風邪ニハ、気ヲ付ケラレヨ……」

そう言って、ヨロイは船長を見送った。


>チコ(1138)

Icon ヨロイ
「……フム……
 ……後ハソナタノ、体調次第デハアルカ……」

寒空の下、『あおごけ』の体調が若干気になるようだ。

PNo.600 マグノリア・ジーニアス
からのメッセージ:
Icon マグノリア
「褒めて伸びるという言葉がある位だからな。だが、褒めるのは"褒めるべき行動をした時"に限る。なんでもかんでも褒めてしまうと人は調子に乗るし、甘えるからな。…まぁそうは言っても私は子育てなんてした事はないからあまり偉そうな事は言えないんだがね」
Icon マグノリア
「妥当なのは食事、じゃないか?もしくは、買い物に付き合って貰う代わりに、相手の買い物に付き合う、とかな」
Icon マグノリア
「しかし子供の要求っていうのはどんどん上がっていくものだ、先程も言ったようにな。その辺り、ユニは上手くコントロール出来るかな?」

PNo.634 ノナ・ガチチャ
からのメッセージ:
≫PNo.1659 リンス・アライアス
≫PNo.1663 ユニ("Juni")

Icon ノナ
「以前にも話したですが、胸部の大きさを魅力の一つとする文化はノナも聞いたことがあるです。
 特に哺乳動物は繁殖に有利となり得る個体を本能的に求めるです?」
Icon ノナ
「……ということは、つまりユニは――」

 重大な事実に気付くと同時に、些か乱暴に口を塞がれたリンスを目の当たりにして。
 直後に向けられた笑顔に、本能的に危険を察知して。

Icon ノナ
「アッハイ、ノナは何も見てないし聞いてないのです」


Icon ノナ
「……でも、その手は使えるかもしれないです。
 リンスも胸を膨らませてみたらどうです?」
Icon ノナ
「そのままだとバランスが悪いですし、背も高くするです。
 たしかノナの儀礼用のサバトンがあったはずです……これです!」

 持ち出したのはヒールの異様に高い鉄靴、これを履けば身長が頭二つ分は高くなりそうです。
 もっとも、その金属製の巨大な靴を履いて歩くことができるかどうかは別問題になりそうですが。

Icon ノナ
「ノナも身体は大きくない方ですし、重要な場だと威厳が足りないのだそうです。
 靴だけ大きいと目立つですし、足回りはスカートでも巻いて隠すといいです」

PNo.775 アヒルのマヒル
からのメッセージ:
>PNo.1138チコ=S=ラスティーシャ さん

おしゃれだと言ってもらえたマヒルは嬉しそうにクウァクウァ鳴いて胸を張ってみせました。
Icon マヒル
「マヒルのくびにかける ちがう?
……クウァッ チコ ぽーんするじょうずねー!
マヒルも マヒルもぽーんする!」

輪っかが見事棒に収まったのを見たマヒルは
そして自分の首にかけてある輪っかをなんとか外してくわえると、ぶんぶんと頭を振って投げようとしましたが――
Icon マヒル
「わっかなげるする むつかしいねー?
よこにくるくる しないねー?」

――勢いをつけて放したはずの輪っかはマヒルの目の間にぽとりと落ちて、棒に収まることはないのでした。

PNo.1116 ドラジェ・バッカニーア
からのメッセージ:
■  甲板の雪  ■

トレイに乗せた暖かい飲み物を持ってきた。ココア、コーヒー、紅茶、ホットミルク、…手近な樽の上に載せ、甲板にいるものに好きな物をと促した。

Icon ドラジェ
「あー寒ぃ…。だいぶ冷えたぜ。
雪遊びもそろそろ仕舞いにしねぇか。」

Icon ドラジェ
「リンスも、ほら。ユニのココア、うめぇぞ。」

カップをリンスに差し出す。
ドラジェも同じくココアを飲み、ほーっと息をついた。

PNo.1138 チコ=S=ラスティーシャ
からのメッセージ:
■  甲板の雪  ■

Icon あおごけ(【青苔】のくらげ)
「~~♪」

頭の人は鼻歌(?)を歌っているようだ。
謎生物の音波が聞き取れない人にももぞもぞとした動きからその様子がわかるかもしれない。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

>PNo.1663 ユニ("Juni")

Icon チコ
「うん、ありがとう」

Icon チコ
「あっ、そろそろ、いくね」
Icon チコ
「それじゃ、またね」

そう言って手を振りながらその場を立ち去ろうとする。
程なくして少女の姿は船室へと消えるだろう。

PNo.1473 アイリーン・ガラルド
からのメッセージ:

>リンス(1659)

Icon アイリ
「おー……?」

呂律が回らぬまま、半開きの瞳でリンスの方を見上げている。

Icon アイリ
「ひみつ……あたしの……」
Icon アイリ
「あー…」

ちょっと考えるように間が空いてから、カッと目を見開いた。
変に力んでる感じで、見ている分には少し怖いかもしれない。

Icon アイリ
「……!!
あくしゅで、相手のほね折ったことある!!」

…………この脳筋少女、人には言えない秘密もまた力技であった。

PNo.1663 ユニ("Juni")
からのメッセージ:
■ 甲板の雪 ■

Icon ユニ
「みなさんも一緒にどうぞ」

ドラジェのあとについて、ユニも甲板に姿を現す。その手のトレイからは、ほかほかと
白い湯気が上がっていた。

Icon ユニ
「……立派な雪だるまを作りましたね。これは――」

Icon ユニ
「――?」

ふとユニは、雪だるまの顔を見つめると。ふわっと膨らんだあおごけ、もといふゆごけと目があった。

Icon ユニ
「あ、あの……大きくなられました、ね?」

ユニは首を傾げてそんな事を言った


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ PNo.601 ストラクリス・エスメラルダ ■

イスカの耳打ちに、ユニは即座に仮説をいくつか立てる。が、それもまた何らかの意図があっての
ことなのだろうと考え、ひとまずはなにも追求はせず、小さく頷いてみせるに留めた。

Icon ユニ
「なるほど。事情はわかりませんが、ただの偶然で一緒にいるというわけでもないようですか」

再びハンバーガーを食べ始める自称神様の頬にケチャップが付いてしまわないよう、ユニは時折
ハンバーガーを回転させてかじる面を移動させる。
この……適度に手がかかる感じは、元来世話好きであるユニにとって、世話を焼いている実感が持てて、
少々楽しくも感じるのだった。

Icon ユニ
「……ストラクリスにも、ユニが食べさせてあげましょうか?」

なんとなく、イスカの世話だけを焼いている状態にバランスの悪さを感じたユニは、傍らの白い少女にも
そう変な進言する。



■ PNo.1473 アイリーン・ガラルド ■

アイリの返答には少し間が空いたが、その返答は彼女の人柄を表すように、これまたさっぱりとした
ものだった。ユニとしては――アイリが向こうで隠れて様子をうかがっている彼に対して細かく悪態をつくので
まさかこんなあっさりと『好き』という言葉が出てくるとは思っていなかったのである。
『ほら、好きとは言い難い間柄でも一緒にいるということは往々にしてあるのですよ』というように、
伝えようとしたのに、大失敗に終わったということになる。

Icon ユニ
「…………なるほど。 ええ、参考になりました。
もしかしたらユニは――アイリーンの言うように、人より少々、ちょっぴりだけ『オクテ』なのかも
しれませんね……?」

しかし同時に気がついたことがあった。
ユニはアイリの『好き』と自分の『好き』の温度差、つまり自分は本気の恋愛対象として
好きだと言っているのに対して、アイリはまだその『好き』を持ち得ていないのだと。
それをどう伝えるべきか……あるいは彼女にとって今はまだ『それを知る時ではない』のではないか。

Icon ユニ
「ですが、アイリーン。これは人でも天使でもそうですが、世の中には時折、その……あまりみだりに口にできない、
例えるなら、大事に胸中へしまっておきたい『好き』というものと出会う機会があるんです」

あるいはアイリならばそんな時でも好きを表明することに抵抗などないのかもしれない、とも思ったが、
とりあえずそれは言わないでおく。

Icon ユニ
「ですから、あの……ユニがリンスやドラジェに対してわざと保護者然として振る舞うのは、
ユニにとって二人が、その、そういう特別な、秘密の『好き』の相手であるからで……」

彼女に両者の『好き』の違いを説明しようとして、それは転じて自分の心の内を曝け出すことでも
あることに気が付き、ユニは赤面する。だんだん言葉が尻すぼみになっていくのを感じた。

Icon ユニ
「――いえ、もうただユニがオクテなだけですから、お気になさらず……」

心中暴露はとどまるところを知らず、いたたまれなくなったユニは、情けなくも
もう自分が奥手だから好きだと言えない、という、アイリの推測に乗り始める始末だった。

PNo.1735 名無しの白狐
からのメッセージ:
>PNo.1116 ドラジェ・バッカニーア
Icon 名無しの白狐
「ふぅん。深く突っ込みゃしないけど、まぁそっちも色々あるんだな。
 みんな家族みたいなもんか、
 分からないでもねえな…
 なんにせよ、幸せそうで何よりだ。
 
 ……皮肉じゃねえよ。」


Icon 名無しの白狐
「闇って、そんな大層な悲劇でもなんでもないけどな。
 頼り、頼りねぇ……
 どっちかというと『利用する』方が性に合ってんだが……
 悪くないかもしれねーな、っとうへぶッ!?


(不意にどこかから飛んできた雪玉が顔に直撃。
 愉快な面になってしまった)
(そのまま雪遊びに巻き込まれていくことだろう)
--------------------------------------------------------


|
コミュニティメンバー
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.1659 リンス・アライアス
PNo.104 リール・ラ=ミウ

PNo.134 ハイヨルテ

PNo.142 ウボゴリト

PNo.159 ミトー

PNo.162 近藤アントニオ

PNo.164 水の精霊『ディーネ』

PNo.328 ヒミコ

PNo.499 装甲水鬼

PNo.600 マグノリア・ジーニアス

PNo.601 ストラクリス・エスメラルダ

PNo.622 フランチェスカ・ヘルゼ

PNo.634 ノナ・ガチチャ

PNo.706 宝瓶のアクアリウス

PNo.775 アヒルのマヒル

PNo.837 キララ=C=ティルフォ

PNo.934 フラック

PNo.1002 カナタ・A・ホシノ

PNo.1016 シアノ・レイバー

PNo.1045 メルエット

PNo.1093 呼吸メーデ

PNo.1116 ドラジェ・バッカニーア

PNo.1138 チコ=S=ラスティーシャ

PNo.1177 シャズィール=シレス・オサ・プルゥ

PNo.1213 弁天ちゃん

PNo.1299 オリナ・クレツキ

PNo.1372 ウィス・ルーヴィス

PNo.1473 アイリーン・ガラルド

PNo.1663 ユニ("Juni")

PNo.1735 名無しの白狐

PNo.1736 パシル・パリスト
--------------------------------------------------------