Seven Seas

line1
C1659 海上拠点《エスカベーシュ》
line3-2
line

帆が膨らんで、猫のドクロマークがテリメインの海を走る。
誰が見ても海賊船だとわかるその船はしかし、貴方を襲うことはないし、荒くれ者の声も聞こえてこないだろう。

テリメインの海で偶然出会ったのか、はたまたスキルストーンの誤作動で偶然転送されてきたか。
貴方がこの船を訪れれば、楽器を演奏するような声が、貴方を歓迎するだろう。
ここは、船上拠点――エスカベーシュ号。
楽しい日々が、貴方を待っているかもしれない。

***

■設備等
狭い四人部屋多数《空き部屋:多》
客室《空き部屋:少》
テリメインバーガー《窓口:ユニ》
浴場《風呂船》
樽型魔力式キッチン《船尾甲板》

■四人部屋状況
ドラジェ・リンス(・マヒル)
アニー・岩(・マヒル)
名無しの白狐・ミトー
チコ

※把握しているだけなので、他にもいろんな人が部屋を使っているかもしれません。
このあたりはふんわりな感じでよろしくお願いします。

■告知とか
七海の全更新予定は50回更新とゲーム開始時に掲載されていました。
もちろん予定が変わった等によって50回更新以上になるかもしれませんが、残り8更新の可能性もあります。当コミュニティや、それ以外のメッセージ等、キャラクターが七海の世界を最後まで走り抜けられるよう、頑張りましょう。



***

海上拠点《エスカベーシュ》へようこそ!
ここはテリメインを探索しながら、船内を拠点に生活するロールプレイコミュニティです。
マナーを守りながら、キャラクター達の生活を描く場としてご利用下さい。


■説明とか
・海賊船ですが、キャラクター達はPKとしての海賊ではありません。どなたでもお気軽にご参加下さい。
・プレイヤーとして発言することは極力控えて下さい。
・コミュ主や船員だけでなく、いろんなキャラクターとの会話を楽しみましょう。
・参加者がイベントを起こしても構いません(例:面白いアイテム見つけたよ!等)
・寝泊まりは船内にある寝室を利用して暮らしています(ほとんどが狭い4人部屋になります)
・スキルストーンの転送機能を使って、いつでもやってこれます。
line

|
コミュニティメッセージ
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.1659 リンス・アライアス
からのメッセージ:
Icon リンス
「探検が終わったらどうするのか??」

Icon リンス
「うーん、リンスはドラジェと一緒ならなんでもいいかなー……」

PNo.634 ノナ・ガチチャ
からのメッセージ:
≫PNo.1659 リンス・アライアス
≫PNo.1663 ユニ("Juni")

Icon ノナ
「どうぞどうぞ、なのです!」

 待ってましたと言わんばかりに鉄靴をずいっと差し出します。
 あとはユニの準備する胸の詰め物を期待しつつ、成り行きを楽しそうに観察しています。

PNo.1116 ドラジェ・バッカニーア
からのメッセージ:
>>PNo.499 装甲水鬼

Icon ドラジェ
「……おう、お前の体よくわかんねぇな。
ま、無事なのはよくわかった。」

説明するヨロイと、沸騰ぎみのカップ。
水分がなくなるころには
熱も落ち着くだろうと思い、そのままにすることにした。

PNo.1138 チコ=S=ラスティーシャ
からのメッセージ:
>PNo.1659 リンス・アライアス

Icon チコ
「うーん……」
Icon チコ
「ううん、やっぱり、だめ。危ないし、みんな、心配するだろうし」

夜の街、という所に惹かれかけたが、首を振って否定の意を示す。
興味よりもまじめさが勝ったようだ。

Icon チコ
「それに、わたしとしては、お日様が、似合う人の方が、いいかな」

そして、夜よりは昼間の方がいい、と言うようにそんな希望を出す。


>PNo.775 アヒルのマヒル

Icon チコ
「うんうん。わたしが、ぽーんして、マヒルが、ばしって、ね」
Icon チコ
「それじゃ、いくよ……えいっ」

予告通り、ぽーん、と投げられたボールはふわっとした軌道でマヒルの方へ飛ぶ。

PNo.1473 アイリーン・ガラルド
からのメッセージ:

>リンス(1659)

Icon アイリ
「ふぅん、ちょっとボーっとしてたのね…疲れてるのかしら??」

やっぱり話したりあれそれ痴態を晒したりしたことは覚えていないようです。

Icon アイリ
「はいはーい。こちらこそ。
…なんか魔王だかで海も賑わってきたみたいだけど、もう少しのんびり航海楽しみたいものよね。
何だかんだでこういう時間、好きだからさ」

リンスとほどほどに挨拶を済ませた後、甲板から見える景色を静かに眺め続けていた…。

PNo.1663 ユニ("Juni")
からのメッセージ:
■ PNo.24 クロア・レプトーン ■

愛らしい翠の目を細めて、竜の子は楽しげに鼻を鳴らす。
もこもことした小さな姿。しかし臆面もなく真正面から言われた「会いたかったぞ」という言葉に、
ユニはいきなり出鼻をくじかれた。

Icon ユニ
「……えっと、ユニも、です」

しどろもどろになりながら、なんとかそう返した。
……そして、気持ちを入れ替えるように一つ深呼吸。

Icon ユニ
「……」

Icon ユニ
「ようこそ、クロア。 ここが前にお話したエスカベーシュ――ユニがお世話になっている船です」

船長であるドラジェの養親から使われ続けている船は年季が入っているが、どうやら
よく手入れされているようだ。昔ながらの帆船には変わったドクロのような紋章が描かれた
赤い帆が張られている。

Icon ユニ
「あなたの住む船とは、だいぶ異なるかもしれませんが……」

世界間移動を行う次元航行船だと、前に彼は言っていたか。それは少なくともこの船の技術水準とは
全く異なるものだろうとあたりをつける。



■ PNo.600 マグノリア・ジーニアス ■

Icon ユニ
「えっ?」

『ではリンスの好きなものを買いに行くというなら喜んで付き合ってくれるのでは』とか、
『短時間ならどういうお店を選ぶか』いうようなことを考えていたユニは、藪から棒な指摘に
首を傾げる。 勘違い?なにか自分は勘違いをしているのだろうか。
……あ、もしかすると――

Icon ユニ
「マグノリアの心配も尤もです。確かに、買い物といえば公衆の面前。 人の目のあるところで、
その、手を繋ぐ以上の要求をされてしまった場合、抵抗がないといえば嘘になりますが……」

Icon ユニ
「リンスの所望とあれば、ユニは恥を忍んで勤め上げてご覧に入れましょう」

天使はやはり変な勘違いをしていたのか、よくわからないことを堂々と語りだした。
しかも自分の言った台詞で照れている。



■ PNo.601 ストラクリス・エスメラルダ ■

Icon ユニ
「えっ。えっと……」

Icon ユニ
「では、せっかくなので……」

変なことを口にしてしまったせいで、変なことになってしまった。

Icon ユニ
「ストラクリス……」

まるでそれは恋人のようだと、どうしても意識してしまう。
それは天使の持病――『恋の病』を加速させてしまう要因になってしまうのだった。
甘い吐息が漏れ、ドキドキと心臓が早鐘を打つ。

Icon ユニ
「あ、あーん」

口を開けて、そう促す。今の自分はきっと、情けない顔をしているに違いない。
もしクリスがふとした気まぐれで、口を開けてくれなかったら、それはとても間の抜けた光景であるだろう。

■ PNo.634 ノナ・ガチチャ ■
■ PNo.1659 リンス・アライアス ■

Icon ユニ
「なるほど……ちゃんと考えて作られているのですね……?」

電磁流体誘導推進と小さなキャスター。
そのあまりにも大きな技術格差に、ユニも少々怪訝に思うが……まぁ、ちょっとした仕掛けで
地上でもつかえるのであれば、それはよいこと、なのだろう。たぶん。

Icon ユニ
「……」

気がついたら、ひどく不名誉というか……少なくとも胸を張って主張できる類のものではない
専門家のレッテルが張られてしまってはいないか? 話の流れの結果とはいえユニは一瞬眉根を寄せる。

Icon ユニ
「……」

Icon ユニ
「致し方ありません。では……こちらを」

衆目に晒すのは抵抗があるものの、(文句を言いながらも)興味津々な二人の様子が
少し可愛らしいと思ったので、ユニはまぁ良いかと嘆息し、中空からそれを取り出してみせる。
指先に灯る薄い緑の光――そこから現れたのは楕円の形をした、乳白色の塊だった。
天使の技術と長年のユニの調整により実現を見た豊胸ユニットを四つ、二人の前に差し出す。

Icon ユニ
「こちらを服の中に――直接胸の下に貼り付けてください。あとはユニが調整しますので」

専門家は淡々とその使い方を説明する。



■ PNo.1473 アイリーン・ガラルド ■

その笑顔は、本当に裏表がなく、真っ直ぐで、ユニはこのアイリという少女について、
ああ、素直な子なんだろうと理解した。――自分と違って。

Icon ユニ
「ありがとうございます、アイリーン。……」

Icon ユニ
「……」

そのウインクと、グッドラック!と言わんばかりの力強い親指の動きに、ユニも
彼女の模倣をするようになるべく勢いよく親指を立てて応えた。

なんというか、この少女に悩みを相談しても一向に解決することはないかもしれないが、
ただ話を聞いてもらう分にはとても適任な人柄なのだろうと――少々失礼かもしれない所感を抱く。

Icon ユニ
「えっ、あっ、わ、わかりました……」

――少し訂正する。適任かもしれないがトラブルの種にもなるかもしれないので注意が必要である。
勿論そこにあるのは100%の善意と好奇心なのだろうけれど、と、小さく苦笑してしまう。

Icon ユニ
「……では、うまくいかなくても慰めてください」

軽快な彼女のテンションに引きずられるように、ユニも変なことを口にしてしまう。
とくに深い意味はない。売り言葉に買い言葉、のようなものだ。
--------------------------------------------------------


|
コミュニティメンバー
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.1659 リンス・アライアス
PNo.104 リール・ラ=ミウ

PNo.134 ハイヨルテ

PNo.142 ウボゴリト

PNo.159 ミトー

PNo.162 近藤アントニオ

PNo.164 水の精霊『ディーネ』

PNo.328 ヒミコ

PNo.499 装甲水鬼

PNo.600 マグノリア・ジーニアス

PNo.601 ストラクリス・エスメラルダ

PNo.622 フランチェスカ・ヘルゼ

PNo.634 ノナ・ガチチャ

PNo.706 宝瓶のアクアリウス

PNo.775 アヒルのマヒル

PNo.837 キララ=C=ティルフォ

PNo.934 フラック

PNo.1002 カナタ・A・ホシノ

PNo.1016 シアノ・レイバー

PNo.1045 メルエット

PNo.1093 呼吸メーデ

PNo.1116 ドラジェ・バッカニーア

PNo.1138 チコ=S=ラスティーシャ

PNo.1177 シャズィール=シレス・オサ・プルゥ

PNo.1213 弁天ちゃん

PNo.1299 オリナ・クレツキ

PNo.1372 ウィス・ルーヴィス

PNo.1473 アイリーン・ガラルド

PNo.1663 ユニ("Juni")

PNo.1735 名無しの白狐

PNo.1736 パシル・パリスト
--------------------------------------------------------