Seven Seas

line1
C1659 海上拠点《エスカベーシュ》
line3-2
line

帆が膨らんで、猫のドクロマークがテリメインの海を走る。
誰が見ても海賊船だとわかるその船はしかし、貴方を襲うことはないし、荒くれ者の声も聞こえてこないだろう。

テリメインの海で偶然出会ったのか、はたまたスキルストーンの誤作動で偶然転送されてきたか。
貴方がこの船を訪れれば、楽器を演奏するような声が、貴方を歓迎するだろう。
ここは、船上拠点――エスカベーシュ号。
楽しい日々が、貴方を待っているかもしれない。

***

■設備等
狭い四人部屋多数《空き部屋:多》
客室《空き部屋:少》
テリメインバーガー《窓口:ユニ》
浴場《風呂船》
樽型魔力式キッチン《船尾甲板》

■四人部屋状況
ドラジェ・リンス(・マヒル)
アニー・岩(・マヒル)
名無しの白狐・ミトー
チコ

※把握しているだけなので、他にもいろんな人が部屋を使っているかもしれません。
このあたりはふんわりな感じでよろしくお願いします。

■告知とか
七海の全更新予定は50回更新とゲーム開始時に掲載されていました。
もちろん予定が変わった等によって50回更新以上になるかもしれませんが、残り8更新の可能性もあります。当コミュニティや、それ以外のメッセージ等、キャラクターが七海の世界を最後まで走り抜けられるよう、頑張りましょう。



***

海上拠点《エスカベーシュ》へようこそ!
ここはテリメインを探索しながら、船内を拠点に生活するロールプレイコミュニティです。
マナーを守りながら、キャラクター達の生活を描く場としてご利用下さい。


■説明とか
・海賊船ですが、キャラクター達はPKとしての海賊ではありません。どなたでもお気軽にご参加下さい。
・プレイヤーとして発言することは極力控えて下さい。
・コミュ主や船員だけでなく、いろんなキャラクターとの会話を楽しみましょう。
・参加者がイベントを起こしても構いません(例:面白いアイテム見つけたよ!等)
・寝泊まりは船内にある寝室を利用して暮らしています(ほとんどが狭い4人部屋になります)
・スキルストーンの転送機能を使って、いつでもやってこれます。
line

|
コミュニティメッセージ
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.499 装甲水鬼
からのメッセージ:
>ユニ(1663)

Icon ヨロイ
「……感謝スル……」

ヨロイもまた、それだけを返すに至った。


Icon 。o○(……帰還出来ル、場所ノ…有難サ、トハ……)
   (……コウ言ウ事、ナノダロウナ……   )




そして彼は、再び旅立つ前に一言だけ呟いた。

Icon ヨロイ
「……出会イシ全テノ、エスカベーシュノ人々ニ……
……感謝ヲ……」

それは、誰の耳に届いたかは判らない。
だがそれは間違いなく、自分自身ですら希薄だと思っていたヨロイの偽らざる本心だった。

PNo.775 アヒルのマヒル
からのメッセージ:
>PNo.1138チコ=S=ラスティーシャ さん
期待通りに頭やお腹をなでてもらったマヒルはクウァクウァご機嫌な鳴き声をあげています。
満足するまでなでてもらえれば、再び期待に満ちたきらきらとした目でチコを見上げました。
Icon マヒル
「チコ もっとぽーんするして! マヒルもっともっとすごいする!
チコはまだあそぶするできる? それともー おしまいよまたねーする?」

もうすぐ多くの人がこの海を去ってしまうのであろうことをマヒルは知っています。
家路につく人、次の冒険へと出掛ける人……マヒル自身もここにずっと留まるわけではありません。

そわそわと体を揺らしながら返答を待つマヒルは、「おしまい」と言われれば素直に引き下がって“またね”のお別れをし、まだ遊んでもらえるのなら大喜びでめいいっぱいはしゃぎまわって残りの時間を過ごすことでしょう――

PNo.934 フラック
からのメッセージ:
Icon フラック
「もし良ければだが…これからもここで世話になりたい。」
Icon フラック
「何、困ってる事があれば力になるし、それにリンスとの約束、まだ果たしてないからな。めいわくじゃなければ、だがな」
Icon フラック
「それに…(そう言って、ユニの方を見て)
いや、何でもない」

PNo.1138 チコ=S=ラスティーシャ
からのメッセージ:
Icon チコ
「うん、こんなところかな」

そう言って部屋の掃除の終わりを確認する。

Icon チコ
「色んなことが、あったね……」
Icon あおごけ(青苔のくらげ)
「――。―――?」
Icon チコ
「うん、すごく、楽しかった」
Icon チコ
「ちょっと、寂しくなるけど、またみんなに、会えると、いいね」
Icon あおごけ(青苔のくらげ)
「――!」

Icon チコ
「あっ、そろそろかな?」
Icon あおごけ(青苔のくらげ)
「―、――」
Icon チコ
「うん、ちゃんと、おわかれの、あいさつ、しなきゃね」
Icon チコ
「今まで、ありがとう。また、この船に、出会えたら、お世話になるね」

そう言って、すごした船室に別れを告げ、甲板に向かう。
この船との別れの時は、近い。


PNo.1244 ユリウシュ・ウゴリロトフ
からのメッセージ:
Icon ユリウシュ
「ここがお嬢ちゃん海賊のねぐらだな!
やっとのやっとで、ようやく見付けたぜ!!」

海中から勢い飛び出した少年が、甲板上に着地した。

Icon ユリウシュ
「くっそー、最初っから場所を教えとけってんだよ。
海ン中からだと、船の底しか見えねぇんだしよ……」
Icon ユリウシュ
「上手いこと情報屋を捕まえて無かったら、どうなってた事やら……
ま、別に良いけどさ。
こうしてきっちり見付けて、船まで辿り着けたわけだし。」

少年は背筋を伸ばし、船上をぐるりと見渡した。

Icon ユリウシュ
「ん? つーか、ここ何か見覚えがあるような……?
帆の模様と言い、奥に見える店みたいなやつと言い……」
Icon ユリウシュ
「つかアレってハンバーガー屋か?
もしかして、もしかすっとあそこに立ってるのって……」
Icon ユリウシュ
――ゆ、ユニさん!?
Icon

PNo.1473 アイリーン・ガラルド
からのメッセージ:
Icon アイリ
「さて、と…。あたしはそろそろ行こっかな。
リンス、ユニ、ドラジェ。いい船生活だったわよ。ありがとね!」

眩しい朝日を身体いっぱいに浴びながら、悠々とした振る舞いで船を降りていく。

Icon アイリ
「……久し振りに、帰ってみよっか。お家。
キルムー!帰るわよ!!」

長い間付き添ってくれた執事の天使を呼び戻すその姿は…
心なしか、大人びている気がした。

PNo.1663 ユニ("Juni")
からのメッセージ:
■ PNo.24 クロア・レプトーン ■

Icon ユニ
「ええ、温泉です。 ……あちらの船の甲板を、全面浴場に改造してしまったものでして、
独特の風情が楽しめるものと思います」

ふと、彼は男湯と女湯(とどっちともいえない湯)、どこに案内したらよいものか考える。
……以前、人そっくりに変身したときは――いや、確認してない。確認してません。

Icon ユニ
「そうですか。初めてではないのでしたら、説明も楽になります。
ではこちらへどうぞ」

ふとした考え事で染まってしまった頬を誤魔化すように、先導する。
まあ……彼はいい子ですし、入り口で選んでもらえば良いでしょうと思い直す。

彼のファンシーな歩調に合わせて、二人は甲板を大浴場の方へと歩いていった。



■ PNo.600 マグノリア・ジーニアス ■

Icon ユニ
「ええ、ご指導ありがとうございました。マグノリア」

よく出来た生徒のような眼差しで、ユニはマグノリアに礼を言った。

――後日、ユニはリンスを買い物に誘ってみたものの
「えー、やだ!」とあっさり断られてしまったのは、また別の話。



■ PNo.601 ストラクリス・エスメラルダ ■

Icon ユニ
「これが……ええ、ありがとうございます」

イスカに呼ばれたことに気が付き戻ってきたユニ。その羽根を受け取り頭を下げた。

それがどのようなものか、ユニはイスカの言う『知り合いの分体』と、
その先遣者、双方からの情報で知っていた。――そう、これが故郷に持ち込まれたことが、
結果的に天界のクーデターを早め、ユニが今ここにいる原因となってしまったことも。

……自分が、あの子と同じ道を歩むことはない。
たとえそのための鍵が手の中にあろうとも、それは変わらない。

Icon ユニ
「それでは……ユニはこれで。 お二人とも、またお会いしましょう」


去り際、ユニは羽根を二人に掲げて軽く振ってみせる。
それは勿論ただの挨拶。愛嬌。

ただしユニの中では――『あの天使』が選んだ道への叛旗を掲げる気持ちであった。

『自分は、一己の人として生きる。』

この日、
『堕ちた天使』は『神さま』にそう宣言した。
--------------------------------------------------------


|
コミュニティメンバー
亀
--------------------------------------------------------
PNo.1659 リンス・アライアス
PNo.104 リール・ラ=ミウ

PNo.134 ハイヨルテ

PNo.142 ウボゴリト

PNo.159 ミトー

PNo.162 近藤アントニオ

PNo.164 水の精霊『ディーネ』

PNo.328 ヒミコ

PNo.499 装甲水鬼

PNo.600 マグノリア・ジーニアス

PNo.601 ストラクリス・エスメラルダ

PNo.622 フランチェスカ・ヘルゼ

PNo.634 ノナ・ガチチャ

PNo.706 宝瓶のアクアリウス

PNo.775 アヒルのマヒル

PNo.837 キララ=C=ティルフォ

PNo.934 フラック

PNo.1002 カナタ・A・ホシノ

PNo.1016 シアノ・レイバー

PNo.1045 メルエット

PNo.1093 呼吸メーデ(立花頼乃)

PNo.1116 ドラジェ・バッカニーア

PNo.1138 チコ=S=ラスティーシャ

PNo.1177 シャズィール=シレス・オサ・プルゥ

PNo.1213 弁天ちゃん

PNo.1299 オリナ・クレツキ

PNo.1372 ウィス・ルーヴィス

PNo.1473 アイリーン・ガラルド

PNo.1663 ユニ("Juni")

PNo.1735 名無しの白狐

PNo.1736 パシル・パリスト
--------------------------------------------------------