ゲームの舞台

とある世界、砂漠の町シャングリラ。

世界的な飢饉が起きた時、シャングリラもまた滅亡の危機に瀕していました。

町の少女が呟きます。

「うう、もう砂は食べたくないよう……」

きらん。

その時、流星群が降り注ぎました。

「流れ星……!
 もう砂のシャリシャリは嫌だ!
 冷たくて美味しいシャリシャリのシャーベットが、食べたい!
 美味しいご飯が、お腹いっぱい食べたい!」

少女が流れ星に叫んだ願い事――

美味しいご飯が、お腹いっぱい食べたい。

その願いは叶えられました。

 

 

流星は街のそばに降り注ぎ
――やがてひとつのダンジョンになりました。

ダンジョンからはモンスターがあふれ出てきます。

オーク、コカトリス、ミノタウロス――
人々は歓喜しました。

『肉だ!!!!』

マンイーター、トレント、アウラウネ――
人々は小躍りしました。

『野菜だ!!!!』

こうしてシャングリラには、世界中から人々が訪れるようになりました。

1.png
 

 

砂の町、シャングリラ。

砂漠だけしかなかったその町の周りは、流れ星の影響で
ダンジョン、山、森、草原、湖などが生まれ、とても豊かになりました。

また、流れ星の影響か、異世界から迷い人もやってくるようになりました。

世界中の人々は食糧を求め、シャングリラへとやってきます。

しかし、ダンジョンや新しい地形に食糧(モンスター)が溢れるものの、
それを人々が実際に食料にするのはやや大変でした。

そこで、町の、世界の、異世界の腕自慢や冒険者が集って
食糧を食事に変える活動を始めたのです。

シャングリラに滋養と栄光のあらんことを!


添付ファイル: file1.png 2件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-05-06 (月) 05:09:07